TBS系の人気バラエティ番組「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」といえば、数々のドッキリ企画が売りである。そんな中、ジャニーズWESTらがターゲットになったある企画が、思わぬ波紋を呼んでいた。

 ***

 数々の関連子会社を傘下にもつソニー・ミュージックグループ。その販売・宣伝を担う部門「ソニー・ミュージックマーケティングユナイテッド」で、〈「降職」処分とする〉人事が発令されたのは、9月16日のことだった。懲戒事由は次のようなものだ。

〈度々の注意、指導を受けたにも関わらず、職場において社員並びに取引先に対して業務上必要な範囲を超えた不適切な言動を取ったことにより、社員、関係者に多大な迷惑をかけ、職場環境を害し、会社の名誉を傷つけた。〉

 その対象となったのは、今年4月から宣伝担当グループの執行役員を務めていたA氏。この人事によって、A氏は役員の座を追われ、企画戦略本部付のシニアプロデューサーとなった。が、A氏の“降職”はこれに留まらなかった。

「さらに10月1日の人事で、系列の芸能事務所『ソニー・ミュージックアーティスツ』に異動となりました。コーポレート企画本部の所属になりますが、何をするかよく分からない一人部署。まあ“左遷”ですよね……」

 と明かすのは、ソニー・ミュージックの関係者だ。いったいA氏はなにをやらかしたのか。

“許諾を与えていない”

 発端は、8月5日に放送された「モニタリング」だった。夏の3時間スペシャルとして放送されたこの回では、熱唱中の著名人に“落とし穴”をしかけるドッキリ企画「THE FIRST FAKE」を放送。ジャニーズWESTのメンバーらのほか、元モー娘。の保田圭や飯田圭織、はては格闘家の那須川天心や元DeNA監督のラミレスまでもがターゲットになった。

 この「THE FIRST FAKE」は、登録者数およそ520万人の人気YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」のパロディーである。本家の「TAKE」は“一発撮りで、音楽と向き合う。”をコンセプトに、新進気鋭の若手からベテランまで、様々なミュージシャンがマイクに向かって歌う趣向の企画だ。およそ2年前から始まり、投稿された動画の数は250本を超える。

 「THE FIRST TAKE」の企画・制作は、博報堂の関連会社「TBWA/HAKUHODO」が行っている。が、はっきりと公にはされていないものの、ソニー・ミュージックも関わっているのは業界では知られた話だそうだ。動画内で使われている機材もSONY製。先の関係者は、「このチャンネルには、Aさんが深くかかわっていました。一説によると、費用のみならず、キャスティングや演出などのクリエイティブ面までも、彼が握っていたようなのです」とし、こう続ける。

「どうやら『モニタリング』の放送をAさんがたまたま観たらしく、“許諾を与えていない”と激怒したのです。『FAKE』企画は6月にもやっていたのですが、それは見逃していたんですかね……。本気で歌う人を馬鹿にしたような内容ですから、本家にかかわるAさんが怒る気持ちも分からなくもないのですが、その対応がまずかった。放送5日後の8月10日にTBSの局員2人と制作会社のAP(アシスタントプロデューサー)がソニー・ミュージック本社まで謝罪に訪れたのですが、Aさんとたまたま玄関で出くわした。すると彼は激昂し、制作会社の人間につかみかかったのです」

 現場が場所だけに、目撃者も少なくなく、この件は一気に広まることになったという。

増長させた“改変”と”鬼滅

 役員を怒らせたとはいえ、TBSはなぜ、3人がかりで謝罪に赴いたのか。近年になってA氏が手にした“権力”について、芸能ジャーナリストは次のように語る。

「20年以上、宣伝一筋でやってきた方なので、Aさんはメディアに顔が利く人ではありました。まあ、典型的な昭和の宣伝マンというタイプですね。立場が大きく変わったのは、19年の春にソニーミュージックの関連レーベルの宣伝事業をひとつにまとめた組織改編でした。宣伝部門の長になったことで、Aさんは、これまで扱っていなかったアーティストも統括するようになった。加えて昨年は『鬼滅の刃』の大ヒットがありましたからね。『紅蓮華』を歌うLiSAはソニー所属ですし、アニメを企画したアニプレックス社もソニー・ミュージックの関連企業。テレビ局のプロデューサーたちは、“顔”であるA氏を持ち上げていました」

 もっとも、もともとパワハラ体質だったという証言もある。怒鳴る、ゴミ箱を蹴るといった姿はたびたび目撃されており、これに耐えられず職場を去っていったスタッフも少なくないとか。アンガーマネジメント講習が、A氏の“更生”のために開かれたこともあったそうだ。先の懲戒事由に〈度々の注意、指導を受けたにも関わらず、職場において社員並びに取引先に対して業務上必要な範囲を超えた不適切な言動を取った〉とあるのは、こうした点も指してのことだろう。

ジャニーズが出演、お蔵入りにもできず…

 話をモニタリング事件に戻すと、

「Aさんの振る舞いを見たTBSの局員が『あり得ない、訴える』となってしまった。あとでAさんは冷静になり、その場にいた警備員らの口止めに回ったり、一方で『TBSの局長に謝りに行く』と反省モードになった。でもA氏が出てくると話がややこしくなるので、結局、さらに上の立場の人間がTBSへ謝りにいったみたいです。じつは『FAKE』は2本撮りで、後日、もう一本の放送が予定されていました。問題となった8月5日の回ではジャニーズWESTの重岡、神山、藤井、濱田が出演していましたが、残りのメンバー分も収録していたのです。ソニーとこじれているものの、ジャニーズが出ている以上、TBSとしてはお蔵入りにするわけにはいかない。結局、9月9日になって残る桐山、小瀧、中間の『FAKE』が放送されましたが、裏では“パワハラを見逃す代わりに放送させて”の取引があったとされています」(先のソニー・ミュージックの関係者)

 社内の宣伝関連部署に対しては、A氏直々の謝罪があったというこの問題。ただしソニー・ミュージックの広報は取材に対し、

「TBSの方とAとの間で立ち話があったのは事実ですが、本人は高圧的な言動も暴力行為も行っていないと言っています。会社としてそういった行為は確認できませんでした」

 と答える。ならば〈不適切な言動を取った〉ことを理由にした懲戒はなんだったのかと尋ねると、

「人事異動につきましては事実です。が、理由についてはお答えを差し控えさせていただきます。本件とは紐づかない理由であることだけは確かです」

 このパワハラ事件、業界からはこんな声も聞こえてくる。

「昨年のNHK紅白歌合戦には、ソニー・ミュージック系列の事務所に所属するアーティストが8組も出場しました。紅白には『1社から5組まで』という不文律がありますから、一部では話題になったのです。じつはこれも、NHKに対するA氏の働きかけによるもの。この一件でA氏は紅白に関われなくなり、ソニー・系列アーティストの出演数は減ると一時は言われていました。が、つい先週もNHKに出入りしていたというA氏の目撃談はあって『よく来れるね』と噂になっていますよ」(さるレコード会社の関係者)

デイリー新潮取材班

2021年10月28日 掲載