深刻な食糧難に苦しんでいる北朝鮮の人々は、生き残るために必死だ。

韓国にほど近い黄海南道(ファンヘナムド)海州(ヘジュ)の沿岸には、非常に広い干潟が広がっている。そこで取れるあるものに、全市民が群がっている。現地のデイリーNK内部情報筋が伝えた。

そのあるものとは「蛭(ヒル)」だ。北部の両江道(リャンガンド)の密輸業者は、黄海南道のみならず北朝鮮各地でヒルを買い取り、中国に輸出している。買取価格は小さいものは1キロ380元(約8920円)、大きいものは550元(約1万2000円)、乾燥させたものは100グラムで38元(約830円)から55元(約1200円)だ。

輸出する際には、かさ増し用のミミズを入れる。こちらは1キロ10元(約218円)から20元(約436円)で買い取ってもらえる。ヒルでもミミズでも捕まえれば捕まえるほど懐が潤うため、海州市民は目の色を変えてヒル、ミミズ取りを行っている。子どもたちも学校を休んでまで作業に当たっている。

ヒルといえば、人間の皮膚に食らいつき血を吸うことで非常に気持ち悪く嫌われる生物だが、食うや食わずの暮らしを送っている海州の人々はあまり気にしていないようだ。

「ヒルを捕まえようとして血を吸われて皮膚が赤黒く腫れ上がったりもするが、一匹でも多く掴まえたらカネになると思い、痛いのも忘れてヒル取りに夢中になっている」(情報筋)

しかし、最近は質が問われるようになり、ヒルならば何でも買い取ってくれるわけではないようだ。

「以前ならヒル20キロあたりミミズ1キロを混ぜても何の問題もなく中国に輸出できて儲かったが、中国の検品が厳しくなってミミズが少しでも混ざっていたら(中国側の業者が)買い取ろうとしないので損をする。今では(1キロの価格が)40元(約873円)から50元(約1090円)まで下がっている」(情報筋)

高値で買い取ってもらえるのはピチピチで発色のいいものだけだ。

ちなみに漢方でヒルは水蛭(すいてつ)と呼ばれ、血液をサラサラにする効果があるが、日本では医薬品として認められていない。