TBS系の音楽特番「音楽の日2022」が、7月に放送されることが発表された。総合司会は今年も中居正広(49)と安住紳一郎アナ(48)で、2人の組み合わせは12年連続だ。中居は一昨年にジャニーズ事務所を退所。独立後も順風満帆かと思いきや、実は試練の時が訪れているという。

 ***

 ゴールデンウィークが明けると、TBSでは緊急会議が設けられたという。民放関係者が語る。

「お題は、5月6日に放送された『中居正広の金スマスペシャル』についてでした。この日は夜8時からの2時間スペシャルだったのですが、視聴率は4・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、世帯:以下同)しか取れなかったためです」

「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」といえば、中居がMCを務める代表的な番組だ。低視聴率と言っても、6日はまだゴールデンウィーク中だ。在宅率が低かったのも理由だったのではないか。

「ウラ番組もスペシャルが多かったのですが、日本テレビの『沸騰ワード10』(夜7〜9時)は10・4%、テレビ朝日の『関ジャム 完全燃SHOW ゴールデン2時間スペシャル』(夜8〜10時)は7・1%、フジテレビの『爆買いスター恩返し 3時間スペシャル』(夜7〜10時)は7・1%、テレビ東京のドラマ『嫌われ監察官 音無一六』の2時間スペシャル(夜8〜10時)は7・8%でした。つまり『金スマ』は僅差ではなく、かなりの差を付けられて最下位だったのです」

 6日の「金スマ」が、たまたま数字が取れなかっただけではないのか。

今年に入って低視聴率

「実は、『金スマ』は今年に入ってから低視聴率が続いています。月1回ペースで放送されているスペシャルで見ると、1月14日の2時間は7・8%、2月25日の2時間は7・0%、3月11日の3時間は5・5%、4月8日の2時間は6・8%、そして先日の4・8%と、確実に数字を落としています。レギュラー放送も4%台から7%台と、決して良くはないのです」

「この結果を受けてTBSの編成マンが頭を抱えているのは、7月の特番『音楽の日2022』の総合司会を中居が務めるからです。2011年の番組スタート以来続く恒例の特番ですから、TBSも高視聴率を獲らねばならない番組です。そんな中、中居で大丈夫かという話になっているのです」

 それでも、今年も「音楽の日」の総合司会は、中居と安住アナが務めることが発表された。考えてみれば、「音楽の日」の主役は出演するアーティストたちである。昼間から夜まで長時間にわたって放送される大型音楽番組だから、総合司会はあまり視聴率に影響しない気もするが……。

五輪キャスターも外れた

「失敗の許されない大型番組だからこそ、不安要素は取り除きたくなるものです。実際、TBSは昨年の東京五輪のメインキャスターから中居を外しました。彼は04年のアテネ大会から18年の平昌大会までTBSの五輪キャスターを続けてきましたが、とうとう声が掛からなくなった。『金スマ』の視聴率が落ちてきたのは今年に入ってからですが、TBSのスポーツ担当は1年以上前に、今の状態を予測していたのかもしれません。東京五輪は安住アナ1人で総合司会を務めましたが、来年の『音楽の日』はどうなるか分かりませんよ」

 それ以前に、問題は「金スマ」だという。

「レギュラー放送がそこそこの数字であっても、スペシャル番組の時に高視聴率が獲得できれば、番組は存続するというのがテレビ業界の常識です。ところが、『金スマ』はスペシャルでも数字が取れなくなってきたので、TBS上層部は慌てているのです」

 20年3月、中居がジャニーズ事務所を離れた際、テレビのレギュラー番組は5本あった。今では、「金スマ」、「ザ!世界仰天ニュース」(日テレ)、「中居正広のキャスターな会(旧・中居正広のニュースな会)」(テレビ朝日)の3本になった。

今年8月に50歳

「独立時のレギュラーだった『新・日本男児と中居』(日テレ)は、21年3月に終了しました。『中居くん決めて!』(TBS)は、20年7月に独立後初のレギュラーとして『中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん』に変わりましたが、今年3月で終わりました。つまり年1本のペースで、レギュラーを失っていることになります」

 元SMAPの草なぎ剛、稲垣吾郎、香取慎吾とは違い、中居は独立後も安泰と思われたが……。

「ジャーニーズの圧力を疑う人もいるかもしれませんが、全く関係ありません。『金スマ』がスタートしたのは2001年10月ですから、20年以上になる長寿番組なんです。どんな人気番組であっても、耐用年数があるものです」

 日テレの「ザ!仰天ニュース」は「金スマ」よりもさらに古く、01年4月から続いている。

「『仰天ニュース』も今年に入ってからスペシャル番組が芳しくありません。『金スマ』ほどではありませんが、2桁をキープすることが少なくなっています。もっとも、あの番組の司会は、中居と笑福亭鶴瓶師匠ですからね。すぐに終わることはないと見ています」

 なぜ中居の番組の視聴率は落ちているのだろう。

「かつて国民的アイドルSMAPのリーダーだった中居も、今年8月には50歳です。彼らを支えるファンたちも年齢を重ねましたし、若い視聴者には中居が人気アイドルグループのリーダーだったことを知らない人も少なくないんです。中居は番組の中で『俺の全盛期、知らないの?』と自虐めいたトークで笑いを取ることがありますが、もはやそれもギャグにならない時代に突入したということかもしれません」

デイリー新潮編集部