月曜から木曜のMCを安住紳一郎アナ(48)が務め、金曜は香川照之(55)が担当するTBSの朝の情報番組「THE TIME,」(平日午前5時20分〜同8時)が、10月1日に始まってから1週間以上が過ぎた。視聴率など状況はどうなっているのか(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 まず「THE TIME,」の視聴率は「あさチャン!」とほぼ一緒。目立った変化はなかった。

 そもそも朝の情報番組は家庭で使う醤油と似ている。一度決められたら、なかなか替わらない。視聴習慣が強い。

 とはいえ、安住アナと香川の大物2人を投じたとなると、話は少し違ってくる。ここまで視聴率が伸びないとはTBSも思っていなかったのではないか。このままでは「安住アナと香川の無駄使い」という声が上がりかねない。

 安住アナと香川がそろい踏みした1日の初日こそ世帯6.5%、個人全体3.4%を記録した。テレビ東京を除いた5局の視聴率争いでは最下位だったものの、「あさチャン!」の平素の数字を約1.5倍にした。

 だが、土日を挟んだ4日の視聴率は「あさチャン!」並みの世帯4.8%、個人全体2.7%に。どうやら初日は「安住アナと香川のMCをひと目見たい」という人が多かったようだ。

先週一週間の視聴率

 10月4日(月)から8日(金)の視聴率は次の通り。

■NHK「おはよう日本」7時台(午前7時〜同45分)
     月曜  火曜  水曜  木曜  金曜
世帯   10.9   9.8   10.3   10.0  12.7
個人全体  5.5    5.5    5.6   5.5    6.7

■日本テレビ「ZIP」(午前5時50分〜同8時)
     月曜  火曜  水曜  木曜  金曜
世帯    7.0    7.5    7.3   7.4    8.0
個人全体  4.0    4.2    4.2   4.2    4.4

■テレビ朝日「グッド!モーニング」7時台(午前7時〜同8時)
     月曜  火曜  水曜  木曜  金曜
世帯    7.4    7.7    7.9   7.9    7.8
個人全体  4.3    4.2    4.6   4.4    4.3

■THE TIME, 7時台(午前7時〜同8時)
     月曜  火曜  水曜  木曜  金曜
世帯    4.8    4.9    4.9   5.1    5.2
個人全体  2.7    2.6    2.6   2.7    2.7

■フジテレビ「めざましテレビ」第2部(午前6時10分〜同8時)
     月曜  火曜  水曜  木曜  金曜
世帯    8.7    8.0    8.4   8.3    8.5
個人全体  4.8    4.5    4.8   4.6    4.7

 9月中の「あさチャン!」第2部(午前7時台)の視聴率を見てみると、おおむね4%台。例えば9月2日は世帯4.7%、個人全体2.5%。どうして「THE TIME,」は数字が伸びないのだろう。視聴習慣以外にも理由がありそうだ。

 安住アナはフジテレビの伊藤利尋アナ(49)と並び、現代のテレビ界を代表するトップアナだ。アナウンス技術、声質、アドリブ能力のいずれも抜群なのは知られている通りである。

 だが、名アナが登板すれば名番組になるとは限らない。「THE TIME,」の安住アナの立場はあやふやではないか。安住アナがピッチャー役なのかキャッチャー役なのかが、はっきりしないように見える。

 フジテレビ「バイキングMORE」(平日午前11時55分)のMC・坂上忍(54)は典型的なピッチャーで剛速球を次々と投げる。荒っぽい言葉や暴言もポンポン飛び出す。

 それでも番組が大荒れにならず、問題化することもないのは、伊藤アナが名キャッチャーだから。坂上の言葉を一つひとつ受け止め、ユーモアを交えながら処理している。

 安住アナもTBS「新・情報7daysニュースキャスター」(土曜10時)においてはキャッチャー。ビートたけし(74)が口にする毒ガスを受け止め、無毒化している。ギャグも受け止める。時には自分もアドリブで毒を口にするものの、情報を伝えた後に目を伏せながらボソッと付け加える程度。かつて局の先輩である久米宏氏(77)が得意としたテクニックだ。

ピッチャーとキャッチャーを兼ねてしまっている

「THE TIME,」は目下のところ、安住アナがピッチャーとキャッチャーを兼ねてしまっている。安住アナが絶妙のボケをかましても誰も突っ込まないから、自分でフォローしている。ピッチャーとして球を投げっぱなしの状態になっている。

 杉山真也アナ(38)や宇賀神メグアナ(25)らが進行役として出演しているものの、局長待遇で偉大な先輩である安住アナが畏れ多いのか。だが、このままでは安住アナの折角の一言が死ぬ。スタジオにも一体感が生まれにくい。

 杉山アナたちとは違い、スタジオのスタッフは安住アナのボケやアドリブによく笑うが、情報番組とニュースのスタッフはあくまで黒子。黒子が笑っていたら、安住アナのボケやギャグは単なる楽屋オチに過ぎなくなってしまう。

 香川の役もはっきりさせるべき。今はピッチャーだが、それを継続させるのであるなら、有能なキャッチャーを付けたほうがいいのではないか。香川のギャグで笑う人、突っ込む人、諫める人がいないと、アドリブが上滑りしてしまう怖れがある。

「THE TIME,」のコンセプトは「ニッポンの朝がみえる。」なのだそうで、ネット局と協力して列島中継をやっている。売り物の1つだ。

 だが、列島中継を買っている視聴者がどれくらいいるのだろう。疑問だ。情報量が少ないからである。

 例えば10月12日の中継地点は9ケ所あった。熊本市、弘前市、福井市、北海道占冠村、和歌山県白浜町、横浜市・八景島シーパラダイス、東京・下北沢と同・品川駅である。

 とはいえ、弘前市、福井市、冠村、白浜町はネット局が据え付けている固定カメラの映像を流しただけ。リポート等はない。これではネットのライブ映像と変わらない。

 新聞・雑誌でもありがちなのだが、記者を多くの取材ポイントに配置すると、デスク(現場責任者))は満足してしまいがち。もっとも、問われるのは取材ポイントの数ではなく、情報量と質である。

意義の不明な情報コーナー

「あさチャン!」から引き継いでしまったのが、T層(男女13歳〜19歳)とF1層(女性20歳〜34歳)の視聴率の低さ。半面、この層を軽視しているわけではないようで、乃木坂46の梅澤美波(22)たちを担当者にした「TIMEスタンド」などのコーナーが設けられた。

 もっとも、このコーナーも残念ながら情報量が少ない。その日に発売された雑誌などを紹介するというのだが、11日放送分は「週刊少年ジャンプ」の「ONE PIECE」が1028話になったこと、「週刊ダイヤモンド」が普通のサラリーマンが資産1億円を目指す方法を掲載していること、「AERA」の表紙が杉野遥亮(26)〜)でインタビューも載っていることを短く伝えた。

 内容のダイジェストを紹介したわけではないし、なにより、この3つの情報をセレクトした理由が皆目分からなかった。この番組で「ONE PIECE」が1028話になったことを知り、有益な情報を得たと喜ぶ人がどれくらいいるのだろう。

 番組は早晩、微調整が行われると見る。ネット局の視聴率も総じて低調だからである。安住アナの故郷、北海道のHBCもそうだ。ネット局の声はある種、社内の声より強い。別会社だからだ。

 自ら望んで登板したわけではない安住アナと新領域に挑んだ香川。2人が報われる日はいつ来るのか。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。1990年、スポーツニッポン新聞社入社。芸能面などを取材・執筆(放送担当)。2010年退社。週刊誌契約記者を経て、2016年、毎日新聞出版社入社。「サンデー毎日」記者、編集次長を歴任し、2019年4月に退社し独立。

デイリー新潮取材班編集

2021年10月16日 掲載