「桜を見る会」は芸人にとってアカデミー賞、パー子の兄も参加……林家ペー師匠語る

「桜を見る会」は芸人にとってアカデミー賞、パー子の兄も参加……林家ペー師匠語る

 首相が主催する「桜を見る会」が、来年度は開催が中止されることになった。税金の無駄遣い、私的流用、公職選挙法違反……散々な言われようだが、突然の決定を残念がる声も。2015年度と今年度、2度に亘って招待された林家ペー師匠に感想を聞いてみた。

 ***

 今年度は、およそ1万8200人が新宿御苑の八重桜を楽しんだが、年々経費は増え続け、予算は毎年一律の1767万円から3700万円ほどオーバーし5519万円もかかったという。それゆえ、来年度は最初から5729万円の予算を盛り込んだら、これがかえってアダとなったようだ。

 野党から、税金の私的流用、公的行事を私物化などとツッコまれ、慌てて来年度の中止を宣言したわけだ。野党からの批判は今後も続くようだが、中止を残念がる声も上がっているという。

 それが芸能界である。ちなみに今年度、どんな顔ぶれが招待されたかと言えば、以下の通り。

 石坂浩二、五木ひろし、由紀さおり、メイプル超合金のカズレーザーと安藤なつ、桂文珍、ももいろクローバーZ、GENERATIONS from EXILE TRIBE、相川七瀬、大村崑、湯原昌幸、あべ静江、田辺靖雄、高木ブー、デーブ・スペクター夫妻、May J、トレンディエンジェルの斎藤司とたかし、加藤一二三、デヴィ夫人、バイきんぐの小峠英二と西村瑞樹、ラモス瑠偉、丸山桂里奈、IKKO、ミッツ・マングローブ、ナジャ・グランディーバ、野々村真、さかなクン、辺見えみり、山田隆夫、林家ペー・パー子夫妻、二代目林家三平親子、綾小路きみまろ、荻野目洋子、梅宮アンナ、神田うの、パックンマックン、高島礼子、市川猿之助、ピコ太郎、千原せいじ、ザ・ぼんちのぼんちおさむと里見まさと、なべおさみ・やかん親子、ケンドーコバヤシ、渡辺裕太、子役の寺田心、同じく鈴木福、谷花音、トリバゴのCMで知られるナタリー・エモンズ……彼らが芸能界で功績・功労があった方々“等”である。

 これだけでも大した数だ。政治部記者が言う。

「長期政権のなせるワザでしょう。短期政権なら、政権が変わるたびに一から人選をやり直せる。しかし、第2次安倍内閣ができたのは12年12月。桜を見る会は13年から7年連続で開催されています。その間、招待する数が増え続けているのは、一度誘ってしまったら、次の年も誘わないわけにはいかないからでしょう。地元の後援者たちだって、『あの人は誘われたのに、私はまだ』なんて声も出て来るでしょうし」

 一方で、安倍首相の芸人好きという声もある。民放関係者はこう言う。

「安倍さんはかなりの学歴コンプレックスがあるようですからね。東大出の官僚は嫌いだけど、低学歴で従順な芸能人は大好きなんて話はよく聞きます。まあ芸能人は、一緒に撮った写真をInstagramなどで公開してくれるから、親しみやすさにも繋がるという計算もあるのでしょう。昨年、招待された、ユッキーナ(木下優樹菜)とフジモン(藤本敏史)の夫婦は、安倍首相から『インスタグラムやられてるんですよね?』と話し掛けられたといいますからね。フォロワーの多い芸能人を呼んで、宣伝効果は狙っているでしょう。ただ、その人選はといえば、今年のメンツを見回しても『何で?』と思う人も結構いる。選考基準なんて、あってないようなもの。結構、いい加減なものでしょう。もっとも招待された芸能人だって、首相と一緒の写真をインスタなどに上げて、自分の好感度アップに利用するわけですから、どっちもどっちですけど」

「ペー、あんた行く?」

 安倍政権でこれまで2015年度と今年度の2回招待されたのが、林家ペー師匠である。一体、どんな感じなのか伺った。

ペー:今回はね、安倍総理に、贈り物を持っていったんですよ。安倍さんもTPP問題とか大変だったじゃないですか。だから「私からもTPPの提案があります」と言ってね、ティッシュを手渡して――。

――ひょっとして、TPP=ティッシュ“ペーパー”とか?

ペー:そうそうそう、どお? つまんない? でもね、これには後日談があってね、桜を見る会が終わってしばらくしたら、安倍さんのお付きの方から連絡があってね、「先日はありがとうございました。あのポケットティッシュは、トランプ大統領にお渡ししました」って言ってたんだけど……ホントかなあ。

――ところで、師匠はこれまで何回、桜を見る会に招待されたんでしょうか。

ペー:2回ですよ。前回も安倍さんで、4年前の2015年。あの時は日本エレキテル連合さんや8.6秒バズーカさんとか、ドーンと売れた人たちも一緒でした。爆笑問題さんもいたね。ももいろクローバーZやデーブ(スペクター)さんは常連で、今年も一緒でした。

――流行りの芸人は外さないようである。では師匠は、安倍首相となにか繋がりが?

ペー:あるわけないじゃない。芸人なんて政治に興味もないし、なんのポリシーもないもの。野球は巨人、政治は自民……くらい言うことはできるけどね。

――では、なぜ師匠にお誘いが? 一応、招待する目的には、各界での功績、功労のあった方々をねぎらうため、ということですが?

ペー:功績なんてあるわけないじゃない。ウチの根岸事務所にね、お誘いが来るわけですよ。それで「ペー、あんた行く?」って訊かれたんで、「もちろん、行きます!」と。なにしろ、アタシはミーハーだから。色んな人に会えて、一緒に写真が撮れるからね。今回は2代目の三平も行きましたし、他のお弟子さんも行ってますよ。もちろん林家だけじゃない。芸人さんの中には、毎年行ってる、なんて人もいますよ。

――参加を伝えると、何か注文があるんですか? 師匠の場合、ピンクで来てくれ、とか。

ペー:それはないね。ま、言われなくてもピンクで行くけどさ。お誘いを受けたからには、私たちなりにカラーを、まあそれがピンクだけど、それを出すのが芸人としての礼儀でしょ。

――4年前と比べて、今年は人が増えた?

ペー:増えたねえ。だってね、パー子のお兄さんまでいたんだから。

――パー子さんのお兄さんも芸人なんですか?

ペー:違うよ、赤羽で小っちゃい会社やってんだけどね。桜を見る会でバッタリ会って、ビックリしちゃった。他にも何人か知り合いがいたんですよ。そういう人たちまで呼ぶんだもの、増えるよねえ。

――来年は中止だそうですが。

ペー:寂しいねえ。ああいった晴れの席はステータスですからね。芸人にとっては、アカデミー賞みたいなもんですよ。もっとも、桜を見る会が来年、開催されるとしたって、お呼びがかかるか分からないからねえ。園遊会は無理なんだからさ……。

 やはり、芸能人にとって、「桜を見る会」に出席することは重要らしい……。

週刊新潮WEB取材班

2019年11月15日 掲載


関連記事

おすすめ情報

デイリー新潮の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る