7月29日、元AKB48で女優の大島優子(32)と俳優の林遣都(30)が結婚することが発表された。これまで一度も交際が報じられなかった2人、極秘に愛を育んできたわけだ。そこには、AKBでは“神7”と持て囃されつつも、意外にも地味な彼女の性格が幸いしたと囁かれている。

 ***

 AKB時代、“不動のセンター”“絶対的エース”と呼ばれたのは前田敦子(30)。しかし、彼女を唯一、総選挙で破ったことがあるのが大島だ。民放プロデューサーは言う。

「大島は“神7”の1人であることはもちろん、総選挙では2度、1位を獲得しています。しかし、どういうわけかトップのイメージが薄いんです。デビュー当時から知っていますが、普段から地味で大人しい。特筆するような強烈な印象、エピソードに欠けるんです」

 デイリー新潮は、「前田敦子が太田プロを辞めた“重大な意味” ドラマとバラエティで早くも見せた変化に仰天」(21年5月30日配信)で、AKB時代の前田が“孤独な女王”だったことを報じているが、それとは違うのだろうか。

不動の2番手?

「たとえ孤独であっても、前田のような女王らしさは、彼女にはありません。メンバーたちの口から、彼女についての話題が上がることは少ない。“神7”の1人として尊敬はされていても、篠田麻里子や小嶋陽菜とは違い、彼女を信奉するようなメンバーも聞いたことがありません。大島はAKBに加入したのも、“神7”では花の1期ではなく2期ですし、総選挙で1位になったのも第2回と、2番手が多い。AKB初期の頃は実家の栃木から電車で通っていましたし、何か遠慮があるのかもしれません。AKBの17枚目のシングルで初センターを取った『ヘビーローテーション』で見せた弾けるような笑顔は、本番以外のOFFでは見た記憶がない。逆に言えば、ONとOFFがハッキリしているとも言えます。与えられた仕事は、きっちりこなす子ですからね」

 なぜ、そんな使い分けができるのだろう。

「子役出身ということもあるかもしれません。彼女は7歳から子役で活動していましたからね。だからこそAKB卒業後は、女優の道を選んだのでしょう。もっとも、歌手としての才能を自分でも見限っていたのかもしれませんけど」

 女優の道を選び、結果的には共演をきっかけに林遣都と結婚したのだ。2人はともに19年後期の朝ドラ『スカーレット』で、ヒロインの戸田恵梨香の幼なじみを演じた。約1年の交際を経てゴールインしたと報じられている。

初共演は9年前

「もっとも2人の共演は、これが初めてではなかった。初共演は9年前の12年に公開された映画『闇金ウシジマくん』(スターダストピクチャーズ/主演:山田孝之)です。この時も2人が演じたのは幼なじみで、彼女が演じたのは、高校卒業後に就職も進学もせず、その日暮らしの地味な女性役でした。まだAKB在籍中で脇役だったものの、母の借金を返すために“出会いカフェ”で稼ぐ姿は、存在感がありました」

 当時、新聞で担当プロデューサーは、こう評価している。

《「楽に稼げるようになると人間はダメになる。その危うい境界線を優子ちゃんが上手く演じてくれた。AKB48のオーラを消し、力を抜いて」》(「大阪日日新聞」12年8月20日付)

「まるで、OFFの時の彼女みたいでしたね。一方、林が演じたのは、イベントサークル代表でビッグになってやろうというイケイケのチャラ男。彼のイメージとはだいぶ違うような気がしますが、思い切りはっちゃけた演技は見応えがありました」

 最終的にはウシジマくんに、素っ裸で木に縛り付けられ、樹海に置き去りにされるという、体を張った演技だった。

「この映画の舞台挨拶で、林は初めてAKB48のライブを見に行ったことを明かしていました」

《林は同作でAKB48の大島優子(23)と共演した縁から、24日の東京ドーム公演を訪れたことを明かし、「初めてAKBのライブを生で見たんですが、良かったですね。(大島の)キレキレのダンスがめちゃめちゃカッコ良かった」と大興奮》(「サンケイスポーツ」12年8月26日付)

 交際はもしやこの時から……?

「それはないでしょう。大島は地味ですし、林はこのライブの時に“推しメンも探した”とも言っていましたからね」

 後に林は、元AKBの島崎遥香(27)との熱愛を報じられたこともあった。

「大島は29歳のときに約1年、アメリカに語学留学。帰国後、最初のテレビドラマが『スカーレット』でした。そして翌20年の『教場』(フジテレビ/主演:木村拓哉)で警察学校の生徒役として、2人はまた共演。これが3度目の正直ということだったのかもしれません。交際半年でデキ婚、そして離婚した前田とは違い、地に足をつけた生き方です」

デイリー新潮取材班

2021年8月2日 掲載