「彼女って、こんなに演技が上手かったっけ?」

 東京・日本橋の明治座を経て、大阪・新歌舞伎座での公演を終えたばかりの舞台「酔いどれ天使」を見た、演劇業界の関係者は驚きを隠せない様子。“彼女”とは、モデルで女優の佐々木希(33)のことだ。

「この作品は1948年に黒澤明が監督し、三船敏郎が主演した映画が元になっています。それを今回は三池崇史監督の演出で、ヤクザ役の桐谷健太の主演で舞台化したもの。佐々木はヤクザの幼なじみで居酒屋の女将のぎん役を演じました。これがなんとも良い味を出していたんですよ」(同)

 モデル出身の佐々木は、2010年から6年連続で米国の映画情報サイトが主宰する「世界で最も美しい顔100人」に選ばれたほどの美貌を誇る。が、一方で演技の評価は芳しくなかった。6年前に竹中直人が主演を務めた「ブロッケンの妖怪」で舞台デビューを果たしたものの、

「表情は固いし、台詞は棒読み。当時の評価は散々でした。それが今回、桐谷が演じる羽振りの良いヤクザが結核を患い、落ちぶれて仲間から見放されていく中、彼に寄り添う気丈な女性を見事に演じ切りました」(同)

 桐谷の役どころは、昨夏に発覚した不倫の余波で、いまも謹慎生活中の夫・渡部建(49)を彷彿させる。

 芸能記者が後を引き取る。

「かつての佐々木なら、多忙を極める渡部と3歳になる長男の世話に追われて、地方公演での出演はNGでした。それがいまや、渡部が“主夫”として子どもの世話だけでなく、家事全般までこなしているといいます。それで佐々木は晴れて大阪での公演にも参加することができました。舞台での佐々木への賞賛は、私生活を地で行く演技の賜物だったのかもしれません」

離婚のタイミングは

 その佐々木に燻っているのが渡部との離婚話。今年3月には佐々木が約4億円のマンションを購入し、長男を幼稚園から高校までの一貫校に入園させたと報じられた。これが将来的な離婚への布石というわけだ。

「問題を抱えた芸能人夫婦のどちらかが新居を購入したり、子どもの教育環境を一新させるのは、離婚への一歩とみてほぼ間違いない。とはいえ、佐々木はいま離婚すると“調子に乗った夫を許して耐え忍ぶ妻”とのイメージが“どん底まで落ちた夫を見捨てた冷たい女”へと一変しかねない。それならむしろ、今後も夫を支えつつ、あくまで家庭を守る妻であり続ける方が好感度を維持できます」(同)

 それは金銭面でも大きなメリットをもたらすそうで、

「佐々木はとくに女性から絶大な支持があり、今後も1本1500万というCMオファーが相次ぐはず。女優としても“一皮剥けた”と評判ですから、しばらく離婚はせず、慎重にタイミングを見極めていくでしょう」(同)

 その時は、さほど遠くはないという見方もある。大手芸能事務所の幹部が言う。

「あの高級マンションは渡部が、佐々木が持つ会社名義で購入したものだと聞きましたよ。ローンではなく、一括で買ったのは慰謝料代わりだからだと。となると、離婚に向けた話し合いは具体的なところまで進んでいるはず。もはや二人の離婚は秒読み段階と考えるべきです」

 渡部は飲食業界への転身も噂される。すでに二人は別の将来を見ているのか。

「週刊新潮」2021年10月21日号 掲載