5月14日、NHKの朝ドラ「おちょやん」が最終回を迎えた。最初から最後まで、杉咲花の熱演が光った。だが、初回から視聴率は18・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯:以下同)と低調で、ついに最終回前日まで20%を超えることはなかった。つまり番組平均20%以下という不名誉な記録を作ったことになる。なぜ、数字を取ることができなかったのか。

 ***

 このままでは、「おちょやん」の番組平均視聴率は17%台になりそうだ。直近の朝ドラで平均17%台だったのは、12年に放送された「純と愛」(主演・夏菜)以来のことになる。

「おちょやん」最終回も20%を超えなかった場合、09年の「つばさ」(主演・多部未華子)以来、一度も20%超えなしの朝ドラとなる。民放プロデューサーは言う。

「ヒロイン杉咲花の地元大阪人も舌を巻く完璧な浪花弁、そして表現力。脚本は『半沢直樹』、『下町ロケット』、『陸王』(いずれもTBS)とヒット作を連発した八津弘幸さんですから、悪かろうはずがない。実際、ストリーも面白く、朝ドラ史に残る良作と言っていいと思います。共演にもトータス松本、首相の孫・宮澤エマ、ほっしゃん(星田英利)、板尾創路、塚地武雅と個性的な配役も話題になりましたしね」

 いい材料は揃っていたのだ。

舞台が舞台という禁じ手

「材料をうまく活かしきれなかったということでしょう。塚地もいい芝居をしていましたが、出てきたのが後半になってからで遅すぎた。最終回は、女優に復帰した千代の“道頓堀の舞台”が舞台でした。杉咲と元夫の成田凌に、芝居の台詞を言わせる形で心情を語らせるという、よく練られた脚本です。ただし、『おちょやん』は初回も舞台で始まりました。モデルが喜劇女優の浪花千栄子だから、ある程度は仕方ないとはいえ、番組全般を通して舞台を映すことが多すぎましたね」

 そういえば初回は、舞台上から顔見せ的な始まり方だった。いきなりのドタバタに、シラケたという声もあった。

「客席から生で見る舞台と違って、テレビ画面に映った舞台は、絵面が二次元になってしまい、動きが平面になりがちなんです。だから視聴者は、感情移入ができなくなる。テレビでは舞台をそのまま映すのは、禁じ手と言われるほど。やっぱりテレビは飛んで跳ねて、笑って泣いて、絵面のダイナミズムが大事なんです」

 低視聴率の要因は他にもあるという。

時代かぶりが続きすぎ

「色味もよくなかった。白黒テレビの時代ならいざ知らず、カラーテレビ、いまや4Kも当たり前という時代になっているのに、カラフルでありませんでした。初回は舞台から一転して、河内長野の薄汚い鶏小屋からストーリーが始まりました。中盤も砂埃舞う道頓堀。終盤はNHK大阪放送局のラジオブースと舞台ばかりで、どこも茶色っぽかった。『なつぞら』(主演・広瀬すず)もアニメを描くシーンが多かったですが、それを補うように北海道の清々しい原野があった。『エール』(主演・窪田正孝)にも安達太良山を望む美しい福島の風景がありました。テレビ画面の楽しさ、朝番組の安らぎというものを、『おちょやん』は敢えて拒否したのではないかと思うほどでした」

 前作との時代かぶりもよくなかったという。

「モデルの浪花千栄子は1907年生まれで、73年に亡くなっています。前作『エール』の古関裕而は1909年〜1989年ですから、ほぼ同じ。時代背景は昭和初期の戦前から、戦中の物資不足、終戦の玉音放送、戦後の闇市と一緒にならざるを得ませんでした。しかも、古関の場合は夏の甲子園の大会歌『栄冠は君に輝く』ほか巨人、阪神の応援歌など現代人も知っているシンパシーがありました。ところが、浪花の場合、いくら“大阪のお母さん”と親しまれたと言っても、彼女を知る世代は70代後半でしょう。しかも『エール』は急死した志村けんさんや、柴咲コウさんの美声といった度肝を抜くキャスティングもありました。それに比べると『おちょやん』は一段落ちると言わざるを得ません」

 さらに、最近の時代かぶりも影響があると指摘する。

「『エール』の前の『スカーレット』(主演・戸田恵梨香)の神山清子(1936〜)、『なつぞら』(主演・広瀬すず)の奥山玲子(1936〜2007)、『まんぷく』(主演・安藤サクラ)の安藤百福(1910〜2007)と、いずれもモデルとなったのは戦前生まれ。5作連続で、戦前から戦後にかけての同時代を見せられ続けていることになる。これでは視聴者も飽きてしまいますよ」

 とはいえ、朝ドラってそんなものではなかったか。

「『半分、青い。』(主演・永野芽郁)は北川悦吏子のオリジナル脚本で、時代背景はバブル期、モデルは自分自身と言ってよかった。『あさが来た』(主演・波瑠)の広岡浅子(1849〜1919)は、戦前の話でした。また、『あまちゃん』(主演・能年玲奈[のん])で描かれたのは東日本大震災を含む現代でした」

 なんで同じ時代ばかり描いているのだろう。

「ご存知のように朝ドラは、前期がAK(東京)、後期がBK(大阪)の制作で交代交代にしています。ライバル心も強いですが、そのためか意思疎通もない。棲み分けができていないということでしょう」

デイリー新潮取材班

2021年5月15日 掲載