北朝鮮の李善権(リ・ソンゴン)外相が23日、米国と接触する意思はないとする談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

米朝関係に関しては、金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党副部長が22日、「自ら誤って持つ期待は、自身をさらなる失望に陥れるであろう」としながら、米国側をけん制した。

李氏は談話で、「(金与正氏が)米国の早まった評価と憶測と期待を一蹴する明確な談話を発表したことを歓迎する」としながら、「無意味な米国とのいかなる接触と可能性についても考えていない」と強調した。