2030年までに脱ガソリン車―。政府が打ち出した電気自動車(EV)戦略の先陣を切って、超小型電気自動車が注目されている。トヨタは、昨年12月に2人乗りのEV「C+pod(シーポッド)」を企業や自治体への限定販売を開始。2022年には個人向けにも販売予定だ。一方、中国製の超小型電気自動車も昨年から販売を始め、密かな人気を集めている。

 ***

 超小型電気自動車は、“超小型モビリティ”とも呼ばれる。国土交通省は、「自動車よりコンパクトで小回りが利き、環境性能に優れ、地域の手軽な移動の足となる1人〜2人乗り程度の車両」と定義している。当然、高速道路や自動車専用道路は走行できない。

 ところがこの超小型モビリティ、1人乗りと2人乗りとでは、税制面で大きな違いがある。1人乗りはミニカー(第一種原動機付自転車)登録となり、車検はない。ところが2人乗りは、昨年9月に国交省が改正した道路運送車両法により軽自動車の一種と正式に区分されたため、車検が義務付けられているのだ。

 トヨタのシーポッドは2人乗りのため、車検が必要となる。ボディサイズは全長3400mmの軽自動車よりもずっと小さく、全長×全幅×全高は2490×1290×1550mm。最高速度は60キロで、航続距離は150キロ。充電時間は200Vで約5時間、100Vで約16時間となっている。価格は165万〜171万6000円だ。

3人乗り側車付軽二輪

「現在、地方ではガソリンスタンドの数が減っていることもあり、電気自動車の需要が増えています」

 と解説するのは、自動車評論家の国沢光宏氏。

「ところがシーポッドの価格は165万円。この金額ですと軽自動車が買えてしまうので、そんなに売れないかもしれませんね」

 中国は昨年7月、米ゼネラル・モーターズ(GM)と上海汽車の合弁メーカーである上海通用五菱汽車が4人乗りの「宏光MINI EV」の販売を開始した。こちらは45〜60万円とかなり安い。

「日本のメーカーには、電気自動車を安く作る技術がまだありません。その点、中国は進んでいますね。GMと組んだことで、宏光MINIは安全面でも優れています」(同)

 ちなみに1人乗りのミニカーの場合、衝突試験は免除となっているが、シーポッドのような2人乗り超小型モビリティは40キロ、軽自動車は50キロの衝突試験をクリアしなければならない。

 宏光MINIは、今のところ日本に輸出される予定はないが、昨年から中国製の超小型EVが次々に日本に輸入されている。なかでも、EV-LAND(本社・東京)が販売する屋根付きの三輪車「EV-TUKTUK(トゥクトゥク)」は、人気が高い。

「EV-トゥクトゥクは、ミニカーではなくバイク扱いのドア無側車付軽二輪登録となります。しかも後部座席には大人が2人乗車できます。勿論、普通免許で運転することが可能で、車検や車庫証明は必要ありません」

 とは、EV-LANDの岡部健一統括部長。

 シートベルトもあり、ヘルメットの着用義務はない。3年以上使用できるリチウムイオンバッテリー搭載で、価格は66万円(税込)と安い。

安倍前首相も試乗

「バイクと同じように、手だけでアクセルやブレーキを作動させるので、運転は極めてシンプル。女性でも簡単に運転できます」(同)

 最高速度は40キロ。航続距離は80キロ(バッテリー2個搭載だと160キロ)で、充電時間は6、7時間。家庭用のコンセントで充電でき、1回の充電コストはわずか50円という。

「時速40キロになるとリミッターが働きます。理由は、40キロを超えると死亡率が上昇するからです」(同)

 側車付軽二輪のため、サイドカー付きバイクと同様2人乗りなら首都高速を走行することもできる。

「本当に走れるのか、首都高速と警視庁に問い合わせました。警視庁によると、首都高速は最高速が60キロで、最低速度の規定はありません。10キロや20キロで走れば注意するが、40キロ走行ならまったく問題ないということでした。それで、2人乗りで首都高を試乗してみました。40キロで走っても走行妨害にならず、スムーズに走れました。コーナーリングも問題なかったですね」(同)

 EV-LANDでは、EV-トゥクトゥクの他に、ドアの付いた密閉型の3輪車「URBAN TRIKER」(77万円)や「VF-3」(83万6000円)。そして4輪の「VF-4」(88万円)も販売している。

「URBAN TRIKERの最高速は50キロ、VF-3は65キロとなります。両方ともドアがあるので、側車軽二輪ではなく1人乗りのミニカー登録となります。VF-4もミニカー登録で、最高速は65キロです。いずれも後部座席は荷物入れとなりますね。昨年の道路運送車両法の改正で、2人乗りでもミニカー登録できるのではないかと期待されたのですが、実現しませんでした」(同)

 欧米や中国のミニカーは2人乗りのため、輸入される車は2人乗りがほとんどだ。

「URBAN TRIKERはスタイリングがいいので、2人乗りだったら購入したいという人がこれまで100人ほどいました。1人乗りでは使い勝手があまり良くないので、3人乗りのEV-トゥクトゥクは人気がありますね。昨年9月から発売して、これまで数百台が売れています。タレントのデヴィ夫人も使っていますし、安倍晋三前首相も山口で試乗しています」(同)

デイリー新潮取材班

2021年6月23日 掲載