北朝鮮当局は、路上や裏道で店を開く露天商「イナゴ商人」に対する取り締まりを行っている。美観上よろしくない、コロナ対策違反だ、資本主義的行為だ、と言った理由を挙げているが、当局にとって決して少なくない税収である、市場管理税(ショバ代)が得られない、というのが一番大きな理由かもしれない。

だが、ショバ代が払えないほど零細なのがイナゴ商人。取り締まりから逃げ惑いつつも、したたかに商売を続ける彼女らは、時に取締官に強く反抗する。咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋が伝えたのは、核実験場で世界的に有名になった吉州(キルチュ)での一件だ。

事件が起きたのは今月7日のこと。吉州駅周辺で飴を売っていた50代女性のキムさんのところに、コロナ対策を名目にイナゴ商人に対する集中取り締まりを行っている安全員(警察官)がやってきた。

安全員は「優しく言っているうちにさっさと去れ」「商品を没収される前に帰れ」とキムさんに迫ったが、その日の食い扶持を稼がなければならなかったキムさんは、「食べるものがないのに、取り締まりばかりするのは餓死しろということか」と反論し、その場を動こうとしなかった。

キムさんの腕を掴んで引きずろうとした安全員は、キムさんの商売道具である飴を引き伸ばすための板を足で蹴った。キムさんも負けじと、安全員の胸ぐらをつかみ返した。

二人の間でもみ合いとなり、キムさんは安全員の頭部をめがけて板を振り下ろし、メッタ打ちにした。

この手のトラブルは多発しているものの、さすがに「安全員が板で殴られることはめったにない」(情報筋)という。ただ、凶器は使われていないが、昨年10月には女性のイナゴ商人の女性と安全員が乱闘になり、女性30人が刑務所送りになった事件もあった。

安全員に口ごたえするだけならともかく、暴力を振るえばかなりの処罰が避けられない。案の定、キムさんに対しては労働鍛練刑(懲役刑)3ヶ月の判決が下された。

安全員のその後について情報筋は言及していないが、公衆の面前で板で殴られ顔に泥を塗られた腹いせに、より取り締まりを強化する可能性もあれば、イナゴ商人からバカにされて、もはやまともに取り締まりができない可能性もある。

抑圧体制を末端から支える安全員とて、やり方を一つ間違えればどうなるかわからないのだ。