1月21日、アメリカの歌手、マリーナ・ショウさんの訃報が伝えられた。誰もが知るヒット曲を持つ、という存在ではないのだが、国境を問わず「同業者」に与えた影響は大きい。

 彼女の代表作であるアルバム『フー・イズ・ジス・ビッチ、エニウェイ』は、玄人筋からの高い評価もあり、1975年発売であるにもかかわらず、21世紀になってもなお支持され、若い世代からの「再評価」も受けて多くのリスナーを得ることとなった。

 少し前ならば「渋谷系」、最近人気の「シティ・ポップ」の中にも、彼女の楽曲に影響を受けたと思われるものは少なくない。

「ミュージシャンズミュージシャン」と言われるゆえんである。

 彼女への貴重なインタビューをしたことがあるライターの神舘和典氏が、追悼の意を込めて、その音楽と人間性の魅力について寄稿してくれた。

 ***

神様が「歌いなさい」

 アメリカのソウル・シンガー、マリーナ・ショウが、1月19日に永眠した。81歳。娘のマーラがSNSで訃報を伝えた。死因は未発表だが、安らかな最期だったという。

 マリーナは、世界中のミュージシャンが影響を受けた“ミュージシャンズミュージシャン”。1942年ニューヨーク州生まれの彼女は、1960年代に地元のジャズ・クラブで歌い始めた。1967年のレコード・デビュー後は、1969年に録音したアルバム『ザ・スパイス・オブ・ライフ』のなかの「カリフォルニア・ソウル」が人気になった。

 彼女にインタビューのチャンスをもらったのは、2010年の来日公演のとき。会場となったビルボードライブ東京の楽屋だった。

「人は生まれたときはみんなクリエイター。神様からなにかしら才能を授けられているの。私にとっては、それは歌だった。だから、子どものころから歌ってきた。歌って、歌って、気がついたら、今もこうして歌っているの。大切なのは続けること。やめないこと」

 開演前、レジェンドを前に緊張気味の筆者のインタビューに、彼女は気さくに対応してくれた。

「でもね、もちろんやめたいこともあった。私には子どもが5人いた、孫もいて、ひ孫もいる。ずっと家にいたいと思うことだってあるわ。でも、もう引退しようかしら、と考えると、エージェントから電話があるの。パリ、フィンランド、東京でショーのオファーが来ている、と。歌いなさい、と神様に命じられているのかもしれないわね」

リリースから40年で「再現ライブ」

 彼女のキャリアには奇跡的な名作がある。1974年にブルーノート・レーベルで録音された『フー・イズ・ジス・ビッチ、エニウェイ』だ。ジャズ、R&Bがブレンドされて洗練されたこの都会的なソウル・アルバムは、世界中のリスナーを魅了し続けている。

 マリーナの歌を支える演奏も素晴らしい。メンバーは、チャック・レイニー(ベース)、デイヴィッド・T・ウォーカー(ギター)、ラリー・カールトン(ギター)、ハーヴィー・メイスン(ドラムス)、ラリー・ナッシュ(キーボード)など。今も第一線で活躍するレジェンドたちが抜群のグルーヴを生んでいる。

 この『フー・イズ・ジス・ビッチ、エニウェイ』は、2000年代から2010年代にも日本の音楽シーンであらためて盛り上がった。マリーナがレコーディング・メンバーとともに来日。リリースから約40年を経て、チャック、デイヴィッド・T、ハーヴィー、ラリーとこのアルバムの曲を再演した。名盤の曲をオリジナル・メンバーの歌と演奏で聴きたい――というリスナーの切なる願いに、ビルボードライブ東京のスタッフが個々のメンバーに交渉を重ねたという。連日フルハウス。客席には日本のミュージシャンの姿も目立った。

 70歳を迎えようとしていたマリーナは杖を頼りにステージに現れたものの、その声は奇跡のアルバム当時の艶を感じさせた。ハーヴィーとともに「ダイローグ」の男女のやり取りも再現。

『フー・イズ・ジス・ビッチ、エニウェイ』のショーは大好評で、2016年までほぼ毎年開催された。

観客の数は問題ではない

 このアルバムはなぜ半世紀以上にわたって世界中で聴かれ続けているのか――。マリーナに聞いた。

「レコーディングに集まってくれたメンバーが素晴らしかったことでしょう。彼らは、私のアルバムに限らず、どんなときでも、どんなセッションでも、ベストを尽くしている。何万人ものお客さんがいても、たとえ5人しか聴いていなくても、最高のパフォーマンスをする音楽家たち。私はメンバーに恵まれたの」

 さらに、プロデューサーの名前をあげた。

「作品は、つくるプロセスが大切。『フー・イズ・ジス・ビッチ、エニウェイ』のプロデュースを手掛けたのはベナード・アイグナー。彼とはレコーディングに入る前に何度も何度も、長い時間をかけて話し合った。音楽のことも、そのほかのことも語りつくした。その時間が作品を濃厚にして、音楽をスピリチュアルにもした。だからこの作品は長く聴いてもらえているのよ」

 このインタビューのとき、マリーナの血肉になった音楽についても聞いた。リスナーとしての彼女がどんな音を聴いて、歌に反映させてレジェンドになったのかを知りたかった。

 彼女は“ソウルの女王”アレサ・フランクリンの『スパークル』、“ゴスペルの父”アンドレ・クラウチのベスト盤、“ソウル・シスターの元祖”シスター・ロゼッタ・サーブの『ゴスペル・トレイン』、“ブラザー・レイ”レイ・チャールズの『ア・マン・アンド・ヒズ・ソウル』などをあげた。レジェンドの音を聴いて、彼女自身もレジェンドになった。

 名盤『フー・イズ・ジス・ビッチ、エニウェイ』をオリジナル・メンバーの演奏で体験できた日本のオーディエンスは幸せだった。

神舘和典(コウダテ・カズノリ)
ジャーナリスト。1962(昭和37)年東京都生まれ。音楽をはじめ多くの分野で執筆。共著に『うんちの行方』、他に『墓と葬式の見積りをとってみた』『新書で入門 ジャズの鉄板50枚+α』など著書多数(いずれも新潮新書)。

デイリー新潮編集部