“日本でいちばん明るい朝番組”「ラヴィット!」(TBS・平日・8:00〜9:55)が視聴率ワースト記録を更新した。3月29日の初回2.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯:以下同)にもビックリさせられたが、放送10回目の4月9日はなんと1.1%! 3月までこの枠で放送されていた「グッとラック!」でも記録しなかった低視聴率だ。おかげで、MC川島明(42)には同情の声が上がっているという。

 ***

 念のために言っておくと、1.1%を記録した4月9日は、「マスターズゴルフ2021」の放送が8時20分まであったため、8時20分から放送がスタートした。だが、民放プロデューサーはこう言うのだ。

「この日は松山英樹(29)が日本人、いやアジア人初の優勝を果たしたマスターズ・トーナメントの初日でした。生放送で、番組終了時点で2位タイにつけており、ひょっとすると優勝するのでは、と大いに期待が高まりました。これを受けた『ラヴィット!』ですから、むしろ数字が上がってもいいはずでした。TBSの独占中継ですしね。ところが、MCの川島はマスターズには一言も触れず、そのまま番組が進行していったのには驚きというより、呆れました」

 この日のラテ欄は以下の通り。

《ラヴィット! カビ臭い加湿器&鏡ウロコ汚れを自宅(秘)アイテムで簡単解決▽ピザ職人ドミノピザをガチ採点 EXIT&スノーマン》

 確かに、これではゴルフファンは一気に離れるだろう。だが、川島を非難する声は一切なし。むしろ同情の声が上がっているという。

番組企画がひどい

「『ラヴィット』はニュースを追わず、生活情報番組にすることは開始前に発表されていたことですが、ここまで頑なだとは思いませんでしたね。視聴者も同様に感じていて、番組の内容、構成、さらに芸人ばかりの座組に批判の声が集まっているようです」

 具体的には?

「まず企画が朝の視聴者層に合わないのだと思います。しかも、他の番組でやり尽くしたようなネタばかり。演出に目新しさもなく、情報を料理するわけでもなく、垂れ流している物足りなさはある。さらに、早くも番組内で使い回しをしている感じがします」

「ラヴィット!」は毎日2時間、3つの企画を放送する。しかも、そのうちの2つの企画で前半の1時間半を費やしている。ラテ欄にはそれら2つの企画が掲載される。これまでの企画を見てみよう。

川島MCぶりに関心がいかない

3月29日(月)視聴率2.7%
●一流パティシエが教えます セブンイレブンで一番美味しいスイーツ
●丸山桂里奈スーパーの達人への道〜西友編

3月30日(火)2.1%
●超一流シェフが試食&採点 一番おいしいパスタソース
●人気モデル&デザイナーはユニクロで何買う

3月31日(水)2.2%
●超一流シェフが食べて採点 味の素冷凍食品
●矢田亜希子の浅草新名所

4月1日(木)1.8%
●超一流シェフが採点 無印良品のごはんもの
●ミシュランシェフ直伝ドレッシングの使い切りレシピ

4月2日(金)2.1%
●超一流すし職人が食べて採点 スシローで本当に美味のネタ
●ニトリ5千円以下で部屋片付け

4月5日(月)2.4%
●超一流パティシエが教えます 一番おいしいローソンスイーツ
●丸山桂里奈スーパーの達人への道〜業務スーパー編

4月6日(火)2.0%
●超一流料理人ガチ採点 一番おいしいキューピードレッシング
●人気モデル&スタイリストのGU春物コーデ

4月7日(水)1.8%
●超一流シェフが試食採点 クノールカップスープ
●矢田亜希子の北千住満喫プラン

4月8日(木)2.0%
●超一流シェフが教えます ホットプレート超簡単レシピ
●一番おいしいトップバリュ冷凍食品

 よくもまあ、毎日似たような企画を並べたものだ。

「朝から知らなきゃいけない情報ではありません。街歩きのロケものも他番組のモノマネばかりで残念です。コメンテーターも小粒で、あまり有名でない吉本芸人ばかり。この人を見たいという気にはなりません」

 番組コンセプトは、“今の暮らしが10倍楽しくなるライフアイデア発見バラエティ”だそうだが、

「今のところ、10倍楽しくなる情報はないし、ライフアイデアもいまいちピンときません。せっかく川島を起用しながらも、あまりに内容がひどいため、彼に同情が集まっているようです」

 川島といえば、4月3日から音楽番組「シブヤノオト」(NHK総合・土曜・23:10〜23:40)のMCも始めた。

「こちらは夜の番組のためか、彼の低音もしっくりきます。結局、『ラヴィット!』では川島のMCぶりにまで関心がいかないほど、番組がひどいということなのでしょう。批判の矛先が向いていない川島にとっては、不幸中の幸いかもしれません」

「グッとラック!」では低視聴率の元凶として、MCの立川志らく(57)が標的にされたが、

「志らくさんは『ひるおび』(TBS・平日・10:25〜13:55)に出演し、歯に衣着せぬ発言で人気が出ました。しかし、あの物言いにはアンチも生まれました。『グッとラック!』のMCに就任したことで、《MCなんてできっこない》《偉そうなMC》などと、さらに批判の的になったということでしょう。国山ハセンアナを進行、志らくさんをコメンテーター役にし、さらに昨年10月にはレギュラーコメンテーターを強化。ようやく丁々発止のやりとりも生まれ、番組の形が出来上がってきたところでした。今の状況を見るに、『グッとラック』のほうが全然良かったと思いますね」

 ちなみに、4月11日、松山がマスターズ優勝を決めた直後も「ラヴィット!」が放送された。この日は50分遅れの放送となったが、8時以降のマスターズを紹介すると、

●本来「ラヴィット!」が始まる8時ちょうど:松山は18番ホールのバンカーショット。
●8時5分:松山が優勝を決める。
●8時26分:グリーンジャケットセレモニー開始
●8時31分:観衆の前で、松山に優勝の証であるグリーンジャケットが着せられる。
●8時40分:中嶋常幸プロが涙声で松山に語りかける。

中嶋:英樹おめでとう、本当によかったなあ。後半苦しかったなあ。こんなに嬉しい日が来ると思わなかった。日本に帰ってきたら1度袖を通させてくれ!

 もらい泣きしたという視聴者の声も多い中、「ラヴィット!」は始まった。さすがにマスターズに触れないわけにはいかなかったようだ。

川島:おはようございます。4月12日月曜日の「ラヴィット!」MCの川島明です。よろしくお願いしま〜す。

田村真子アナ:TBSアナウンサーの田村真子です。よろしくお願いします。今朝はですね、マスターズの放送があったため、「ラヴィット!」は8時50分からの放送となります。

川島:改めまして、松山英樹さん、マスターズ優勝おめでとうございます。ま、とんでもない歴史的快挙、この余韻に浸りたいんですけれども、同じ世界一の経験をされております、ここは丸山(桂里奈)さんに一言いただきまして……。

丸山:一言?

川島:すごい快挙、同じくらいの快挙、経験してるわけですから。

丸山:そうです。あの緑のジャケットが一番似合うと思います。緑が味方してくれた松山さんだと思います。

――???なスタジオ。

川島:振った私が悪かったということで……申し訳ございませんでした。

 ここまでわずか1分、そしていつもの「ラヴィット!」に戻っていったのである。この日の内容は、

●一流パティシエが教えます 一番おいしいファミマスイーツ
●ロバート馬場 時短スイーツ

 あくまでニュースは扱わないつもりのようだ。ところが、さすがに松山優勝を受けたこの日の視聴率は、番組最高の5.6%に。川島だけが今のところホッとしている?

デイリー新潮取材班

2021年4月15日 掲載