4月に始まった各局の春ドラマが佳境を迎えている。

 改めてラインナップを見てみると、キャスティングは豪華そのもの。ところが“視聴率女王”こと綾瀬はるか(37)をはじめ、3年ぶりに連ドラ主演を果たした上野樹里(36)、9月からNHKの朝の顔を担う福原遥(23)をもってしても、視聴率の低迷が続いている。

「4月期の連ドラは新年度で最初のクールなので、各局とも力を入れます。フジテレビは月9こと月曜9時枠、日テレなら水曜10時という看板枠には、数字を取れる旬の俳優たちを投入するのが恒例なんです」

 とは大手芸能事務所幹部。

「ところが、綾瀬が弁護士役を演じる『元彼の遺言状』(フジテレビ系)は、初回こそ12.1%とまずまずの滑り出しでしたが、その後は下降が続き、4話以降は1ケタ続き。早くもジリ貧状態に陥っている」

 原作は昨年、「このミステリーがすごい!大賞」を受賞した、累計発行部数80万部超を誇る新川帆立のベストセラー。巨額の資産を持ちながら急逝した御曹司が残した〈僕の全財産は僕を殺した犯人に譲る〉という奇妙な遺言を巡り、遺産の相続を狙う依頼人と、それに加担する御曹司の元カノで、欲望に忠実な女性弁護士の姿がコミカルに描かれる。

「ユニークな舞台設定と意外性に富んだ謎解きこそ、原作小説がヒットした最大の理由でした。ところがドラマでは、タイトルに沿ったストーリーがたった2話で完結してしまった。3話以降は、1話完結の推理モノになってしまいました」

キャスティングのミス

 これには映像化に期待を寄せた原作のファンもガッカリ。制作サイドの手前勝手な改変が、視聴者離れを招いたと見られる。

 一方、上野がヨガインストラクターを演じる『持続可能な恋ですか?〜父と娘の結婚行進曲〜』(TBS系)は、同居する父と娘が同時進行で婚活に励む、一風変わった恋愛モノだ。

「こちらはいまだに一度も2ケタを取れていません。そもそも上野は私生活でも自他ともに認める天然ボケで、公私にわたって“不思議キャラ”が持ち味です。コメディー要素もある作品ですが、彼女に恋愛モノが向いているとは思えません」

 ひとえにキャスティングのミスというワケだが、苦境にあるのはNHKの「正直不動産」も同じ。事情を知る関係者が言う。

「主演はいまやハリウッドでも活躍する元ジャニーズ事務所の山下智久(37)で、その相方が今秋スタートする朝ドラ『舞いあがれ!』でヒロインを務める福原遥。累計発行部数は120万部という人気コミックのドラマ化でしたが、いまだに平均視聴率は実に5%台と、シャレにならない超低空飛行が続いています」

演技の評価は高いが…

 とはいえ、不動産会社に勤務する実直なサラリーマンを演じる山Pの演技は、テレビ誌や専門サイトで軒並み高い評価を得ている。

「不思議とそれが数字には結びつかないんです。不動産会社の社長を草刈正雄(69)が演じるほか、大地真央(66)、市原隼人(35)、倉科カナ(34)、泉里香(33)、高橋克典(57)といった実力派が脇を固めながらです。制作費が民放の数倍というNHKだからできる芸当ですけどね」(同)

 さすがに「民放なら打ち切られてもやむを得ないレベル」(芸能記者)という。

 先の芸能事務所幹部は次のように指摘する。

「大河ドラマもそうですが、大物役者が何人も登場すると、視聴者はそっちに気を取られてしまう。『正直不動産』も同様に総花的な作り方なので、結果、芸能記者や山下ファンしか見なくなったのかもしれません」

 従来の世帯視聴率にカウントされないスマホでの番組観賞が解禁されて1カ月。が、売れっ子女優らの総崩れは時代の変化だけが理由ではない。

「週刊新潮」2022年5月26日号 掲載