昨年1月の国境封鎖以降、深刻な食糧難に瀕している北朝鮮。厳重な国境警備にもかかわらず脱北事件が相次いでいる。

脱北を取り締まる側である、国境警備を担当する国境警備隊、抑圧体制を末端で支える保衛部(秘密警察)の中から脱北者を出すほど、事態は深刻だ。

一般国民ならなおさらのことだ。中国との国境に接する咸鏡北道(ハムギョンブクト)会寧(フェリョン)市の遊仙(ユソン)労働者区に住んでいた20代女性、キムさんも、脱北に活路を見出そうとした一人だが、悲しい結末を迎えてしまった。現地のデイリーNK内部情報筋が伝えた。

キムさんは幼くして両親を亡くし、妹と二人で暮らしてきたが、コロナ対策の国境封鎖に伴い、生活は苦しくなる一方。先月末、脱北を決心して、国境沿いに近づいたところで、潜伏中だった国境警備隊員に逮捕され、会寧市保衛部(秘密警察)に身柄を移された。

キムさんは、予審(起訴前の証拠固めの段階)の初日から、予審員と戒護員から激しい暴行を受け、夜になれば彼らから交代で呼び出され、性的暴行を受け続けた。耐えきれなくなった彼女は先月30日、自ら命を絶った。

彼女の死について、真相究明、責任追及は一切行われない。

「(当局は)キムさんのように脱北しようとして逮捕された者に対しては、その中(保衛部)で何が起きようが、生きようが死のうが誰もわからないし、責任を問われる者もいない」(情報筋)

特に、キムさんに妹以外の家族がいなかったことも、保衛部の悪行をより酷いものにしたかもしれない。家族からワイロをせびり、その額に応じて扱いを変えるのは保衛部の常套手段だが、両親がいないということは、その見込みがなく、せびり取るものは「体」ぐらいしかない。

北朝鮮によるこうした人権侵害や犯罪行為は、ごく一部ではあるが、韓国でデータベース化されている。いずれ訪れるであろう裁きの日に備えてのことだ。キムさんの恨みが晴らされるのは、いつのことになるだろうか。