売れっ子に死角!?

 霜降り明星と言えば、お笑い第7世代のトップランナーと評価されている。ところが最近、せいや(28)と粗品(28)の“MC能力”に疑問を投げかける声が、ネット上で拡散している。

 ***

 彼らの評価を落としている理由の1つが、4月13日からスタートしたバラエティ番組「オトラクション」(TBS系列・火・19:00)の不振だろう。

 霜降り明星は、ミュージシャンの西川貴教(50)とMCを担当。番組の公式サイトには、

《「音と魔法の王国」のキング西川と霜降り明星の音感抜群MC陣が個性豊かな助っ人を交えた「オトラクション軍」として、挑戦者たちを迎え撃ちます!》

 と熱のこもった文章が掲載されている。

 初回の2時間スペシャルは向井理(39)と川口春奈(26)、Snow Manといった人気芸能人が出演した。

 にもかかわらず、視聴率は3・7%と低迷してしまった(註:視聴率は、ビデオリサーチ調べ、関東地区、リアルタイム、世帯:以下同)。

 民放のライバルキー局で番組制作に携わる関係者は、「『大惨敗』という言葉を使ってもオーバーではない数字です」と言う。

巨額の美術費

「番組トップの責任問題に発展してもおかしくありません。ただし、『オトラクション』は2月25日にも2時間特番を放送し、視聴率は3・3%だったのです。

 あの時点で低視聴率になることは、ある程度予想されていました。とはいえ、2月の特番を制作した際、ゲームセットなど美術費に4000万円が投じられたと『女性自身』が報じています。

 巨額の予算はレギュラー化が前提だったのでしょう。そう簡単に打ち切ることはできません」(同・関係者)

 TBSにとっては、この視聴率に頭を抱えているに違いない。

「局を挙げてのイチオシ番組にしようと考えていたはずです。TBSですから第2の『関口宏の東京フレンドパークII』(1994〜2011年)を狙っていたのではないでしょうか。

 ゲームの内容を見ても、『フレンドパーク』に『マジカル頭脳パワー!!』(日本テレビ制作・1990〜99年)を足して2で割ったような印象を受けました」(同・関係者)

 霜降り明星にMCの能力があるかという疑問の前に、そもそも番組の内容に問題があるという。

キャスティングの疑問

「肝心のゲームに魅力がありません。絵を見て擬声語を答えるという『オノマトペサーキット』は、『マジカル頭脳パワー』の『マジカルバナナ』を参考にしたのだと思います。

 しりとりをゲーム化した『マヂカルヴォイス』は、『フレンドパーク』の『エアホッケー』に影響を受けているはずです。

 いずれにしても、どちらのゲームも元祖を超える面白さはありませんでした」(同・関係者)

 出演者が面白かったのなら、ゲームの欠点をカバーできたかもしれない。しかしながら、キャスティングに工夫はなかったという。

「向井理さんと川口春奈さんが出演したのはドラマの番宣。それに対するのがSnow Manとお笑い芸人の寄せ集めチームでした。

 ゲストチームの括りが面白かったり、各チームの対決感をしっかり演出できたりしていたら、もっと違ったでしょう」(同・関係者)

MCの経験

 そして、いよいよ霜降り明星だ。せいやと粗品がMCとして苦戦したのは、明確な理由があるという。

「最初から霜降り明星の2人にMCらしい立ち位置が与えられていないのです。番組の進行はナレーションが担当しています。

 更に、せいやさんは回答も担当します。西川貴教さんも同じですが、視聴者が『ちゃんとMCとして番組を回しているな』と実感できる場面がないのです」(同・関係者)

 それこそ「フレンドパーク」の場合は、関口宏(77)と渡辺正行(65)が、「マジカル頭脳パワー!!」は板東英二(81)がMCを担当していた。

 3人ともMCとして豊富な経験を持っていたからこそ、ゴールデンの番組に起用されたという経緯がある。

 一方の霜降り明星は、まだまだ若手だ。抜擢が裏目に出た感は拭えない。

「過大評価」の声も

 彼らにとって唯一の救いは、低視聴率番組のため、TwitterなどSNSでの直接的な批判が少ないことだ。

「ツイートはアイドルのSnow Manに集中しており、霜降り明星のMCについて言及したものは目立っていません。

 ところが、ここ最近『霜降り明星が面白くない』という話題がネット上で拡散しています。そうした話題を扱う掲示板やツイートを精読すると、『オトラクション』のMCに疑問を投げかけるものがあることに気づきます」(ネット担当の記者)

 霜降り明星にとって、最初に批判の対象となったのが「オトラクション」なら、さほど心配する必要はないかもしれない。

 だが彼らにとって、MCの能力に視聴者から疑問が示されたのは2回目だ。

「3月にフジテレビ系列で放送された『R-1グランプリ2021』でも、霜降り明星の2人はMCを担当していました。

 ところが、番組の進行が混乱したこともあって、2人のMCに疑問の声が殺到したのです。前例があったからこそ、『オトラクション』でも批判されたのだと思います」(前出の関係者)

今後の影響は?

 Twitterを見てみると、「R-1」の不評が流れを変えてしまった可能性がある。MCの能力に疑問を示し、「そもそも面白くなかった」、「もともと過大評価されていた」と指摘するツイートは少なくない。

「R-1グランプリ」の場合、点数が表示されないなどスタッフ側の不手際が目立った。「オトラクション」も含め、霜降り明星に直接の責任はないのかもしれない。

「今でもバラエティ番組のスタッフは、霜降り明星を評価しています。コンビのバランスに優れ、笑いの引き出しも豊富です。

 そのため、本業の漫才だけでなく、芸人とのコラボや、ひな壇トークなど、何でも対応できる器用さも特徴です。

 とはいえ、2本続けてMCの番組が低評価を受けたとなると、視聴者のイメージが悪くなるでしょう。今後の仕事に影響が出てもおかしくありません」(同・関係者)

デイリー新潮取材班

2021年4月21日 掲載