野村証券が元社員の実名出しで注意喚起! 現役社員も関与の「投資詐欺」を被害者が証言

野村証券が元社員の実名出しで注意喚起! 現役社員も関与の「投資詐欺」を被害者が証言

現役社員が鵜飼いの鵜になった「野村証券」同時多発サギ(1/2)

 証券界のガリバー「野村証券」が異例の発表である。顧客に詐欺を働いた元社員の実名を公表したが、そこには肝心なことが書かれていない。詐欺師の下には、複数の現役社員が鵜飼いの鵜となり関与していたというのだ。野村がひた隠しにする同時多発サギの真相とは。

 ***

 参院選でも大きな争点になっている「老後2千万円」問題。金融庁が年金に頼らない資産形成を推奨したが、何を今さら。とはいえ投資に馴染みのない人の中には、この際だからと証券会社に相談しようと思われたムキもあろう。

 その株屋の中でも創業90年余り、東京は日本橋1丁目に本店を構える野村証券は、全国に156の本支店、営業所を構え、信託銀行などの関連会社を擁す野村ホールディングス(HD)の中核企業だ。そんなリーディングカンパニーが、7月2日付でこんな注意喚起を行った。

〈当社元社員による投資詐欺の疑いについて〉

 と題したニュースリリースにはこう書かれている。

〈このたび、当社元社員の中村成治(なかむらせいじ)氏(2014年4月入社、姫路支店に在籍、2016年9月退職、現 株式会社Foresight(フォーサイト、東京都港区)代表取締役)が、当社退職後に、当社のお客様を含む複数の投資家に接触し、架空の投資商品を提案している疑いがあることが判明しました〉

 以下、現役社員の関与は調査中とだけ記され、詐欺の手口について具体的な説明はない。日経をはじめ大手紙やテレビがこれを報じたが詳細は不明のまま。被害の拡大防止を意図した発表が、結果的には野村の顧客や投資家たちの不安を煽るだけに終わっているのだ。

「複数の現役社員がかかわっているのは明らかなのに、そのことを野村は公表しないばかりか、被害者への誠意ある対応がないのです」

 と憤るのは件(くだん)の詐欺被害者の一人で、千葉県に住む50代の元会社員である。

「野村証券に口座を作ったせいで、退職金と相続した財産のすべて、およそ7300万円を根こそぎ騙し取られ、妻は鬱病になってしまいました。それもこれも野村ブランドを信用していたからなのに、担当社員やその上司、さらに社長室も取り合ってくれません」

 この男性は、大手メーカーを早期退職後、老後の資産運用のためにと5年前、野村証券の船橋支店に口座を開設したと続ける。

「当初はトヨタのAA株を購入するため、私と妻の名義で店頭口座を作った。担当していた営業マンとは電話で話をするくらいで一度も会ったことが無かったのですが、昨年の10月、突然アポなしで自宅にやって来たんです。彼は『最近は新規上場や公募増資などのいい話がないので、別の案件をご紹介します』と言った後に、元野村の社員である中村成治を私たち夫婦に紹介してきました」

 現役社員曰く、“中村は慶應大学出身で、野村時代は同期の中でも優秀な成績だった”とか。確かに、会ってみれば20代後半の若者だが物腰は柔らかく、怪しい雰囲気も感じない。それで投資案件に興味を示してしまったと、被害者の男性は振り返る。

「中村の説明では、元本を保証し1カ月で3%の金利を得られるとのことでした。今から考えれば脇が甘すぎたとしか言えませんが、野村の担当営業マンの紹介だからと信じてしまいました。その日と3日後に分けて計3500万円を指定された口座に振り込みました。後日、〈融資斡旋スキーム商品概要〉と銘打ったペーパーが送られてきて、読むと〈日本政策金融公庫の融資を使ったコンサルティングフィーを収益の基盤とする〉と書いてありました」

 それからというもの、担当の営業マンは2カ月にわたって何度も被害者宅を訪れては追加投資を持ちかけてきた。結局、12月末までに野村で投資していたほぼ全額を「中村案件」の方につぎ込むことになってしまう。

「その時は、野村証券の社員がわざわざ自宅に来てくれ、金利だといって実際に245万円の現金を持ってきたのですっかり信用し切っていたんです。けれど、今年1月にその彼が転勤するから今後は中村と直接取引をして欲しいと連絡がきて以降、利息はおろか満期なのに元本も返されなくなった。中村の携帯にかけても通じなくなり、これはおかしいと気づいたのです」(同)

 慌てた被害者は、口座を開設していた船橋支店に連絡したところ、なんと転勤したはずの担当営業マンは在籍していたことが発覚。ウソが露見した営業マンは知らぬ存ぜぬを決め込んでしまう。そこで被害男性は、中村が住む目黒のタワーマンションに押しかけて、今年2月には話し合いの場を持つことができたという。

複数の顧客が被害に

 緊迫したやり取りを記録した録音データによれば、中村は開口一番こう言った。

〈本当に、いっぱい迷惑かけて、本当にすいませんでした。すいませんでした。すいませんでした〉

 芝居じみた謝罪の後、投資話は実体のない架空の案件であったことも認めた。

〈元々、ちょっとその話自体は聞いたことはあったんですけど、実際に僕がかかわったわけではないです。すいません〉

 で、同席した別の債権者から、手元にどれだけお金があるのか訊かれた中村は、

〈今、本当にゼロです〉

 と、窮状を告白。

〈本当に、取り返しのつかない最低なことをしてしまって……〉

 と弁明を繰り返したのだ。

 再び被害男性が言う。

「中村の説明では、六本木でウニ料理の飲食店やバーを経営したことで借金が膨らみ、返済するために詐欺を始めたと。今後は、不動産を歩合で販売し、そこから返済するということで話が決まったのですが……」

 案の定、暫くして中村は雲隠れ。苦虫を噛みつぶす被害者に、追い打ちをかけるような男まで現れた。

「4月に入ってから、野村証券船橋支店の営業マンで、私の前任担当者の先輩と名乗る人物がやって来て、『損失分を穴埋めしましょう』と、別の投資案件を持ちかけてきたんです。不動産投資やFXで、1千万円から2千万円の投資に対し毎月10万円の配当を出すという説明でした」(同)

 流石に野村への信用を失っていた被害男性はキッパリ断ったそうだが、この現役社員、ここでは仮に佐藤としておくが、調べてみれば中村と接点が多々あった。

 中村を知る野村証券OBが明かすには、

「佐藤は大阪の高槻支店時代、姫路支店に勤務していた中村と遊び仲間だった。中村が野村を辞めた後、佐藤は船橋支店に異動になりますが、そこで今回の被害者の担当者だった後輩の営業マンを引き込み詐欺を企てたと思われます」

 中村と気心知れた野村の社員が、その顧客を餌食にしたという構図が浮かぶ。

 そのため被害は船橋支店だけにとどまらない。中村や佐藤が営業に勤しんでいた関西圏でも、複数の顧客が同様の被害に遭っていた。

 佐藤の顧客だったという大阪在住の会社経営者は、

「トータル3千万円くらい投資したけど、まだ2千万円ほど戻って来ない。私の担当だった佐藤くんから中村を紹介されたんですが、去年の1月に、自民党のある先生から来ている案件で、配当が3%つくと力説され信用したんです。佐藤くんは身長も高く男前で、いつも高そうなスーツを着て靴も20万円はする高級なものを履き、胡散臭い感じはなかった。私の誕生日には花を贈ってくれることもあって、何でもないことでも連絡をくれる仲。そんな彼から昨年の11月頃、“実は僕も中村に騙されていたんです。本当にすみません”とお詫びがあって……。今はもう、何が本当だか分からなくなるほど、大変なショックを受けているんです」

(2)へつづく

「週刊新潮」2019年7月18日号 掲載


関連記事

おすすめ情報

デイリー新潮の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索