6月6日に放送された、女優の広瀬すず(22)と嵐の櫻井翔(39)がW主演する日本テレビ系ドラマ「ネメシス」の第9話の世帯平均視聴率は7.9%(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ***

 同ドラマは、探偵事務所「ネメシス」を舞台に、櫻井演じる〝ポンコツ〟な自称天才探偵・風真尚希が、広瀬演じる無鉄砲だが天才的なひらめきを誇る助手・美神アンナの助けを借りて難事件を解決していく1話完結の物語だ。

 事件を解決するうちに、次第に、突然姿を消したアンナの父をめぐる謎が明らかになり、いよいよ13日に最終回を迎える。

「劇中のトリックは推理作家らが監修する力の入れようです。総監督は09年公開の『SR サイタマノラッパー』で一躍脚光を浴びた入江悠さんがつとめ、毎回、豪華キャストが扮する強力な助っ人たちも見どころとの触れ込みでした。櫻井は今作が嵐の活動休止後初の連ドラ主演ですし、広瀬も2019年のNHK連続テレビ小説『なつぞら』以来の連ドラ主演でした。2人は、18年のNHK『紅白歌合戦』での司会、同年公開の映画『ラプラスの魔女』での共演以来、今回が3度目のタッグです。双方にとって、なかなか大事な作品のはずでしたが……」(芸能記者)

 視聴率は初回こそ、11.4%で2ケタを記録したものの、第2話以降は、徐々に落ち込み、第5話から第8話までは7%台と低迷したままだ。

「私はミステリーが好きなので、推理作家たちがどんなおもしろいトリックを仕掛けるかと楽しみにしていたんですが、どこか既視感のあるようなものばかりです。期待を裏切られてしまったので、序盤で離脱してしまいました。ミステリー作品のファンには、正直言って、期待外れの作品でしょう」(放送担当記者)

広瀬の見せ場が増えたワケ

 本来、芸能界でのキャリアも格も明らかに櫻井の方が上である。しかし、なぜか番組のクレジットは広瀬の方が先に登場する。

「実をいうと、ドラマの企画・プロデューサーをつとめる同局の北島直明氏は櫻井の慶大の同級生で、嵐のNetflixのドキュメント番組にも出演するなど気心の知れた仲なんです。一方、広瀬は『ネメシス』同様、北島氏が企画・プロデュースを手掛けた映画『ちはやふる』シリーズで主演をつとめるなど、〝北島チルドレン〟とも言える存在なんです。広瀬が舞台あいさつで号泣していたら、北島氏も泣いていたというエピソードもあるほどです。

 どうやら北島氏と櫻井が話し合った結果、広瀬の可愛い演技を前面に押し出そう、ということになったようです。そのため、櫻井が披露する事件の推理を広瀬がこっそり〝指示〟し、謎の格闘技で大立ち回りを演じるなど彼女の見せ場が圧倒的に多くなってしまった。これでは、櫻井のファンはチャンネルを変えてしまいますよ」(日テレ関係者)

 櫻井の出番が減った理由は他にもある。

「第3話から、アンナに近づく理工学部4年で建築を勉強する女子大生で数学の天才・朋美役で橋本環奈(22)が登場しました。第8話では、アンナの父をめぐる謎に深くかかわっていることが判明した。実は、彼女も北島氏がプロデュースを手掛けヒットした映画『キングダム』に出演するなど〝北島チルドレン〟の1人なんです。民放キー局の主演ドラマでの〝実績〟はないに等しいのに、彼女が登場してから、櫻井が登場する場面が減ってしまった。『ネメシス』は映画化を見込んでの放送でしたが、この流れからして、今度は広瀬と橋本のW主演になるかもしれないと言われているほどです」(同)

 同枠の前作で竹内涼真(28)主演の「君と世界が終わる日に」は、地上波の視聴率が振るわず、season2はHuluでの配信のみとなっている。

 この調子では、「ネメシス」も映画化どころか、「君と〜」と同じ道をたどることになるのかもしれない、と囁かれ始めた。

デイリー新潮取材班

2021年6月13日 掲載