「知将・上田利治26」就任2年目で球団初の栄冠(前編)

「知将・上田利治26」就任2年目で球団初の栄冠(前編)

 【気骨で生きる〜知将・上田利治26】(前編)

 あれは監督1年目(1974年)の、前期シーズンを勝ち抜いた頃。上田利治は「夢は?」と問われ、逡巡なく「阪急を日本一にすることしかない」と言い切っている。

 「優勝」は12球団の監督が目指す。目指さぬ監督はいない。だが上田は「親会社、球団、現場と、日本一になってもおかしくない努力をしてきた。それを日本一になることによってファンに知ってもらいたい。そして胸を張ってみたいね」と、自身に言い聞かすように答えた。

 その年。前期は勝ったが後期優勝したロッテとのプレーオフで完敗した。新米監督は、その敗北の日を「再建への一歩」と胸に刻む。

 監督2年目。戦力を整備し、前期を勝ったものの、後期は6位に落ちた。再び2期制の難しさを思い知らされたが、後期を勝った近鉄とのプレーオフ(●○○○)で勝利し、日本シリーズへの出場を決めた。

 倒した敵将が、ともに汗した西本幸雄だったという因縁。勝負と心情とは別物−。それを知る勝利に思える。

 セ・リーグは川上巨人の時代が終焉し、赤ヘルブームが到来した。赤いヘルメットの広島東洋カープが巨人に代わっていた。上田の古巣であり、敵将の古葉竹識とは同じ釜の飯を食べた仲。これも因縁だ。

 阪急は3年ぶりの日本シリーズである。

 このシリーズは逸話から書く。


おすすめ情報

デイリースポーツ 中国/四国ゆかりの人間物語の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索