ビートたけし「愛人」の現場介入で「橋本マナミは共演NG」に…弟子が実名告発

ビートたけし「愛人」の現場介入で「橋本マナミは共演NG」に…弟子が実名告発

弟子が実名告発! ビートたけしを幻惑する「愛人」の手練手管(1/3)

 お笑いBIG3にして、映画界では「世界のキタノ」として名を轟かせるビートたけし(72)。近年、彼は「愛人」に翻弄され、迷走しているのではないかと噂されてきた。だが、それは噂ではなかった――。たけしの運転手を務めてきた人物が、実名で真実を明かす。

 ***

 私は7月30日にたけしさんの運転手を辞めました。殿をロールス・ロイスの白いファントムに乗せて仕事現場に送迎することも、もうありません。

 そして10月23日、私は殿の愛人と言われてきた横井喜代子さん(仮名)と、殿が代表取締役を務める「T.Nゴン」を相手に、1千万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴しました。彼女によるパワハラによって、私は自律神経失調症を患ってしまったからです。

〈こう証言するのは石塚康介さん、41歳。彼は2010年1月、「殿」ことビートたけしに弟子入りし、翌年6月から今年7月までの8年間、たけしの運転手を務めてきた。つまり、石塚さんは長年、最も身近でたけしを見てきた人物と言える。もちろん彼は、たけしを尊敬していた。だが、もう殿のもとに、いや殿を操る横井氏のもとにいるのは限界だったという〉

 これまでも私以外に、スタイリストやマネージャーなど、多くの人が殿から去っていきました。みんな、横井さんと揉めたためです。しかし、誰も表立って文句は言えません。なぜなら、それを聞いた彼女が事実を捻じ曲げて殿に報告すると、悪者にされるのは我々のほうだからです。でも今回、私がこうして声をあげることで、彼女に苦しめられながらも沈黙せざるを得なかった人たちが、私に続いてくれたらなと思っています。そして世間の人に、殿を変えてしまった彼女の真実を知ってもらえれば幸いです。

〈ここ数年、たけしの「異変」が報じられ続けた。14年に18歳年下で、銀座のクラブでホステスをしていたことのある横井氏という愛人の存在が発覚。すると、次第に業界内でのたけしの評判は落ちていく。たけしは彼女に「洗脳」されている。彼女の影響でカネの話ばかりするようになった――。そして昨年4月、彼は30年超にわたって二人三脚の関係だった森昌行氏(当時「オフィス北野」社長)と訣別し、横井氏とともに設立していた「T.Nゴン」に移籍。今年6月には、糟糠の妻である幹子さんとの離婚が明らかになった。独立・移籍、離婚。いずれの背景にも、横井氏の存在があると囁かれてきた。石塚さんが「真実」を続ける。〉

「愛人にしたい女優No.1」を共演NGに

 殿が横井さんと出会ったのは、13年1月18日の殿の誕生日でした。銀座で誕生日会が開かれた後、殿が「もう一軒行きてえなあ」と言い出し、仲の良い元ラグビー日本代表の松尾雄治さんがやっている西麻布のバーに行ったら、そこに彼女が来ていたんです。すぐにふたりは意気投合したようで、以後、連日食事をともにし、神戸旅行に行ったりするようになりました。

 そして出会ってから3カ月ほどした頃には、殿は幹子さんと一緒に住んでいた外苑前の家を出て、都立大学駅近くのマンションを借り、横井さんと同棲するようになりました。殿は横井さんを「キヨゴン」「ネエチャン」と呼び、彼女は殿を「ダーリン」と呼ぶ。ふたりは自宅にお客さんがいても構わずキスしたり、ハグしたりしていました。簡単に言えば、殿は恋に落ちたんです。

〈芸能関係者によれば、「横井さんは誰もが振り向くタイプではなく、普通のおばさん」だという。〉

 殿は普段から、「今年は俺、働いたよなあ」とか「俺みたいな奴はいないだろう」と言ったりして、「褒められたがり屋」なところがあります。横井さんは、殿を褒めるのが上手かったのかもしれません。殿が「俺が本気で演劇論を始めたらネエチャン付いてこれないぞ」と言うと、横井さんは「うん、分かった、分かった。本当にそうね」と、対応したりする。

 また、殿は横井さんのことを「あのネエチャンは、靴下まではかせてくれる」と言っていたことがあります。実際、風呂場で彼女が服の袖をまくって殿の背中を流している姿を見たこともある。殿は母親のようなタイプが好みで、いい気持ちにさせてくれる横井さんと一緒にいると居心地が良かったのでしょう。

 母親のような存在だと思っているからこそ、無条件に彼女を信じてしまうのかもしれません。そして15年、殿は横井さんと一緒に「T.Nゴン」を設立するのですが、この頃から彼女は殿の仕事に口を出すようになっていきました。

 例えば16年7月3日に放送された、ドラマ「ドクターX」(テレビ朝日系)に殿が出演した時のことです。女優の橋本マナミさんとのキスシーンがあったのですが、横井さんはこれに激怒。彼女に言われて、殿はマネージャーを通じ、キスシーンを差し替えられないか交渉していました。以降は、車内などで横井さんが殿に「明日の撮影には橋本マナミが来るのか」「特番のキャストに『その他』と書いてあるが、この中に橋本マナミがいるのではないか」としつこく聞き、その度に殿は「いねえよ」と弁明させられていました。結果、橋本マナミさんとは共演NGになってしまいました。

 逆に、殿が横井さんに子どもっぽい嫉妬をすることもありました。彼女が「昔、ある歌手と食事をしたことがある」と言うと、殿は「あいつのどこがいいんだよ。奴は今、地方営業で食ってんだろ」と対抗心を見せていた。とにかく殿は、横井さんに褒められたい一心なんだなと、強く感じました。

(2)へつづく

「週刊新潮」2019年11月21日号 掲載


関連記事

おすすめ情報

デイリー新潮の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る