前回、コラムニストの林操氏は、今年放送されたドラマのうち、珍しくお勧めしたいものが4本もあると指摘した。今回は、その理由を解説してもらった。

 ***

アナ:非国民生活センター・TV主席研究員の林操さんと、今年に入ってからの連ドラ、つまり1〜3月期と4〜6月期のドラマには秀作が多いという話をお届けしていまして、ここからが後篇になります。いや、林さんからお勧めの連ドラが4本も上がるとは驚きでした。

林:ワタシだって驚いてます。髭男爵の2人に混じって一緒に3人で「ルネサ〜ンス!」と乾杯したいくらいだよ、ロマネ・コンティで。

アナ:1〜3月期のお勧めが、

●「俺の家の話」(TBS系・金曜夜10時〜)
●「にじいろカルテ」(テレ朝系・木曜夜9時〜)

……の2本で、4〜6月期の「これまで見てきたかぎりでは大いにお勧め」なのが、

●「大豆田とわ子と三人の元夫」(フジ系・火曜夜9時〜)
●「コントが始まる」(日テレ系・土曜夜10時〜)

……の2本でしたね。

林:そうそう。

アナ:前篇では4本ともコメディだということで話が進んできましたが、他にもこの4本には共通点があると。

若い世代にウケる作りにシフト

林:そうそう。すべて原作がなし、名のある脚本家によるオリジナルストーリーなのよ。

アナ:ああ、確かに! 「俺の家の話」の宮藤官九郎さん、「にじいろカルテ」の岡田惠和さん、「大豆田とわ子〜」の坂元裕二さん、「コントが始まる」の金子茂樹さんと、いずれもヒット作をたくさんお持ちの脚本家ですね。

林:実は過去の作品にはハズレもそれなりにあって、この人たちの作品なら何でもイイ!ってわけじゃないんだけれど、今回の4本はそれぞれに当たりだなぁと。

アナ:それぞれに?

林:たとえば、クドカンは“落語と極道”で「タイガー&ドラゴン」とか、“海女とアイドル”で「あまちゃん」とか、異物の取り合わせが巧い脚本家でしょ。で、今回の「俺の家〜」は“能とプロレス”だったから、こりゃひょっとしたらと見始めたら大当たりだった。

アナ:なるほど、異物の取り合わせですか。言われてみると、たとえば「あまちゃん」では“海女とアイドル”以外にも、“東北と東京”とか“震災と繁栄”とか“元アイドルと新人アイドル”とか、いろいろな異物の取り合わせ、対比があって、それが面白さや幅広さを生み出していましたね。

林:そうそうそうそう。「俺の家の話」でいうなら、「タイガー&ドラゴン」のときと同じ“伝統芸能&ジャニーズ”という対比もあれば、“芸と日常”“個人と家族”という対比もあって、物語が重層的なんだよね。大河ドラマの「いだてん〜東京オリムピック噺〜」では、その層の数が多すぎてついてこれず置き去りになる視聴者が多かったのがもったいなかったけれど。

アナ:残念ながら「俺の家〜」も、視聴率の面では平均9・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯。以下同様)と振るいませんでしたが。

林:ニッポンは貧乏になった、馬鹿になったという話は繰り返したくないとして、でも、TVを見る層がいろんな意味でますます衰えてるなぁ、楽したがってるなぁとは思ったね。同じ1〜3月期・同じTBSの「天国と地獄〜サイコな2人〜」のヒットを思い出すと、「俺の家〜」の数字は低すぎると思う。

アナ:「天国と地獄」は平均で15・5%でした。

林:あの作品も森下佳子がひとりでホンを担当したオリジナルもので、コメディで、“男と女”“刑事と殺人犯”という対比が盛り込まれていたから、「俺の家〜」との共通点が多くて、面白く見もしたんだけれど、「天国と地獄」にはなんだか最後まで、見てる側が子供扱い、あるいは年寄り扱いされてるような違和感があって、入り込めなかった。

アナ:男女入れ替わりという設定が古臭い、子供っぽいという指摘は出ていましたね。

林:ワタシが感じたのは、つくりが親切すぎるし、わかりやすすぎるなぁということ。「TVは流動食!」なんて喝破する田原総一朗の顔を思い浮かべながら、綾瀬はるかや高橋一生の楽しい芝居を眺めるのは、違和感あってさ。

アナ:スポンサーが番組を評価する軸が世帯視聴率から個人視聴率へと急速に切り替わりつつあって、制作側も若い世代にウケる番組づくりにシフトしている……そういう話をよく聞きますが……。

林:同じアーモンドでも粒をカリカリ噛むのと、アーモンドミルクをゴクゴク飲むのとじゃ大違いだけれど、面白いのは年寄りの方がアーモンドは粒で食べるし、アーモンドミルクをよく飲むのは若い連中……みたいな話かな。

脚本家の名では数字はとれない

アナ:「俺の家の話」は平均視聴率が10%に届きませんでしたが、前四半期のお勧めのもう1本、「にじいろカルテ」の方は11・0%と、まずまずの評価になりました。一方、今四半期で注目の2本の方は、「大豆田とわ子と三人の元夫」が第2話までの平均で7・2%、「コントが始まる」が同じく2話までで平均8・8%と、今のところロケット・スタートとはなっていまいせんね。

林:脚本家の名前じゃ数字が取れないとギョーカイの皆様が何年も前から嘆き続けるなかで橋田壽賀子が亡くなったのは象徴的だなぁと感じていたところなので、数字の話をされるとワタシも嘆かざるをえませんが、まず「大豆田〜」は、いろいろな意味で、というより、ほぼあらゆる意味で、異色作であり意欲作であり実験作なので、噛みごたえは凄いね。

アナ:元夫が3人いて、今でも全員とつながりがあるという奇抜な設定や、ナレーションの多用などの奇抜な演出は、確かに実験的です。

林:だから、コケるかアタるかのどちらかになるでしょう。そもそもTBSの「カルテット」(17年)を当てた脚本家に加えて、主演の松たか子までをセットで他局が引っ張ってくる、しかもそれがフジじゃなく関テレ(関西テレビ)というだけでも、もう事故とかスキャンダルとかのレベルでフツーじゃない。

アナ:その点、私も最初に聞いたとき、びっくりしました。

林:♪傑作を数えたら片手でも余る〜と、ばんばひろふみに唄ってほしいくらいの関テレ・火9ドラマ枠に「カルテット」一座が登場ってのは、昭和の高度成長期、もうすぐダムの底に沈むような寒村の小学校の分校のおんぼろ講堂に、バッタもんの美空ひぱりじゃなくモノホンの美空ひばりがやってくるくらいの奇跡だからね。

アナ:そこまで言いますか……

林:このさき何が飛び出すか、半分怖いもの見たさもあって見逃せないし、何も飛び出さなかったとしてもそれまた、個人的にはニュースなので見逃せません。「大豆田〜」は、2カ月強の間だけ観察できるレアな大自然のショーなので、視聴率とか世評とか、そういうのとは関係なしに、ただ見てほしいのよ。もちろん、噛みごたえは大ありだけれど。

アナ:もう1本、4〜6月期の要注目作品という日テレ系「コントが始まる」についてはいかがでしょう?

林:「大豆田〜」の話で疲れたから、こっちはあっさり語らせてもらうと、「これもまた頭でっかちなドラマで面白いよ」って一言になるかね。いや、最近コンビニやスーパーで売ってる商品でやたら長いキャッコピーのついてるのがあるでしょ、アレ式に言うなら、「濃いホン屋、濃い役者を集めて、最近のニッポンの民放の連ドラっぽくないニッポンの民放の連ドラをつくってみました」。

アナ:あはははは。菅田将暉さん、仲野太賀さん、神木隆之介さん、中村倫也さん、伊武雅刀さん、有村架純さん、明日海りおさん、確かに出演者が濃い顔ぶれですし、脚本の金子茂樹さんは同じ日テレ系土曜ドラマ枠で担当した「俺の話は長い」(19年)で向田邦子賞を受賞されています。あ、あのドラマは林さんも珍しく激賞されていましたね。

林:「コントが始まる」は一方で、演者の顔ぶれの背景にデッカい芸能事務所の影が見え隠れしてたり、主題歌がいかにもなあいみょんだったりと、やっぱりニッポンの民放の連ドラですっていう外枠がないわけじゃないとして、でも、中身の噛みごたえという意味では久々の快作ですよ。

アナ:いや、それは本当にそうですね。昔、演劇を志していた友人が初回を見て泣いたと言っていました。

林:いい話すぎて番宣臭いけれど、まぁ、そういうパワーのあるドラマなのは確かだよね。ま、昔、東大志望だった知り合いも「ドラゴン桜」の新作(TBS系・日曜夜9時〜)を見て泣いたって言ってたけどね。

アナ:「ドラゴン桜」、林さんお好みの阿部寛さんが主演じゃないですか。

林:うん、だから楽しく見てますよ。おかしなことに知り合いの子供だ孫だの小学生、中学生が面白がり始めてる様子だから、ひょっとすると「今日から俺は!!」(18年)みたいなヒットになるかも。ま、流動食か流動食じゃないかの2つに分ければ、流動食の方に入るドラマだけれど、ずいぶん濃い流動食だよね。昭和の時代のマックシェイクみたいに、最後までちゃんと飲むと首の両脇の唾液腺のあたりが痛くなるくらい濃い。

アナ:何の話かわからなくなってきましたが、お時間です。今回はこのあたりで失礼します。

林:ああ、ビッグマック喰いたい。

【了】

林操(はやし・みさお)
コラムニスト。1999〜2009年に「新潮45」で、2000年から「週刊新潮」で、テレビ評「見ずにすませるワイドショー」を連載。テレビの凋落や芸能界の実態についての認知度上昇により使命は果たしたとしてセミリタイア中。

デイリー新潮取材班編集

2021年5月6日 掲載