追悼・芸能リポーター「福岡翼さん」 4月に亡くなっていたのに今ごろ公になった理由

追悼・芸能リポーター「福岡翼さん」 4月に亡くなっていたのに今ごろ公になった理由

 芸能リポーターの草分け的存在だった福岡翼さんが、4月20日に慢性心不全増悪のために都内の自宅で亡くなっていたことが明らかになった。享年79。福岡さんとは40年以上の親交があった芸能リポーターのみといせい子さん(70)が、故人のエピソードや生き様を回想する。

***

 みといさんが、福岡さんの訃報を知ったのは、10月2日だった。

「福岡さんの妹さんから、手紙をいただいたのです。福岡さんは、お亡くなりになる2、3日前、甥っ子と食事をする約束をしていたそうです。ところが、甥っ子が店に行っても、福岡さんは現れない。電話をしても繋がらないので、福岡さんの自宅の鍵を持っている、大阪にいる妹さんに連絡。あわてた妹さんは、新幹線に飛び乗って上京し、福岡さんの自宅に入ると、福岡さんはベッドの中で眠るように亡くなっていたということです。枕元には、読みかけの本があったといいます」

 亡くなったのは4月20日。なぜ10月になって手紙が届いたのか。

「福岡さんは、日刊スポーツ映画大賞の選考委員をしていました。そろそろ選考を始める時期なので、日刊の担当者が福岡さんに連絡したが、繋がらない。何とか妹さんにたどり着き、彼女から今年4月に亡くなっていたことを聞かされたそうです。福岡さんは、『誰にも知られずに消えたい』という美学の持ち主です。遺族はそれを尊重し、それまでずっと黙っていたのでしょう。当然、日刊は福岡さんが亡くなったことを報じるでしょうから、兄の死が公になる前に、妹さんは私に手紙で知らせてくださったのです」

 福岡さんは高知県出身。早稲田速記学校を卒業後、「女性セブン」(小学館)で記者として活躍した。

「当時は、まだ今のようにICレコーダなどない時代でした。記者会見のときは、記者はテープレコーダーを使っていましたが、福岡さんは、全部速記でダーッと書き留めていました。相手が喋るとほとんど同時に書いてましたね」

『そんな質問、僕はしない』

 テレビデビューは1977年、『モーニングジャンボ 奥様8時半です』(TBS系)だった。その後、『3時のあなた』(フジテレビ系)や『新やじうまワイド』『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)などに出演。

「『3時のあなた』では、司会を務めた森光子さんや富司純子さんからかわいがってもらっていました。芸能人の結婚会見で、一番最初に『指輪を見せてください』と質問したのが福岡さんでした。それ以来、他のリポーターも同じ質問をするようになったのです。また、リポーターが芸能人に失礼な質問をすると、よく注意していましたよ。私が、ある時、妊娠した芸能人に『男の子がいいですか? 女の子がいいですか?』と質問すると、『ちょっといらっしゃい』と、声をかけられました。『そんな質問、僕はしない。女の子が生まれて、大きくなって、その子が親のコメントを見て、男の子が欲しかったんだとわかると、かわいそうでしょう』と言われたものです。とにかく相手のことを思いやる方でしたね」

 2009年に亡くなった森繁久彌さんからも、一目置かれていた。

「森繁さんの映画や舞台の記者会見があると、必ず事前に原作本を読んでいました。ですから、福岡さんが質問すると、森繁さんには、原作本を読んできたことがわかったようです。『君、原作を読んでいますね』と感心されていました。こうやって取材相手の信頼を勝ち得ていったわけです。リポーターとして喋るときは、新聞やネット上で情報を入手するのではなく、事前に自分の足で情報を集めていました」

 原作本を読んでから会見にのぞむとは、“記者の鑑”である。むろん、大の読書家でもあった。

「映画関係や演劇関係、銀幕スターの本、映画のパンフレットは全部そろえていたそうです。蔵書は図書館並みにあったようで、20年ほど前、本の重みで自宅の2階の床が抜け落ちたこともあったそうです」

福岡さんは5人姉弟で、上に2人の姉、下に弟と妹がいる。すでに一番上の姉は亡くなっていたが、

「姉弟仲がすごく良くて、よくみんなで集まって食事をしていました。妹さんは月に1度くらいの割合で上京していました。福岡さんは、母親が作ってくれたえんどう豆ご飯が大好きで、母親からそのレシピを受け継いだ妹さんが、上京のたびにえんどう豆ご飯を作ってあげたそうです」

 福岡さんが心臓病を患ったのは、2011年だった。

「立ち上がれないほど苦しんで、病院に着いたら即、手術。心筋梗塞だったそうです。ご本人は、この入院についても仕事関係の人には一切知らせず、旅行に行っていたと説明していました」

 その後は、仕事を控えるようになり、3年前からは、ほとんどテレビに出なくなった。昨年9月の『ワイド!スクランブル』(テレ朝系)が最後の仕事だった。

「福岡さんと電話でお話したのは昨年11月。亡くなった津川雅彦さんと朝丘雪路さんのお別れの会があったので、その話題に。それから、津川さんの不倫の話とか、大川橋蔵の晩年の話をしましたが、とても元気な声でした。今年の初め、『ワイド!スクランブル』の担当者が福岡さんに出演依頼をしたそうですが、体調が悪くて出演を断わられたそうです。葬儀は親族だけで行われ、戒名はなし。棺には、天国で原稿が書けるようにと、愛用していたペン、原稿用紙、カバン、それにメガネを納めたそうです」

週刊新潮WEB取材班

2019年10月15日 掲載


関連記事

おすすめ情報

デイリー新潮の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る