北朝鮮の金正恩総書記の妹、金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党副部長は10日に開かれた全国非常防疫総括会議で行った討論で、新型コロナウイルスが国内に流入したのは北朝鮮の体制を批判するビラなど韓国から送り込まれた「見慣れないもの」のせいだとし、韓国に対し「強力な報復性対応を加えなければならない」と述べた。朝鮮中央通信が伝えた。

金与正氏は討論で「世界的にも多くの国が悪性ウイルスに汚染した物体との接触による伝染病拡散の危険性について再び認識し、より効果的な防疫措置を講じている時期に、南朝鮮(韓国)の連中がビラと貨幣、汚らわしい小冊子、物品をわれわれの地域に送り込む行為を働いたのは非常に懸念すべきこと」だと指摘。

続けて、軍事境界線に近い地域が新型コロナ感染者の「初期発生地である」とした上で、「経緯や状況上、全てがあまりにも明白に1カ所を指すことになった」として、「われわれが見慣れないものを悪性ウイルス流入の媒介物に見なすのは当然である」と断じた。

さらに「問題は、かいらいが今も引き続きビラと汚らわしい物品を送り込んでいるということ」だとしながら、「すでに、いろいろな対応案が検討されているが、対応もとても強力な報復性対応を加えなければならない」と強調。

続けて「もし、敵がわが共和国にウイルスが流入しかねない危険な行為を引き続き行う場合、われわれはウイルスはもちろん、南朝鮮当局の連中も撲滅することで応えるであろう」と威嚇した。