輸出立国だったころはメリットもあったにせよ、いまは円安に傾けば物価が上がって日本の国力は下がり、生活者は追い込まれるだけだ。なのに異次元緩和とやらで富める人の資産をむしばみながら、急激で異常な円安を招いて貧しい高齢者も追い込む。戦犯は――。

 ***

「日銀がアホだと寿司が値上がりする」。一見、唐突な言い回しのようで、「風が吹けば桶屋が儲かる」などよりはるかに堅固な因果関係で結ばれている。

 事実、回転ずし大手のくら寿司は価格を全面的に見直し、創業以来38年間守ってきた1皿100円を今月で終了するという。急激な円安で原材料が値上がりし、この2年で仕入れ値は、マグロが1.6倍、サーモンが2倍になったそうだ。

 むろん回転ずしは氷山の一角で、食料品のほか日用品からガスや電気料金まで続々と値上がりし、われわれの生活を脅かしつつある。それどころか、一億総貧困化につながりかねないほどだが、まずは、いまなにが起きているのかを把握するところから始めたい。

日本と海外との物価の比率は、約50年前と同じ

 円はあれよという間に下がり、1ドル144円台をつけるまでになった。半年で25円以上も下がり、24年ぶりの円安水準に達したが、

「実質実効為替レートで言うと、現在は1971年と同じくらいの円安です」

 と話すのは、ニッセイ基礎研究所上席エコノミストの上野剛志氏である。

「実質実効為替レートとは、一言で言えば、国内の財・サービスの価格と、外国の財・サービスの価格を円建てで比較して、割安なのか割高なのかを示したもの。つまり日本と海外との物価の比率が、現在は1971年と同じだということです。世界各国でインフレが加速するなか、日本は海外と比べて物価上昇率が低い。そのために物価差が生じて、海外の製品は国内製品に比べて割高感が高まっています。そこに円安が重なり、二重に割高になってしまっているのです」

円安メリットが受けられない

 その影響は、本来なら悪いことばかりではないという。「輸出が有利になる、インバウンドを誘致しやすくなる」(上野氏)というメリットもあるからだが、

「いまはコロナの水際対策もあって、円安メリットを受けづらい状況です。一方、円安のデメリットとしては、輸入企業のコスト増加や消費者の購買力低下が挙げられます。ただ、いまの状況は国際的な資源高が影響していて、その点は円安と別に考えるべきですが、それでも、海外での資源価格の上昇という負の影響を、円安が増幅しているとはいえます。そして、これだけ急激に円安が進むと、プラスの影響を受ける人とマイナスの影響を受ける人との格差が広がって、後者の痛みは大きくなります。マイナスの影響を受けるのは、輸入企業のほか、海外資産を多く持っている特殊な方を除いた一般の消費者。賃金上昇率よりも物価上昇率のほうが高く、購買力が実質的に低下し、負の影響が強まっていると思います」

 気になる物価の見通しだが、上野氏は、

「生鮮食品を除く物価上昇率は、7月が前年比2.4%。しかしこれまでの価格上昇分で、特に食品の輸入価格が相当上がっており、国内価格への転嫁が進んで年内に3%に達するでしょう」

 という見通しを示す。そして、この急激で異常な円安をもたらした元凶が、日銀の黒田東彦総裁が主導し、もう9年間も続く「異次元緩和」であることは、衆目の一致するところである。

異次元すぎる金融緩和

 異次元緩和とはごく簡単に言えば、大量の資金供給と超低金利という劇薬のような金融政策。それがわれわれ一般消費者にどんな影響を与えているか。評論家の大宅映子さんの話に、端的に映し出されている。

「私が結婚したころは、定期預金の利息は5%くらいありましたが、今の0.002%なんていう利息では、銀行に行く足代にもなりません。昔、コンサルティング会社にお勤めの方に、“大宅さん、1億貯めればなんとかなるよ”と言われましたが、1億貯めてもダメな時代になりました」

 というのは低金利政策の影響。がんばって資産を形成してもまったく利息が得られず、安心して暮らせない時代になってしまったわけだ。続いて円安の影響だが、大宅さんは物価の上昇ではすまない根源的な影響を見抜いている。

「物価が上がって大騒ぎしているのは、日本人が国際人でない証拠だと思います。円安傾向になったとき、普通の生活者からはほとんど文句が出ませんでした。もっと世界とつながる感覚があれば、海外に行けないし、輸入品も高くなる、と思っていいのに、物価が上昇して初めて慌てています。私もコロナ前は一家でハワイによく行きましたが、円安では難しい。“円安”ではなく“円弱”と言うべきです。円が強ければ多くのモノが買えますが、弱くなれば少ししか買えないのですから。バブルのころアメリカ人に“日本人は金持ちになったからって、ランチに2千円も払うなんて”と言われましたが、いまアメリカで、2千円ではランチを食べられません」

 恐ろしく衰退している日本の姿が浮かんでくる。

中央銀行としては歴史的に初めて

 さて、慶應義塾大学大学院の小幡績准教授に、異次元緩和の悪影響と、もたらされた円安の弊害、それを是正する手立てについて説明してもらおう。

「異次元緩和という呼び名が示す通り、日銀は異常なカタチで金融緩和を続けています。金融緩和には専門的に言うと、伝統的金融政策と非伝統的金融政策があります。そもそも量的緩和が非伝統的な緊急的対応ですが、黒田さんが日銀総裁になると、ただの量的緩和では足りず、異次元なほどドカンと行いました。その量が莫大で、そのうえいまはイールドカーブコントロールを行っています。要は10年国債の金利をゼロにすると宣言したのです。中央銀行は伝統的に、コールレートという1日かぎりの金利を、ゼロにしたり上げたりします。短期金利をコントロールし、あとは民間金融機関の金融取引を通じて、世のなかの金利が決まっていく。それが伝統的なあり方ですが、日銀は中央銀行としては歴史的に初めて、10年物の金利をこうする、と宣言しました」

「一般的な金融緩和に修正すればいい」

 こうなると金融市場で金利が決まる余地がなく、この日銀のやり方を小幡准教授は、「社会主義以上の極端なこと」と評する。

「10年国債の金利を抑え込むなど、日本だけが普通の金融緩和を超えて異常なことを行っているので、世界中の物価が上がって金利が上昇しはじめたとき、日本だけ極端に為替レートが下がるのです。たしかに現在は、ユーロもウォンもドルに対して弱くなっていますが、それにしても円だけが他国の通貨よりも極端に安いのは、日本だけが異常なやり方、かつ異常な規模の金融緩和を行っているからです。黒田総裁は、“いま金融緩和を止めたら景気が大変なことになる”“利上げをするときではない”などと言っていますが、そんなことをする必要はありません。一般的なゼロ金利の金融緩和に修正すれば、景気に悪影響もなく、為替レートもアメリカが利上げする前の1ドル110円程度の水準にまで戻るはずです」

 日銀が異次元の政策だけ修正すれば、状況はかなり好転するというのである。

妥当な為替水準は1ドル110〜120円

 ところが黒田総裁は意固地な姿勢で、計り知れないダメージを与えている。小幡准教授が続ける。

「日本が貿易黒字国だったのは遠い昔で、いまは大変な貿易赤字です。輸入品目の多くが原油などのエネルギー関連で、小麦など食料品が続き、いずれも必需品なので、値段が上がっても輸入せざるをえません。そもそも原油や小麦は国際的に価格が2倍程度になっていましたが、為替レートが極端に下がった結果、2倍で済むところを3倍支払っているのが現状です。しかし、それが2倍で済めば支払額が4兆円くらい減ります。その分が国民に還元されれば、(住民税非課税世帯に)5万円なんて配らなくていいし、5万円を配るための約1兆円の予算も要らなくなります。各家庭もガソリン代や電気代を年間10万円くらい節約でき、結果的に景気もよくなります」

 円高に傾くと景気が悪化したのは、日本が大きな貿易黒字を抱えていた大昔の話なのである。

「基本的に為替は妥当な水準で安定しているべきです。今回のように短期間に3割も動くと困りますし、1ドル140円は妥当な水準からかけ離れています。IMF(国際通貨基金)などの国際機関は、同じ物の値段は世界的に同じであるべきだという考え方で、それに基づいて購買力平価を算定すると、1ドル90〜95円が妥当だとされています。ただ、貿易赤字が増えた日本は外国からモノを買う必要があるので、ドルの上昇と円の下落は、一定程度は仕方ない。それを加味しても、妥当な為替水準は1ドル110〜120円といわれています。経済学的にいかなる考え方によっても説明できない過度な円安は、誰にとってもよくないです」

長期的には円高が理想的

 結局、「通貨は強いほうが長期的に国は富む」と小幡准教授は言う。

「円が強くなって国富が増えると、日本の経済規模が拡大します。円がドルに対して強くなれば、ドル換算額が増えて日本の国際的な影響力が高まり、日本企業による海外の企業の買収も可能になります。一方、このままどんどん円安に振れれば、日本の大企業が中国企業に買われることだってありえます。不動産も同様です。だから為替は妥当な水準で安定しているべきで、なおかつ長期的には円高方向に進んでこそ、国の経済力は増します」

 それでも黒田総裁は、異次元緩和にこだわり続けている。上野氏が指摘する。

「異次元緩和はこの9年、うまくいっていませんが、だからといってやめられないのです。目指していた賃上げを伴う物価上昇を実現できておらず、その意味で黒田総裁に責任はあるでしょう。しかし、そもそも日銀だけでは無理な話なのです。賃金を上げるには生産性を引き上げて企業の稼ぎを増やし、その状態を持続させて労働者にしっかり分配する、という仕組みが欠かせません。政府と企業、日銀が一丸となればできたかもしれません」

的外れなコロナ対策も問題

 ところが、政府は日銀に丸投げして、あとは知らんぷり。異次元な状態を放置した。せめて円安を利用し、なんらかの施策を打ち出せないものか。第一生命経済研究所首席エコノミストの永濱利廣氏が言う。

「異常な円高を放置したために、生産拠点が海外に移ってしまい、多くの分野で国内自給率が下がったからこその円安です。生産拠点の国内回帰を図る、経済安全保障を考えて中国にあるアメリカ企業の生産拠点を日本に誘致する、といった施策が望ましいです。あるいは原発を再稼働させてエネルギー自給率を高める。農地法を改正して企業を農業に進出させ、食料自給率を高める。それに水際対策を緩和してインバウンドを自由にすれば、円の需要が高まって円安が是正されると思う。しかし、そうしたことができていません」

 そして、そもそも、的外れなコロナ対策も円安を助長した一因だと指摘する。

「日本はコロナ対応において、世界に完全に遅れています。欧米ではマスクを外して日常生活を取り戻しているのに、日本はワクチン接種も遅れ、水際対策も後ろ向きで、それも円安の一因でしょう。もっとインバウンドが来れば、円の需要は高まりますから」

消費者に何ができる?

 元JPモルガン東京支店長の藤巻健史氏は、円安の原因をこう説明する。

「現在の世界的インフレの原因は、お金を刷りすぎているから。それに気付いた欧米諸国の中央銀行は、お金を吸収しはじめています。一方、日本銀行は国債を購入し続けないと、国は国債を完売できずにデフォルト(債務不履行)を起こしてしまいます。そこで日銀は国債を買い、購入金をバラまき続けざるをえないのです。このスタンスの違いが次のステップでの円安ドル高につながり、円はさらに暴落すると思います」

 さらなる円安とは恐ろしい。だから「円に対して強い海外資産を買おう」という声も上がるが、永濱氏はそれに警鐘を鳴らす。

「いずれドル高はピークアウトし、次にはドル安になるとすれば、いまドルを買うと高値づかみしてしまう可能性があるので、下手に動かないほうがいい」

 異常な円安も長くない、と考えたほうが心は健康でいられるかもしれない。ともあれ、意固地な日銀と無策な政府の間で追い込まれたわれわれは、どうすべきか。永濱氏が提案する。

「一般には物価が上がると、みな購買意欲が高まって早く買おうとし、景気は過熱に向かいますが、日本の場合、デフレマインドが染みついていて節約してしまう。結果、購入を控えたばかりに高値づかみすることがあるので、買いたいモノがある人は、急いで買ったほうがいいです。そうしてみんなが買い物をして経済が戻れば、日銀も利上げできるかもしれません。また、スマホの通信料を払いすぎている人が多いので、積極的に見直す。電気やガスの契約を見直す。スマホのアプリを使えるなら、フリマ(フリーマーケット)アプリを使って、不要なものを売って必要なものを安く買う、という手もあります」

「投資のリスクを背負うときではない」

 経済ジャーナリストの荻原博子さんも「外貨預金は目減りする危険性があるから手を出さないほうがいい」とし、「節約するしかない」と説く。

「給料は増えず、年金は2年連続で減っている。しかも、この10月から雇用保険料が上がり、後期高齢者の医療負担が2割になる。どうしようもない部分が上がっているなか、物価も上昇しているのだから、お金を使わないという方法しかありません。岸田内閣は石油元売りに補助金を出しただけで、あとは低所得者に5万円など場当たり的に行うだけ。一時、老後に2千万円必要だという話が騒がれましたが、あれは100歳近くまで夫婦二人で生きるなら2千万円必要だという話でした。投資などでリスクを背負うときではありません」

 経済アナリストの森永卓郎氏は、いまの円安の原因を「日本の財政がよくない、日本が弱い、というイメージがあって、円が投機筋の標的になっているから」だと見たうえで、一般消費者に対してはこう勧める。

「外貨預金や外国株を持っている人は、いま叩き売るのがいいでしょう。1ドル150円になったら100%売りです。アメリカが年内は金利を上げるので、しばらく円安傾向だと思いますが、この状況はあと半年ほどしか続かないでしょうから、がまんするのが一番いいと思います」

 やはり、いまは耐え忍ぶことを勧めるのである。最後に大宅さんの声を。

「日銀が緩和しても、だれも元気にならず、企業が内部留保をため込むだけでした。政府も5万円給付など、誰の税金をいつまで配り続けるつもりでしょう」

 異常な円安に対し、われわれはせめて悲鳴を上げ続けるということか。こういう中央銀行と政府のもとで、座して死を待つことだけは遠慮したいから。

「週刊新潮」2022年9月22日号 掲載