北朝鮮の金正恩総書記の妹・金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党宣伝扇動部副部長の消息が、54日間にわたり公開されていない。韓国紙・朝鮮日報が6日付で伝えたところによれば、韓国の情報当局も彼女の動静を把握できておらず、「金与正氏の周辺で異常事態が起こった」との見方さえあるという。

ただ、韓国の専門家の間では、金与正氏は権力中枢で内部作業に取り組んでいるという見方が大勢のようだ。

昨年6月、韓国と合同で運営していた南北共同連絡事務所を爆破して以来、「対外強硬派」の立ち位置を固めたように見える金与正氏は、いよいよ体制の根幹を支える役割を与えられたのかもしれない。

ただ、彼女に対する末端幹部や一般国民の評価は高くはないとされ、「(金与正氏の)談話には誰も共感していない」などの声も聞かれる中、どれほど効果的に役割を果たせるかは未知数だ。

朝鮮日報によると、韓国の専門家の間では金与正氏が姿を消したことについて「権力を握って10年の節目を控えた金正恩氏の偶像化作業に宣伝扇動部が中心的な役割を果たしているため」との分析もあるという。

確かに今、思想統制を担当する宣伝扇動部の役割が重要性を増しているであろう状況は、様々な動きから推測できる。

たとえば朝鮮労働党機関紙・労働新聞は11月8日の1面に掲載した「鍵となる初年の戦闘の決勝戦は遠からず、必勝の信心高く勇気百倍で前進!」という記事の中で、「偉大な首領でいらっしゃる敬愛する金正恩同志」と、金正恩氏に対して首領という呼称を使用している。

首領、将軍、元帥などと、北朝鮮の歴代の最高指導者の呼称は様々あるが「首領」「偉大な首領」と言えば、通常は故金日成主席を指す。この「常識」を変更するのは、党宣伝扇動部にとっては極めて重大な作業だ。

だが、北朝鮮国民は、金正恩氏と金与正氏の兄妹にそのような大きな変化を主導する資格があると見ているのだろうか。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)は、北朝鮮メディアが金正恩氏のことを「革命の首領」「人民の首領」などと呼んでいることについて、「このような呼び方に市民は首を傾げている」とする、平壌の情報筋の反応を伝えている。

「まだ40代にもなっていない金正恩氏が、自らを祖父金日成氏と同じ地位に立たせたのは、父親の金正日総書記とはあまりにも異なる姿だ」(情報筋)

金与正氏に対する見方はさらにシビアだ。同じくRFAによると、咸鏡北道(ハムギョンブクト)のある幹部は「(米韓合同軍事演習などに対し)激しく反発する金与正の談話に共感する住民はひとりもいない」と語っている。

金正恩氏ら兄妹は、少なくとも傍目には、順調に金王朝による独裁の足場を固めてきたように見える。しかしそんな彼らにとっても、祖父と父が築いてきた「常識」を変更することは、決して容易いことではないのだ。