6月14日、フジテレビの月9「イチケイのカラス」(主演・竹野内豊)最終回が放送された。視聴率は13・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)と、初回に並ぶ最高視聴率を上げた。平均視聴率12・6%は、前作「監察医 朝顔」第2シリーズ(平均11・5%)に続く2桁超えだ。業界では、月9が勢いを取り戻しつつあるという声が多い。攻めの編成が見て取れるというのだ。

 ***

 事件解決ものとはいえ、刑事でも検事でも弁護士でもない、東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称イチケイ)を舞台にした「イチケイのカラス」は、1度も2桁を割ることなく、最終回を迎えた。最終回で主人公の入間みちお(竹野内)は、解任される寸前までいったものの熊本に異動ということに……。

 ネットには早くも続編を希望する声が溢れているが、その余韻に浸る間もなく、翌週21日から、今度は「ナイト・ドクター」(主演・波瑠)がスタートする。連ドラが終われば、特番などを挟みつつ、2〜3週空けてから次のドラマをスタートさせるのが通例だが……。民放プロデューサーは言う。

自在な“話数”

「『ナイト・ドクター』は7月ドラマにカウントされていますからね。それを6月第3週に、前作から間髪入れずにスタートするのは異例と言っていいでしょう」

 東京五輪(7月23日[開会式]〜8月8日[閉会式])を見据えた編成なのだろうか。

「他の連ドラは、例年通り7月に入ってからスタートします。『イチケイ』が終わる前に、来年1月スタートの月9『ミステリと言う勿れ』(主演・菅田将暉)の情報解禁もしました。まだ半年も先の話なのにね。最近の月9は、攻めた編成方針をいくつも実践していると思います」

 第1に挙げられるのが、臨機応変な「話数」だという。

「最近はドラマによって話数を変えています。具体的には前々作の『SUITS/スーツ2』はコロナ禍の中断が入りましたが全15話、前作『朝顔』は全19話も放送しました。月9は1クール11話が基本ですが、人気があればそれに囚われない。発想が柔軟です」

 両作品とも第2シリーズだった。

シリーズ化とマンガ原作

「2つ目はシリーズ化です。最初のシリーズが人気だったからと言って、次のシリーズで2クールにわたって放送するのは勇気がいります。なにより、これまで月9でシリーズ化した作品は少ない。木村拓哉の『HERO』や福山雅治の『ガリレオ』以外、月9で始まったドラマがシリーズ化したものはほとんどない。ところが、次々作の『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』(主演・窪田正孝)も第2シリーズだし、このところシリーズ化を増やしています」

 なぜシリーズ化を増やそうとしているのだろう。

「近年では、テレビ朝日が『相棒』や『科捜研の女』、『ドクターX』、『緊急取調室』などをシリーズ化して高視聴率を獲得していますが、これらは他局にとっては脅威であり、羨ましいかぎりです。1から新しいものを作り出すより、かなり楽ですからね。それをフジは狙っている。だからこそ、作品選びも変えてきました」

 作品選びが第3の攻めという。

「シリーズ化しやすいのは、オリジナル脚本ではなく、原作ものです。オリジナル脚本は新作を書いてもらわなければなりませんが、原作ものであれば、すでに続編はいくらでもできています。これは出演する俳優たちにとっても心強いはずです。3カ月で終了ではなく、人気が出ればパート2が約束されているのですから、モチベーションも上がります。中でも、最近の月9はマンガ原作が増えています。『朝顔』も『イチケイ』もそうでした。次の『ナイト・ドクター』はオリジナル脚本ですが、その次の『ラジエーションハウスII』も、その次の『ミステリと言う勿れ』もマンガが原作です」

 マンガ原作というと安易な気もするが……。

「昨今のマンガブームが根底にあることはもちろんですが、それでもこれまでドラマ化されてこなかった業種を選んでいます。『朝顔』は監察医、『イチケイ』は刑事裁判官、『ラジエーションハウス』は放射線科医と言った具合です。『ナイト・ドクター』も夜間救急専門医で、これまでメインとは言われなかった職種に光を当てようとしています。前例がないだけに簡単に映像化できるものではありません。まさに月9は攻めています」

 とはいえ、来年1月からの『ミステリと言う勿れ』は、すでに撮影がほとんど終わろうとしていると主演の菅田本人が「菅田将暉のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で言っていた。

菅田:何がヤバイって、もう、ほぼ撮り終わってるという……言って大丈夫やね。もう俺も何もできないんですよ……。(理由は)CGがバキバキやから? 違うよ。アバターみたいなことじゃなくて。CGバキバキやから早撮りなわけじゃなくて、いろいろあって、もう先に撮っている。

「来年のNHK大河『鎌倉殿の13人』(主演・小栗旬)に源義経役で菅田が出演することもあって撮影スケジュールを早めたのでしょう。しかし、だからといって、半年も前に発表しなくてもいいはずです。人気の菅田を初めて月9の主演に迎え、月9人気は衰えていないことを業界内にアピールしているのだと思います。やはり月9が勢いに乗っている証拠ですよ。聞くところでは『イチケイ』も、来年か再来年には第2シリーズが放送される方向で話が進んでいるそうです」

デイリー新潮取材班

2021年6月21日 掲載