Photo by jagged-eye(写真はイメージです)
Photo by jagged-eye(写真はイメージです)

 歌手の浜崎あゆみ(43)が、台風15号の被害に遭った静岡県の現状について情報を発信。しかし、その中でつづったある文章がネット上で疑問の声がを集めている。

 浜崎は28日深夜から29日未明にかけてインスタグラムのストーリーズを更新し、モデルの桃華絵里(41)から情報提供を受けたという、静岡の台風被害に関する現状を収めた写真を投稿。ボランティアや物資の提供を呼びかけた。

 また浜崎は情報発信が一区切りついたあと、ストーリーズで「ご一読下さった皆様、拡散にご協力下さった皆様 ありがとうございます!」とお礼。さらに、「どうかくだらないニュースに埋もれさせず、命に必要な情報、希望を持って繋げ合い 日本人どうし力を合わせて頑張っていきましょう!」(原文ママ)と呼びかけていた。

 この呼びかけにネット上からは、「有名人が広めるの素晴らしい」「こういった呼びかけは応援したい」という声が集まっていたが、一方では、「なんでいつも一言多いの?」「くだらないニュースって…自分がパートナーの写真とかアップするからじゃん」「くだらないニュースって、この5日間でご自身は違うことでたくさんインスタアップされてませんでしたか?」という疑問の声も集まっていた。

 28日にはインスタグラムで、「My partner in crime(私のパートナー)」とコメントし、男性とのツーショット写真をアップしていた浜崎。静岡が被害を受けたのは24日ということもあり、余計な一言がより目立ってしまった形となっていた。