北朝鮮の北部、両江道(リャンガンド)では、大々的な非社会主義・反社会主義現象(風紀の乱れ)の取り締まりが行われ、些細なことで逮捕される人が続出している。

この地域は中国との国境に接することから、密輸、脱北の幇助などの違法行為が地元経済に組み込まれており、そんな現状を根底から変えるため、コロナ対策を名目にして、取り締まりを行っているのだろう。

取り締まりのターゲットとされている人の一つが、「イナゴ商人」と呼ばれる女性たちだ。国が定めた市場ではなく、その周辺の路上で露店を開いて商売している人々を指すが、市場で商売するに求められる一種の税金、市場管理費(ショバ代)すら払えないほど零細な商人だ。

現地のデイリーNK内部情報筋は、今月10日の朝鮮労働党創建76周年を控え、1日から10日までの間に、恵山(ヘサン)市内でイナゴ商人に対する集中取り締まりが行われた。当局は、安全員(警察官)や糾察隊員を総動員し、事情を問わずにイナゴ商人から商人を没収した。

生活がかかっているだけあって、イナゴ商人の集団は激しく反発、あちこちで暴力沙汰となった。そのうちの30人が逮捕され、労働鍛錬隊(刑務所)送りとなったとのことだ。

8日には、市内の恵江洞(ヘガンドン)で2歳の赤ん坊を背負って道端で白菜を売っていた30代のキムさんが、取り締まりにやってきた糾察隊員から「党がやるなというのならやめろ、なぜ道端で商売するのか」と因縁をつけられ、ワイロとしてタバコを要求された。

キムさんが断ると、糾察隊員は品物を没収して罰金を取ると脅迫した。それを見ていた別の商人、チェさんが抗議してけんかに発展。隣りにいた夫や家族まで加わって、大げんかになってしまったという。

すべての権限が金品を生み出す源泉となる北朝鮮において、取り締まりは警察官などがタバコ、酒、少額の現金など商人から奪い取るチャンスとなる。

当局は、国家的な祝日である10月10日を問題なく迎えるために、取り締まりを行ったわけだが、一般庶民にとっては、日々の糧を得るための商売をやめらせられ、イベント準備費用として金品を徴収されるなど、踏んだり蹴ったりの日だ。