轢き逃げ事件から1年、俳優の伊藤健太郎(24)がテレビに帰ってくる。といっても、7日スタートの「今日から俺は!!」(日本テレビ)は関東ローカルの再放送。8日に地上波初放送される「今日から俺は!!劇場版」は昨年公開された作品だ。さらに「東京ラブストーリー」(フジテレビ)だって昨年、フジテレビオンデマンドとAmazonプライムで配信されたものである。新作はないけれど、これが復活の突破口となるのだろうか。

 ***

 昨年10月、伊藤は乗用車を運転中にバイクと衝突し、2人を負傷させながら立ち去ったとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(轢き逃げ)容疑で逮捕された。今年3月25日、示談が成立したことで過失傷害は起訴猶予、轢き逃げについては範囲が認められなかったため嫌疑不十分となり、不起訴処分となった。

 そして6月30日の誕生日をもって、芸能活動再開に踏み出すことが、前日に自身のInstagramで発表された。

《皆様、お久しぶりです、伊藤健太郎です。/僕が起こした事で多くの方々にご迷惑をお掛けし、ご心配をおかけしました。/謹慎中、僕を支えてくれたのはファンの皆様から頂いた沢山の手紙でした。/本当に感謝しています。/これから少しずつでも恩返しさせていただきたいと思い、明日、6月30日にofficial FCを発足することになりました。》

 まずはファンクラブ(年会費6600円)を立ち上げ、7月には写真展を開催した。10月末には舞台主演も決定との発表もあった。芸能記者は言う。

放送は困難だった

「まだ完全復活という印象はありません。謹慎期間が短いと感じる方も少なくないとは思いますが、一説には5億円ともいわれる多額の違約金を抱えているので、活動再開しないわけにはいかないでしょう。また大ヒットしたドラマ『今日から俺は!!』の共演者たちは、放送開始からの3年間で主演の賀来賢人はもちろん、敵役だった仲野太賀も演技派として売れています。役者として差が開いた焦りもあるでしょうね」

 そんな伊藤だが、10月からは2本の連ドラが放送されることに。もっとも前述の通り、1本は3年前の「今日俺」の再放送、もう1本は昨年配信された「東京ラブストーリー」だから、こちらも新作ではない。日テレ関係者が言う。

「8日には金曜ロードショー枠で『今日俺 劇場版』がノーカットで放送されます。昨年7月に公開され、興収50億円超え、実写No.1の大ヒットとなりましたから、話題になるはずです。とはいえ、当初は伊藤の出演シーンをカットできないため、地上波での放送は難しいという意見が多かったのです」

 不起訴となって、ほとぼりも冷めたということか。

女性Pの推し

「新作というわけでもありませんからね。ドラマの再放送も決まり、日テレのグループ会社であるHuluでは、ドラマ全話と未公開シーンを盛り込んだ“未公開シーン復活版”の配信も決定しました」

 なんだかトントン拍子のようだが。

「裏でこの話を進めたのが、『今日俺』を企画した女性プロデューサーでした。彼女は『今日俺』の髪ツンツンの伊藤真司役を探すにあたり、まだ売れていなかった伊藤に惚れ込み、出演オファーしました。キャストは見事に決まり、ドラマも映画も大ヒットしたわけです。当然、続編を考えていたのですが、その矢先に事件が起こった。彼女も頭を抱えたそうですが、ずっと水面下で動いてきたそうです」

 伊藤のために?

「それもありますが、彼女にとっても『今日俺』は出世作だったからです。実は彼女は日テレではなく、子会社の社員なんです。『今日俺』以前にも様々な作品を手がけてきましたが、あくまで日テレプロデューサーの補佐的なプロデューサーでした。『今日俺』以降は子会社に戻っているのですが、また日テレで復活するには新たな企画を通さなければならない。そのもっとも近道は、『今日俺』の続編だからです」

 続編への布石が再放送ということらしい。

「もちろん、『今日俺』の再放送や配信が世の中でどう受け止められるかが重要です。視聴率も良く、続編を期待する声が上がれば、伊藤の再始動の突破口になり得ます。しかし、日テレに苦情やクレームが殺到すれば、続編企画は無理でしょう。同時に伊藤の本格再始動にも時間がかかることになるでしょう」

 轢き逃げ事件から間もなく1年である。

2021年9月25日 掲載