2025年度前期に放送されるNHK朝ドラ「あんぱん」のヒロインが今田美桜(26)に決まった。朝ドラ史上最多の3365人が参加したオーディションで選ばれたという。東京制作の朝ドラでは7年ぶりとなるオーディション、すでに民放の連ドラで主演を務める彼女が選ばれたのは“出来レース”との声も――。

 ***

 朝ドラ「あんぱん」は、絵本「アンパンマン」の作者・やなせたかしさん(1919〜2013)とその妻・小松暢さん(1918〜1993)がモデルとして描かれる。SNSでは早くもこんな声が。

《今田美桜ほんとうに目の形がドキンちゃんそっくりすぎる、かわいい》

 民放プロデューサーは言う。

「ヒロインのオーディションは満場一致で今田に決まったそうですが、彼女は民放ではすでに『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』(日本テレビ)や『いちばんすきな花』(フジテレビ)で連ドラの主演も果たしていますからね。ある意味、順当すぎる人選で、出来レースなんて声もあります。でも、NHKもそれだけ数字が欲しいのでしょう。前期の朝ドラを担当する東京放送センターは、昨年の『らんまん』は評判も良かったけれど、大阪放送局が制作する現在放送中の『ブギウギ』に追い抜かれた格好です。その前の22年度前期『ちむどんどん』はネット上で“反省会”が開催されたほどでしたし、さらにその前の21年度前期『おかえりモネ』は少々地味で、21年度後期の『カムカムエヴリバディ』には敵わなかった」

 大阪に一矢報いたいということか。

「脚本を担当するのは『ハケンの品格』(日テレ)や『ドクターX 外科医・大門未知子』シリーズ(テレビ朝日)で知られる中園ミホさん。朝ドラは14年度前期の『花子とアン』で経験済みですし、今田とは『ドクターX』で組んでいるので、上手に当て書きをするのではないでしょうか。それにしても、まさか東京放送センターまで福岡の若手女優を使うとは……」

 どういうことだろうか。

福岡小顔3羽ガラス

「『あんぱん』の前に放送される大阪放送局制作『おむすび』(24年度後期)のヒロインは橋本環奈(25)。タイトルが平仮名4文字の食べ物という共通項もさることながら、ヒロインもそっくりと言われています。どちらも福岡の出身の同世代です。この2人に奈緒(28)を加えて、“福岡小顔3羽ガラス”なんて異名もあるんです。3人とも小顔なのはもちろん、身長150センチ台の小柄という共通点もあります」

 95年2月生まれの奈緒は、現在「春になったら」(フジ/カンテレ制作)で木梨憲武とW主演で父娘を演じ、改めて演技力の確かさが評判になっている。

「彼女は高校1年の時に福岡の繁華街・天神でスカウトされ、福岡を拠点に活動するモデル事務所に所属します。16歳の時に天神でスカウトされたのが97年3月生まれの今田で、2人は同じ事務所に所属していました。一足早く上京した奈緒の部屋に今田が遊びに行ったこともあったそうです。奈緒は『まれ』(15年度前期)や『わろてんか』(17年度後期)のヒロインオーディションに挑戦しましたが不合格。『半分、青い。』(18年度前期)では最終選考まで残ったもののヒロイン(永野芽郁)にはなれなれませんでした。その親友役で出演したことで、奈緒は世に出たわけです」

「あんぱん」のヒロインは「半分、青い。」以来のオーディションで決まった。

変顔も厭わぬ橋本

「そこで後輩の今田がヒロインを勝ち取ったわけです。一方、99年2月生まれの橋本は中学生の頃からローカルアイドルとして活動し、中3の時に“奇跡の1枚”がネットで拡散され“1000年に一人の美女”として名を挙げました。上京したのはその後で、アイドル路線で行くのかと思いきや、17年公開の映画『銀魂』では変顔も厭わぬヒロイン・神楽を演じ、翌18年には『今日から俺は!!』(日テレ)でスケバン・京子を演じてお茶の間の人気を獲得しました。そして22年の『NHK紅白歌合戦』で司会に抜擢され、予想だにしなかったMCスキルの高さを発揮して世間を驚愕させたのです」

 もっとも、NHKのドラマには主演どころか出演すらしたことがなかった橋本の司会抜擢には様々な声が上がった。

「そこでNHKは、今年の秋から放送予定の朝ドラ『おむすび』のヒロインに抜擢し、昨年の『紅白』は堂々2年連続で司会を任せることができたわけです」

 ちょうど2歳ずつ離れた3人は、地元・福岡で芸能活動をスタートし、それぞれ1年違いで上京。いまのところ橋本が一歩リードというところだろうか。

拮抗する3女優

「『紅白』でのインパクトやバラエティ番組での活躍を加えれば橋本リードにも見えますが、女優としては三者三様で拮抗していると見ていいでしょう。昨年4月期のドラマでは、この3人が並び立ったことが業界では話題になりました。奈緒は『あなたがしてくれなくても』(フジ)で主演、今田は日曜劇場『ラストマン―全盲の捜査官―』(TBS)でヒロインを演じ、橋本は『王様に捧ぐ薬指』(同前)で地上波連ドラ初主演を果たしました」

 数多いる女優たちの中で、同年代で似たような経歴を持つ3人が同じクールのドラマにそろい踏みというのは珍しい。現在、奈緒の「春になったら」が放送中だが、今田と橋本は朝ドラの撮影でしばらく見られなくなるのだろうか。

「橋本は3月の特番ドラマ『万博の太陽』(テレ朝)の主演が控えています。今田は4月期のドラマ『花咲舞が黙ってない』第3シリーズ(日テレ)の主演が決まったと聞いています」

「花咲舞〜」は第2シリーズまで杏 が主演だった。

「パリ在住の彼女に連ドラは難しそうなので、今田に白羽の矢が立ったようです。いままさに、福岡若手3女優が鎬を削っている状況なのです」

 ちなみに、今年4月からの朝ドラは「虎に翼」、ヒロインは千葉出身の伊藤沙莉(29 )である。こちらもお忘れなきよう。

デイリー新潮編集部