『言ってはいけない』(新潮新書)などのベストセラーで知られる作家の橘玲氏が新刊『テクノ・リバタリアン』(文春新書)を上梓した。同書ではGoogleなどのプラットフォーマーの創業者やブロックチェーンの開発者の多くがリバタリアニズム(自由原理主義)を主張するリバタリアンであり、且つ、彼らは世界を変え得る知的能力も持つ「テクノ・リバタリアン」だという。なぜ日本には彼らのような“天才”が現れないのか。橘氏に訊いた。(前後編のうち前編)

 ***

自由で効率的な社会

「テクノ・リバタリアンは自由を重視する功利主義者のうち、きわめて高い論理・数学的能力をもつ者たちだ」(『テクノ・リバタリアン』P33)

 橘氏はテクノ・リバタリアンについてそう規定している。そもそも、アメリカではリバタリアン党という政党があるほど、リバタリアニズムそのものが浸透している。リバタリアニズムとはすべての価値の源泉が「自由」にあり、経済的自由が侵害される「大きな政府」を嫌う。その意味ではいわゆる「リベラル」とされる政治的主張とは隔たりがあり、合理性に基づいて「最大多数の最大幸福」を唱える功利主義に近い。リバタリアニズムも功利主義も国家の規制を排し自由で効率的な社会を作ろうとするが、中でもテクノ・リバタリアンは論理的・数学的知能が極めて高く、数々のイノベーションを起こし、世界を変革しようとしている。

 本書で取り上げられている主なテクノ・リバタリアンは以下の4名だ。

・イーロン・マスク(起業家)
・ピーター・ティール(ベンチャー投資家)
・サム・アルトマン(起業家、オープンAIの創設者)
・ヴィタリック・ブテリン(プログラマー、イーサリアムの考案者)

「この本を書いたきっかけは、ウォルター・アイザックソンの『イーロン・マスク』の発売に合わせて、月刊文藝春秋でテクノ・リバタリアンについて長い原稿を書いたことです。それがもったいないので、新書にしてみました」

 とは橘氏。

「以前から、リバタリアニズムがアメリカの政治・社会に大きな影響を与えているにもかかわらず、日本ではまったく無視されているのが不満でした。リバタリアンというと、社会保障に反対する偏狭な保守主義や、いまならトランプ支持の陰謀論者と同列の扱いを受けていますが、シリコンバレーの起業家は、多かれ少なかれみなリバタリアンです。2000年代になってからリバタリアニズムの中心はシリコンバレーに移っていて、その思想を理解せずにもはや未来を語ることはできません」(橘氏、以下同)

“なぜシリコンバレーでチャレンジしないのか”

 この4人を取り上げた理由は、

「イーロン・マスクは子どもの頃に周囲と馴染めず、アメコミやSFに夢中になり、スーパーヒーローものにハマっていた。ピーター・ティールはコミュ力が低いことに加えて同性愛者で、子ども時代はさらに疎外されていた。やはりファンタジーとSFが好きで、『指輪物語』三部作を繰り返し読んで暗記してしまったといいます。

 2人はいずれもその高い能力によって、子どもの頃に憧れたSF的世界を実現しようとしていて、とても興味深いキャラクターです。グーグルのラリー・ペイジやセルゲイ・ブリン、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグもテクノ・リバタリアンですが、マスクやティールほどキャラ立ちしていない。

 マスクらに続く第二世代としては、オープンAIのサム・アルトマンとイーサリアムのヴィタリック・ブテリンを、新しい世界をテクノロジーによってデザインしようとしているという意味で、テクノ・リバタリアンの象徴として取り上げました」

 かたや、日本におけるテクノ・リバタリアンはいるのか。

「どうでしょう。日本にもベンチャー起業家はいますが、本書で取り上げたこの4人とはスケールがまったく違いますよね」

 なぜ日本ではそうした人材が輩出しないのだろうか。

「論理的・数学的な能力が高い若者は、日本でも同じような世界観を持つようになるはずですが、だからといってシリコンバレーで勝負しようと思うわけではない。文京区本郷では東大のまわりにベンチャー企業が集まり“本郷バレー”と呼ばれていますが、そこの若い起業家に“なぜシリコンバレーでチャレンジしないのか”聞いたことがあります。答えは、“コスパが悪い”でした。

 彼の先輩には、ゲームやアプリの会社を立ち上げてベンチャーキャピタルから資金調達し、数年で大手企業に売却して数億円や数十億円のお金を手に入れた成功者がたくさんいる。それに比べれば、世界中から天才が集まるシリコンバレーでの成功確率はあまりに低すぎて、まったく魅力がないそうです。

 大卒で大企業に入り、定年まで40年間働いて得る生涯賃金はせいぜい4億円程度。20代でそれ以上のお金を稼げるのなら、ハイリスク・ハイリターンのシリコンバレーで第二のイーロン・マスクを目指すよりも、“ぬるい日本”でそこそこ成功するローリスク・ローリターンの戦略の方が現実的なのでしょう」

「奇妙な日本の言論空間」

 そもそも日本ではリバタリアニズムという政治的主張そのものの認知度が低い。

「日本の言論空間が奇妙なのは、“よりよい社会”“よりよい未来”のイデオロギーがいまでもマルクス主義しかないことです。若い世代ですらマルクス再評価の声が高まっているそうですが、手垢にまみれた『共産主義』や『革命』以外の選択肢(希望)を示すことができないこの国の思想の貧しさを表しているのではないでしょうか」

 フランス現代思想は昔から日本でも多く紹介されている印象だが、

「私が大学に入ったのは1977年で、ちょうどマルクス主義からポストモダン思想への転換期でした。大学に残って大きな顔をしている全共闘世代への反発もあって、社会科学系のサークルでは、みんなが大挙してレヴィ=ストロースやミシェル・フーコー、ジャック・デリダやドゥルーズ=ガタリを難解な翻訳で読みはじめた。私もその一人でしたが、不思議なのは、それから半世紀近くたっても、日本ではサブカル批評にかたちを変えて、ずっと同じことが続いていることです。

 日本の言論空間では、ヘーゲル、マルクスからフランス現代思想に至るまで、ヨーロッパ(大陸系)の哲学ばかりが偏愛され、功利主義やプラグマティズム、リバタリアニズムなど英米系の思想は無視されるか、論ずるに値しないものとして扱われてきました。

 1970年代からアメリカやイギリスを中心に進化生物学や遺伝学の大きな進展があり、人間や社会に対する見方が大きく変わりました。ところが、アメリカのアカデミズムを揺るがした社会生物学論争も日本ではまったく注目されなかった。1976年に発売されたリチャード・ドーキンスの『利己的な遺伝子』も最初の邦題は『生物=生存機械論』で、ようやく話題になったのは1991年に『利己的な遺伝子』と改題されてからでした。

 20世紀後半から、脳科学、遺伝学、生物学などのハードサイエンスによって、人間の本性や社会の仕組みが進化の観点から解明されるようになりました。しかし日本の人文科学系は、こうした潮流から完全に脱落して、いまも古色蒼然たる議論を続けています。テクノ・リバタリアニズムとは、世界をハードサイエンスで理解し、最適設計していこうとする思想なのですから、これではいま世界でなにが起きているのか日本人が理解できないのも当然です」

“なぜ国は自分たちの面倒をちゃんと見てくれないのか”

 リバタリアニズムが日本で受け入れられない理由とは何か。

「個人の自由を最大化しようとするアナキズム(無政府主義)やリバタリアニズムが日本人に受け入れられないのは、結局、日本がムラ社会だからでしょう。“よりよい社会”を構想しようとすると、共産主義のような別のムラ社会しかイメージできない。日本人は“自由”を恐れ、国や共同体が自分たちの面倒を見てくれることを当然とし、それが自由を制約しているとは想像もできない。メディアで繰り広げられている政府批判も、年金など社会保障をはじめとして、“なぜ国は自分たちの面倒をちゃんと見てくれないのか”というものばかりですよね」

“自由”が受け入れられない日本について橘氏は「近代社会のふりをした身分制社会だ」と鋭く指摘する。世界ではテクノ・リバタリアンが社会を変革していく中、身分制社会である閉鎖空間の日本で今後、何が起こるのか。後編に続く。

デイリー新潮編集部