苦戦の続いていた「週刊さんまとマツコ」(TBS)が、4月から日曜昼(13時30分)に引っ越した。その甲斐あって、初回視聴率は5・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯:以下同)と好調な出だしだった。ところが、その後はまた低視聴率に……。

 ***

 明石家さんま(66)とマツコ・デラックス(49)という大物2人が、《お互いの「知られざる顔」「新しい魅力」を引き出すべく、ある時はスタジオで、ある時はロケで思う存分喋り倒す》というコンセプトで生まれたのが「週刊さんまとマツコ」だった。

 昨年4月18日に、日曜18時30分からの30分枠で番組はスタートした。民放プロデューサーは言う。

「ゴールデンでもプライムでもない、日曜の夕方というユルい枠で、視聴率など気にせずやろうということだったのでしょう。あの2人なら、何をやってもそこそこの数字は取るという考えもあったはず。ところが日曜夕方は、日本テレビは『真相報道 バンキシャ!』、テレビ朝日は『相葉マナブ』、そしてフジテレビには『サザエさん』が、10%前後の視聴率で鎬を削る激戦区でした。しかも、どの番組にも根強いファンがいた。大物2人の番組とはいえ、そこに割って入ることはなかなかできなかったのです」

 そもそも「さんまとマツコで番組を作れば何とかなる」という甘い見通しが、見事に外れたというわけだ。

引っ越し前より悪い

「視聴率は3〜4%と低迷しました。数字は気にせず始めてはみたものの、ウラ番組との差がつきすぎてしまったため、番組からも慌てふためいている感じが伝わってきました。ひと月後には、スタジオにゲストを迎えるようになりました。さらに、企画もヒットした番組のネタやテイストを取り入れて、9月からは進行役を立てるというリニューアルを行ったのです」

 2人が“思う存分喋り倒す”という番組コンセプトは失われた。それでも数字は上がらなかった。

「そこでこの春、“日曜昼にお引っ越し”という、2度目のリニューアルをしたわけです。大物2人の顔にこれ以上泥を塗るわけにはいかないと思ったのでしょう。日曜昼というのは、視聴率が話題になりにくい時間帯ですから、各局とも競争モードではありません。ハードルの低い時間帯で、中でも13時半なら、『NHKのど自慢』や『新婚さんいらっしゃい!』(テレ朝/朝日放送制作)といったライバルも終わっている時間帯です。日曜夕方に比べたら戦いやすいと判断したのでしょう。その目論み通り、引っ越し初回は1時間スペシャルで30分繰り上げて放送したのですが、ライバル番組を凌ぐ好調な出だしとなりました」

 ところが、再び数字は落ちているという。

「最近も2〜3%と、同時間帯では最下位、引っ越し前よりも酷くなっています。例えば、5月1日は若槻千夏をゲストに招いて、“令和のママタレ最新事情”で30分。さんま、マツコ、さらに、今が旬の若槻を加えて、テレビ業界的には文句なしのキャスティングでも数字は取れませんでした。喋りがどうこうよりも、この時間帯に見たい、聞きたい話ではなかったのかもしれません」

 時間帯に企画が合っていないということだろうか。

2人の納得がなければ終わらせられない

「その可能性もあります。しかし、『さんまとマツコ』は引っ越し後も、以前と内容は変わっていません。5月22日の“夢グループの光と闇”は、昨年9月に放送された夢グループ企画の第2弾でした。川島明や吉村崇らが進行を務める構成も全く変化がありません」

 日曜昼とはいえ、さすがに低視聴率が話題になり始めているという。

「この時間帯だと、世帯で5%、個人なら2・5%が合格基準だと思います。世帯3%台のままですと、改編の検討対象になる可能性があります」

 それでも大物2人の番組だ。

「2人がタッグを組んだ番組はこれまでありませんでした。それを初めて放送できるTBSには名誉なことで、選んでくれた2人の思いにも応えたいと思っているはずです。それだけに、2人が納得しない形で『さんまとマツコ』を打ち切るわけにはいきません」

 もちろん、生き残る可能性もある。

「まだ視聴習慣がついていないという見方もできます。日曜夕方のように、ウラ番組が強いわけでもありませんし……」

 果たして、3度目の正直となるか。

デイリー新潮編集部