「人気」と「安定感」に定評のある二大MCを据え、鳴り物入りでスタートした看板番組の評判がともにイマイチだ。その理由を探ると、ちょっぴり“ほろ苦い”事情があるようで……。

 ***

 TBSの10月改編の目玉とされた朝の情報番組「THE TIME,」の出足が鈍いという。

 夏目三久(37)がMCを務めた「あさチャン!」の後を継ぐ新番組として10月1日にスタート。同局一の人気を誇る安住紳一郎アナ(48)がメインMCを務めるも、平均世帯視聴率は5%(午前7時台)を切る低空飛行が続く。

 その理由について、コラムニストの今井舞氏はこう話す。

「もともと朝の情報番組は“習慣で観る”ものなので、他のチャンネルを観ていた視聴者のそれまでの生活習慣を変えさせるのは至難の業。さらにコーナーや出演者の数が過剰気味で、それが安住アナの魅力である当意即妙の掛け合いなどを殺しているのでは」

 制作サイドのやる気が裏目に出たパターンかも。

「新鮮味がない」との声

 一方、10月4日から元NHKの大越健介氏(60)がキャスターを務める「報道ステーション」(テレビ朝日)の場合、視聴率はまずまずだが、早くも“新鮮味がない”といった声が。

「大越さんはもともとアナウンサーでなく政治記者なので、古舘伊知郎氏のように自分が前に出て喋るタイプでない。とはいえ、番組は主に隣に座る小木逸平アナが回していて、大越さんは何だかコメンテーターのような立ち位置に……。また報ステのなかだと大越さんの持ち前の安定感が板につき過ぎて、小木アナの丁重な“最後に一言”という振りも、お偉いさんへの接待のように見えてしまう」(同)

 期待が大きかった分、見る目も厳しくなっている?

「週刊新潮」2021年10月21日号 掲載