「同期のサクラ」はリアル過ぎる設定に難アリ 遊川作品「ハケン占い師アタル」との差

「同期のサクラ」はリアル過ぎる設定に難アリ 遊川作品「ハケン占い師アタル」との差

 高畑充希(27)主演「同期のサクラ」(日本テレビ)の初回視聴率は8・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)だった。10月16日放送の第2話は9・5%で、2桁の大台も見えてきた。

 とはいえ、高畑主演で、同じ“水曜ドラマ”枠で17年に放送された「過保護のカホコ」が初回から2桁をキープ(1桁は第9話のみ)したのと比べるとやや物足りない。同じ脚本家とスタッフが起用されたというが、違いはどこにあるのだろうか。

 ***

「同期のサクラ」は、初回冒頭で主人公のサクラ(高畑)が自宅でいきなりぶっ倒れる。同期入社の仲間4人が病院に駆けつけるが、彼女は重い脳挫傷で意識が戻らない。これが2019年4月1日のことで、病室で同期たちはこの10年間を振り返るというわけだ。他局プロデューサーはこう評する。

「初回では、2009年4月の入社時を描きます。第2話では入社2年目でした。このドラマは1話で1年ずつを描くという触れ込みなので、今後もそういう展開になるのでしょう。最終回では、主人公がなぜ倒れ、それ以降の病状などが描かれると思いますが、それまではすべて、共演者たちによる思い出話ということになります。それもあって、なんだか全体のイメージが暗いんですよ」

 サクラは、実家のある島と本土を繋ぐ橋を作るという夢のために大手ゼネコンに入社したが、マイペースで何ごとにも忖度せず、入社式では社長の挨拶にダメ出し。新人研修で一緒になった4人も、土日返上で彼女の夢につき合わされて、仲違い――。

「高畑演じるサクラは、対人関係は丁寧ですが、口調は事務的。基本的に無表情で、眼鏡の奥に光る目も笑っていない。『義母と娘のブルース』(TBS)で綾瀬はるか(34)が演じた義母のキャラクターを想像してもらえば分かり易いでしょう。そういうキャラですから、一般人から見て奇妙な行動に見え、コメディエンヌ的な演技もあるわけです。しかし、本人が冒頭で意識不明の状態になるということもあり、笑うに笑えない。『ぎぼむす』も過去を振り返るドラマでしたが未来を感じさせる明るさがあった。『サクラ』は視聴者に、希望を感じさせないことも難点でしょうね」

同期のサクラの楽しみ方

 設定がリアル過ぎて笑えないという声もあるという。

「第2話では営業部における超過勤務、パワハラなどが描かれるのですが、これがかなりリアルです。営業部長を演じる丸山智己(44)のパワハラ演技も見事です。それだけに会社から帰宅し、せっかく仕事の疲れから解放されて寛いでいる視聴者にとってはキツい。同じようなデジャヴ、既視感のあるドラマは、『ハケン占い師アタル』(テレ朝)でしょうね。派遣社員を演じた杉咲花(22)が、超能力で会社の難事を解決していくものでしたが、顔面アップで作る表情もよく似ています。しかも、最後に空気を読まずに『写真を撮りましょう』というあたりまで。この作品の脚本は、今回と同じ遊川和彦さんです。ただ、『サクラ』の場合、『アタル』のようにファンタジーや爽快感もないので、余計にすっきりしない。やはりドラマというものは、ファンタジーであったり、恋愛ものであったり、爆発的な爽快感、謎解き、ホラー感など、そのうちひとつはないと……つらい日常から解放されたい人が見るものですからね。このままでは『サクラ』の数字は伸び悩むかもしれません」

 遊川氏は、賛否両論のあった「女王の教室」(05年・日本テレビ)、40%を取った「家政婦のミタ」(11年・日本テレビ)など、ヒットメーカーである。それだけに『サクラ』は期待されていた作品だという。今後、テコ入れは可能なのか。

「遊川さんは、1年1話の構想があるそうですから、中々口出しもできないと思います。強いて言うなら、2話ではあまり出番のなかった、実力派の橋本愛の露出を増やすことでしょうか。もっとも、彼女も第1話でサクラにブチ切れる演技をしており、けっこう気の強い役どころ。単に彼女の出番を増やすだけでは、視聴者はますますツラくなるかも」

 ならば、別の楽しみ方はないのだろうか。

「『カホコ』には竹内涼真がいて、彼との恋バナも話題となりました。サクラの同期には、売り出し中の新田真剣祐もいますが、彼が主役となる回で、そうした恋バナ的なストーリーが出てくるのか。また、同期たちが入り浸る食堂『リクエスト』の老ママを演じている柳谷ユカさん(67)は脚本の遊川さんの実姉です。遊川作品の常連でもあり、『男はつらいよ』シリーズの常連だった谷よしのさんのように、どこに出てくるか探すのも面白いかもしれません。同じく『男はつらいよ』のオープニングの常連(江戸川岸のサイクリングの男など)だった、津嘉山正種さん(75)がサクラの祖父役で出演しています。津嘉山さんといえば、ケビン・コスナーやロバート・デ・ニーロなどの吹き替えでも有名です。声優としての声と俳優としての声を聞き比べてみるのも面白いかもしれません」

週刊新潮WEB取材班

2019年10月23日 掲載


関連記事

おすすめ情報

デイリー新潮の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る