人気占い師だった細木数子氏が11月8日に死去した。享年83。訃報は多くのメディアで取り上げられたが、テレビ業界には特別な感慨があったという。番組制作に携わるベテランのスタッフが言う。

 ***

「テレビ業界にとっては占い師というだけでなく、『人生相談の巨匠』でした。一つの時代が終わったという感慨を持つ業界関係者は少なくないでしょう」

 番組が高視聴率となり、飛ぶ鳥を落とす勢いだった時期もあった。だが、テレビ業界がコンプライアンス(法令遵守)を最重要方針にしてから風向きが変わった。

「反社会的勢力との接点や墓石ビジネスを巡る疑惑などが表面化し、テレビ業界も距離を置くようになりました。細木さんが出演者に厳しく説教をするところが、番組としての見どころでした。視聴者にはウケましたが、現在のテレビ業界はコア視聴率を重視し、親子が楽しめる良心的な番組制作が主流です。そんな風潮に細木さんの魅力が合致するかは疑問と言わざるを得ません」(同・スタッフ)

 占いを扱う番組そのものにも、ある種の逆風が吹いているという。

 BPO(放送倫理・番組向上機構)の公式サイトには「日本民間放送連盟・放送基準」が参考資料として掲載されている。《第8章 表現上の配慮》には、以下のような記述がある。

《占い、運勢判断およびこれに類するものは、断定したり、無理に信じさせたりするような取り扱いはしない》

テレビに出られる占い師

 前出のスタッフも「占いに特化した番組が制作しにくい状況になっているのは間違いありません」と言う。

「そもそも視聴者が歓迎してくれるとは限りません。『やらせ』、『嘘』、『インチキ』、『洗脳』、『科学的根拠がない』などと、批判される要素が多いのです。占い番組自体がネタ切れであり、マンネリ化しているという事情もあるでしょう。今、特にバラエティ番組に携わる関係者で、『占い番組をやろう』と考える人間は少ないと思います」

 だが、矛盾するようだが、人間の関心事は簡単に変わらないというのも古今東西の真理である。

「視聴者が占いに関心を失ったわけではないのです。朝の情報番組における『占いコーナー』は定番でしょう。バラエティ番組でも1コーナーとして、占い師が登場することは少なくありません。逆風が吹いているのは事実でも、占いを娯楽として捉え、『本当によく当たる』と評判になるか、『楽しめる占い』ならばOKだと言えます」(同・スタッフ)

 そんな中でも、テレビで活躍している占い師もいる。

「島田秀平さん(43)、ゲッターズ飯田さん(46)、ラブちゃんの愛称で呼ばれるLOVE ME DOさん(46)といった面々です。不思議なことに3人とも、お笑い芸人としての経歴を持つ男性という共通点があります」(前出の記者)

孤軍奮闘の星ひとみ

 一方の女性では、星ひとみ(41)が孤軍奮闘し、注目を集めているという。

「高校生の時から女優やグラドルとして活動していました。父親はパワーストーンも扱う宝石商で、親族に芸能と神社の関係者が多いというプロフィールも公開されています。2010年以降から占い師として番組に出演したり、番組の占いコーナーを監修したりするようになりました。知名度が大きくアップしたのは、『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系列・水・22:00)への出演でした」(同・記者)

 星を頼りにする芸能人も多く、テレビ業界では「第2の細木数子になるか?」に注目が集まっているという。

「細木さんはスケールが大きい代わりに癖も強く、人生経験もタレント性も抜群でした。一方の星さんに女帝や毒舌といった要素は皆無です。しかし、だからこそ、コンプライアンスが厳しいご時世でも占い師として人気があり、テレビ番組に出演しているわけです。細木さんと同じ土俵にのぼる必要はないわけですし、星さんなりの魅力で人気者になる日が来るかもしれないと期待しているテレビ業界人は少なくありません」(前出のスタッフ)

稲川淳二のアシスタント

 バラエティ番組の制作スタッフが評価しているのは、星が「タレントとしての経験値」を活用している点だという。

「何よりも『よく当たる』と評判になっていることが大きいわけですが、その上で星さんはトークが巧みなのです。テレビ的な面白さやキャラ作りを知っています。女性占い師にも癖が強い人はいますが、タレント性で星さんに敵う人はなかなかいません。女優やグラドルとして活動しただけあり、視聴者に好感を持たれるルックスの持ち主ということも大きいでしょう」

 先に列挙した男性の人気占い師が全員、お笑い芸人としての活動歴を持っていることとも共通点がありそうだ。芸人だからトークが上手なのは言うまでもない。

 星が占い師として注目を集める原点の1つが、稲川淳二(74)との意外な接点だという。

「そもそも稲川さんと細木さんが親しかったというエピソードも興味深いのですが、星さんは『稲川淳二 恐怖の現場シリーズ』(エスピーオー/ビクターエンタインメント)というDVDシリーズのアシスタントを務めていました。稲川さんと女性アシスタント2人が心霊スポットを訪れるという内容ですが、星さんは『霊感が強い』という触れ込みで、稲川さん顔負けのリアクションを何度も披露して話題になりました」(同・スタッフ)

テレビ業界が注目

 稲川も星の霊感が強いことを認めたという。ネット上では稲川と星の再共演を望む声が散見される。

「テレビ業界は宜保愛子さん(1932〜2003)の名前を忘れるわけにもいきません。星さんが細木さんや宜保さんのような人気者になれるのか、業界は注目しています」(同・スタッフ)

デイリー新潮編集部