来年、解散30年、再来年にはデビュー40年を迎える「チェッカーズ」。当時は悪ガキチックだったメンバーも今では頭に白髪が交じる年頃だ。そんな彼らに意外な動き。突如、公式YouTubeチャンネルが開設されたのだ。

 ***

 チェッカーズがデビューしたのは、1983年の9月21日。公式チャンネルはそのデビュー記念日に開設された。まずは、「夜明けのブレス」など8曲について、往時のミュージックビデオをアップ。

「根強いファンの方が多く、“MVを観たい”という熱いリクエストを頂いていたことなどから、チャンネルを開設するに至りました」

 と言うのは、運営する「ポニーキャニオン」の担当者である。

「メンバーの皆様との直接のやり取りは行っておりません。当時の所属事務所と適切な契約を締結した上で、映像を使用しております」

 今後、「涙のリクエスト」「ジュリアに傷心(ハートブレイク)」など、懐かしのヒット曲が追加される可能性も大。となれば、気の早いファンが期待するのは“あのこと”だ。

メディアを通じた罵倒合戦になった過去

 チェッカーズといえば、これまで熱狂的なファンによって、再結成が待ち望まれてきた。

 が、2003年、元メンバーの高杢禎彦(たかもくよしひこ)が新潮社から往時の回顧録を刊行。その中にメインボーカル・藤井フミヤを「金のためなら恩も売る」などと苛烈に批判した表現があったことから、藤井もこれに応戦し、メディアを通じた罵倒合戦に発展した。

 また、

「『ギザギザハートの子守唄』など初期の代表曲を提供した作曲家・芹澤廣明氏と、フミヤとの確執も報じられました。フミヤが“芹澤さんの歌を歌いたくない”と言ったとの話が流れ、実際、芹澤作品をソロライブなどで歌わない状態が長年、続いていました」(芸能デスク)

 04年にはメンバーの一人・徳永善也が急逝したこともあり、再結成は困難と言われてきたものの、

「ここにきて、雪解けの動きも見られるんです」

 とデスクが続ける。

「3年前、フミヤは元メンバーのライブに参加してチェッカーズ時代の曲を歌い、今年に入っても、NHKの特番で芹澤さんと共演していますからね」

 これまでとは様子が変わってきた、というのである。

お付き合いなし

「フミヤ君と再会したのは、去年の10月だったかな」

 と語るのは、その芹澤氏。

「実に34年振りですよ。その前に、リーダーだった(武内)享から突然連絡が来てね。彼と飯食ったら、その後、フミヤ君から家に電話が来て。“先生、お願いがあるんです”“何だよ”“また先生の歌、歌っていいですか”と。“いいよ。それじゃ飯食おう”となって成城のレストランで会っていろんな話をしたんです。お互いに年を取ったけど、彼はまだまだスターっぽいオーラがあったよね」

 二人はその後、翌月、翌々月と続けて食事の席をもったという。

「それでまあ、打ち解けたというかね。雑誌とかネットとかで二人の間のことがいろいろ言われているようだけど、そんなことは嘘だし、水に流して、もう気にしないで、また付き合いましょうとなったんだ。彼は、僕がチェッカーズに書いた曲を自分一人で歌うのは良くないと思っていたんじゃないの。だから、そういうのは気にしなくていいんじゃないか、と言ったんだよね」

 その席でNHKでの共演の話も依頼を受けたのだとか。

 そして再結成についても、

「フミヤ君はともかく、享は“やりたい”みたいなこと言ってたけどね。僕はやればいいのにと思うけど」

 なるほど、完全に「手打ち」といったところ。周囲の復活への期待は高まるばかりなのである。

「芹澤先生とお会いしたのは、チェッカーズの楽曲を歌います、というご挨拶。“どんどん歌いなさい”と言っていただけました」

 と述べるのは、藤井フミヤご本人。

 愛犬の散歩の帰りに声を掛けると、足を止めて答えてくれた。

「先生から“確執があると言われているけど何でだと思う”と聞かれて、“さあ何ででしょう”と。これまで歌ってこなかったのは、ソロになった時、自分だけがチェッカーズの曲を歌うのは嫌だな、と思っていただけなんですけどね」

 しかし、再結成について水を向けると、

「それは難しいと思いますよ。もうメンバーが一人亡くなっていますし、交流がほとんどない人もいますしね」

 とやはり“あの人”の話に……。

「(高杢とは)全くお付き合いがありませんし、もう、どこに住んでいらっしゃるのかも、音楽をやっていらっしゃるのかもわかりません」

 一転、顔を曇らせて語るのである。

「チェッカーズって俺たちメンバーのものではなくて、ファンの方のためのもの。YouTubeを見て楽しんでいただくのはとても嬉しいです。でも、今のところその先の話は聞いたこともないし、その気持ちもないですね」

 やはり壁は高いのか。

 はたまた、サプライズのための呼び水か。

「『再結成』って、そんな素振りを見せずに、突然発表するものだからね」(芹澤氏)

「週刊新潮」2021年10月14日号 掲載