3児の母ながら抜群のプロポーションを保ち、いまだグラビア界から引く手あまたのタレント・熊田曜子(39)。だが、“あの夜”を境に彼女の人生は一変した。果たして、セレブ婚のウラで夫婦に何が起きたのか。DV容疑で逮捕された夫が初激白する事件の真相――。

 ***

「あの晩のことはいまも鮮明に覚えています。自宅マンションのインターフォンが鳴ったのは深夜1時過ぎ。何事かと思ってドアを開けた瞬間、6〜7人の警察官に取り囲まれました。彼らは“高輪警察署の者です。奥さんに暴力を振るいましたか?”と。動転した私が“ちょっと手が当たってしまったかもしれませんが……”と答えたところ、その場でいきなり手錠を掛けられたのです。物音で目覚めてしまったのか、連行される私の背後から子どもたちの泣き声が聞こえてきました。その時、“妻”の姿だけがありませんでした」

 本誌(「週刊新潮」)の取材に重い口を開いたのは、医療系ベンチャー企業を経営する、熊田曜子の夫(38)である。

 夫妻は2012年4月に入籍し、まもなく長女を儲ける。さらに、15年には次女が、18年に3女が誕生し、熊田は3姉妹を育てるママタレとしても活躍の場を広げていた。だが、5月18日深夜、熊田本人の110番通報によって夫が逮捕され、彼女の家族は目下、騒動の渦中にある。

 夫は逮捕2日後に釈放されたが、妻は時を置かず声明文を発表。曰く、

〈私が夫から暴行を受けたこと,身の危険を感じた私が警察に連絡したこと,駆けつけて下さった警察官に夫が逮捕されたこと,私がこの件について被害届を提出したことなどはすべて事実です〉〈夫と離婚することを決意し弁護士さんに離婚手続きを委任することとなりました〉

 夫からの度重なるDVで精神的に追い詰められ、ついに離婚を決意し、シングルマザーとして生きていく覚悟を固めた――。

 彼女の言葉から垣間見えるのは、そんな悲壮な思いであろう。

 とはいえ、家庭内での揉めごとは当事者しか真相を知り得ない。そこで、もう一方の“当事者”である夫に尋ねると、

「結果的に警察沙汰を招いたわけですから、私にも反省すべき点はあると感じています。妻と口論するなかで“ふざけんなよ!”などと声を荒らげてしまったことは事実。そこは申し訳なく思います。ただ、私が日常的にDVを繰り返していたなんてことはありません。それは誰よりも妻自身が分かっているはずです」

 それでは、なぜ愛する子どもたちに囲まれた家庭で、逮捕劇に繋がるような諍いが起きたのか。これまで熊田の口からしか語られてこなかった家族の実像について、夫はこう打ち明けるのだった。

ハートマーク

 熊田と夫との出逢いは2011年に遡る。

「きっかけはお互いの友人からの紹介です。当時、30代を目前に控えていた妻は結婚相手を探しており、彼女の友だちが僕の知人に声をかけて会食をセッティングしてくれました。彼女に初めて出会ったのは3月10日。東日本大震災が起こる前日のことでした」

 初対面から意気投合したふたりはその1カ月後に交際をスタートさせる。

「芸能人とお忍びで付き合っているという感覚はなかったですね。『フライデー』に写真を撮られたこともありましたが、彼女の意向で結婚を前提に交際を始めたので問題なかった。12年に入籍し、ハワイのヒルトンホテルで挙式しています」

 結婚後、熊田は夫だけでなく、義理の実家とも良好な関係を築いていた。彼女のブログには、〈昨夜はお姑さんのお誕生日ディナーでした。/私がお仕事の時に娘達を預かって頂いたり 娘達を色んなところに連れて行ってくれたり 私が具合が悪くなった時も/駆けつけて下さったり/本当にお世話になりっぱなしです〉(17年4月3日)といった言葉が綴られている。

 ところが、19年頃から、彼女のSNSに夫への愚痴が散見されるようになる。

〈朝起きて一番にする家事が一口も食べてもらえなかったご飯の処理。食べるって言ったのに。このパターンもう100回は経験してるけどかなりのダメージ〉

 さらに、かつて円満ぶりをアピールしていた義母への不満も漏らすように。

〈明日一緒に夕食を食べましょうというお姑さんからのお誘い。予定が入ってるし義家族と会う約束は別日にあるからお断りしたらめっちゃ怒られた〉

 熊田の投稿について、夫は次のように語る。

「仕事が忙しい時期に自宅でご飯を食べられないことはありましたが、食事を100回も捨てさせたというのは明らかに言い過ぎです。ただ、妻はママタレとしてバラエティ番組に出演するので話題作りが必要なのだろうと考え、SNSの内容を咎めたりはしませんでした。嫁姑関係にも問題はなかったと思います。妻が仕事で不在の時は、近くに住む私の親が、子どもたちを学校や幼稚園から連れて帰り、宿題や食事の世話をしていました。何しろ、“事件”の3日前も、私の実家で妻の誕生パーティーを開いているくらいです。私は仕事で欠席したものの、妻が欲しがっていた英国のブランド『HUNTER』のレインシューズを買って、サプライズで渡すよう娘たちに託しました。私を“モラハラ夫”扱いする報道も目にしますが、そんなことはないんです。子どもができてからも、グラビア活動を含め、彼女の仕事を制限させるようなことは一切ありませんでした」

 だが一方で、夫は今年に入ってから妻の挙動に不信感を抱いていたという。

「深夜まで電話をしていたかと思えば、私が帰宅した瞬間に電話を切って部屋に閉じこもることも。これまでそんな素振りは全く見せなかったので“怪しいな”と。そして、4月上旬のこと。洗面所に置かれていた妻のスケジュール帳が目に留まりました。何の気なしにページをめくると、彼女がある番組に出演する日付にハートマークが書き込まれていた。そこには番組のプロデューサーの名前も……。テレビ業界にいる知人を通じて確認したところ、そのプロデューサーと妻との関係が疑われていることを知りました」

「マジ手が震えたもん」

 10年間連れ添った妻への疑念は深まり、とうとう夫は彼女を問い質した。

「“何か隠し事をしていないか”“テレビ局のプロデューサーと会ってるんじゃないか”と実名を挙げて尋ねました。妻から返ってきたのは“よく分からない”“番組の担当だったと思うけど会ったことはない”といった曖昧な答えばかり。どうしても納得ができなかった私は翌日、以前に使っていたスマホをリビングに置いて、不在時の自宅の様子を録音しました」

 思い詰めた末の行動。その“録音テープ”には、熊田が知人に電話で相談する音声が収められていた。

〈もうマジ手が震えたもん。あの日って言われた時に、「ちょっと向こうにスケジュールがある、持ってくるわ」って言ってさ。手帳をめくる手が震えるもん。ヤッバと思って! しかも、プロやん、プロと思って〉

 夫からスケジュール帳のハートマークを問い詰められたことに動揺を隠せなかったのだろう。彼女が口にした“プロ”は、問題の“プロデューサー”を指しているのだろうか。

 なおも音声は続く。

〈ホテルがあるとこの中のご飯屋さんに行ったんよね。もしかしたら、そこで目撃されたで、そういうふうに言ったのかもしれんねってプロは言っとって。ちょっと今後、それも気をつけよう、みたいな〉〈プロが頼もしいと思ったのが、絶対に2ショットは撮られてないて。全部、別々で入っとるけ、大丈夫みたいな。主人の言い方からしても、確実な証拠は絶対掴んでないって。アッハ! 頼もしい。プロですねー、と思った〉

 録音データに登場する「絶対に2ショットは撮られてない」、「別々で入ってるから大丈夫」、「夫は確実な証拠は掴んでない」といった発言を耳にして、妻を持つ男の頭に浮かぶ言葉はひとつしかない。それは“不倫”の2文字である。

 無論、熊田の夫も同じことを考えていた。しかも、録音テープとは別に、疑惑が確信に変わった決定的証拠があるという。

「それは4月7日に、妻が最近プロデュースした有名ブランドのママバッグに大人のおもちゃを入れて外出していたのを知ったからです。どうしてこんな物があるのか妻に聞くと、“自分で使っているだけ”の一点張り。しかし、明らかに私以外の男性との営みに使った形跡が確認できました。そんな証拠が出てきたことで、私が妻の浮気は勘違いだと思い込もうとする理由が無くなってしまった。それ以降、妻とは何度となく話をしようとしました。何よりも子どもたちを傷つけてはいけない、早くケリをつけなければ、という心境でした。さらに言えば、妻が過ちを認め、男性関係を清算してくれればそれで構わないとすら考えていた。しかし、彼女は話し合いを避け、満足な返答もありませんでした。そこで、5月17日の晩に、改めて自宅で話し合うことにしたのです」

 だが、その場でもお互いの言い分はすれ違った。その後、夫は頭を冷やすため2時間ほど外に出たが、22時過ぎに妻から“ゆっくり話せるよ”とLINEで連絡が入る。帰宅した夫は、布団に入って上半身だけを起こした状態の熊田とやり取りを続けた。

「私が何を問いかけても、彼女は“あなたは誰かに騙されてる”とか“周りに洗脳されてるんじゃないの”と言って埒が明かない。私は話し合いを避けて誤魔化して寝ようとする彼女の布団をバッと撥ねのけたんです。その時、私の手が妻の頬に当たったのだと思います。すでに時計の針は0時を回っていました」

 夫は一旦、自分の部屋に戻ったという。まもなく、彼は自宅から妻の気配が消えたことに気がついた。そして、深夜1時過ぎ、インターフォンが鳴り、冒頭の逮捕劇に至ったのである。

熊田も音声を録音

 熊田の夫が続ける。

「妻は、私から執拗にDVを受けていたと主張したいのでしょうが、一切事実ではありません。私と彼女のLINEのやり取りを見てもらえれば、夫婦関係に問題がなかったことは明らかです。私はこれまで子どもたちの今後を考えて沈黙を守ってきました。しかし、妻側があまりにも一方的な主張を展開してくるので、これ以上は黙ってやり過ごせないと感じたのです。妻に伝えたいのは“本当に残念だ”のひと言。私にとっても、子どもたちにとっても、妻自身にとっても、好ましくない方向に事態が進んでいるように思えてなりません」

 本誌は夫が語った“事件”の背景について確認すべく、熊田本人を直撃した。しかし、彼女は質問には一切答えず、ただスマホのカメラを記者に向けて撮影するのみだった。

 他方、熊田の代理人弁護士からは次のような回答が届いた。

 そこでは、夫側が主張する〈「布団をまくった手が熊田の頬にあたっただけ」という点がすでに事実ではありません〉と言い切っている。

 さらに〈本件暴行事件の様子を録音した録音データがあり〉、夫が〈「ぶっ殺すぞ」と言いながら一方的に熊田を殴打する音,熊田が「痛い痛い」と泣き叫ぶ音声が録音されています。診断書には「眼球打撲,結膜下出血」と記載されており,傷害事件として取り扱われております〉。

 奇しくも夫と同様に熊田も、隠し録りした“録音データ”を証拠として持ち出したのである。

 加えて〈熊田の不倫関係については全くの事実無根です〉と断言する。

 これに対して夫は、

「声を荒らげたことは認めますが、故意に妻を殴って大ケガをさせた事実はありません。妻は“事件”の翌日に自分のYouTubeチャンネルを更新し、2日後には情報番組に生出演しています。録音機材に音が残るほど激しく顔面を殴打されたのなら、それどころではないはずです。そもそも、なぜあの晩だけ音声を隠し録りしたのかも疑問で、むしろ、計画的に私を陥れようとしたのではないかと勘繰ってしまいます」

 夫は釈放されたものの、被害届が取り下げられたわけではなく、現在も妻子と接触できない状態にある。

「5月20日の晩に勾留されていた高輪署を出て、返還されたスマホを見ると、“いま何してるの?”という長女からのメッセージが届いていたんです。つい最近、買い与えたばかりだったのですが、私のことを心配してくれたのだと思い、涙が込み上げてきました。まだ離婚協議も始まっていませんが、子どもたちだけは守ってあげたい。私は、彼女に子どもたちを育てられるとは到底思えません。まずは何よりも、胸を張って子どもたちと再会できるよう、真実を明らかにしていきたいと考えています」

 諍いの果てに暴かれるのは妻と夫、どちらの嘘か。

「週刊新潮」2021年6月17日号 掲載