スポニチAnnexは6月8日、「中村仁美アナ 番組で呼んだ『超有名占い師』のテーブル上に置いてあった物暴露『これ占いじゃないじゃん』」の記事を配信した。

 ***

 この日、「上田と女が吠える夜」(日本テレビ系列・水・21:00)が放送された。

 MCは上田晋也(52)で、テーマは「占い大好きな女VS占いを信じない女」。番組でゲストとして招かれたフリーアナの中村仁美(43)が、暴露トークを披露したのだ。

《過去に「女性アナウンサーをスタジオに集めて超有名な占い師が占っていくみたいな番組」があったという。占い師のテーブルには「台本と分厚い週刊誌のコピー」があった。中村に関する情報が記されたそのコピーに疑念を抱いたとし、「結局、台本と週刊誌を見ながらコメントされているのを見て、これ占いじゃないじゃんって」とツッコミを入れた》

 上田も「俺もあった」と追随して暴露。とある番組の占い企画で、スタッフから「俺も占ってください」と頼むことは絶対にまかり成らん、と釘を指されたという。

 理由として、「上田さんを占うためには、事前に上田さんに関する膨大な資料を用意しなければならない」と説明されたそうだ。

 最近、YouTubeでの暴露トークが流行しているが、まさか地上波、しかもゴールデン帯の番組で生々しい証言が放送されたことから、ネット上では大変な話題になっている。

入念な打ち合わせ

 バラエティ番組の制作に携わるスタッフは、「相次ぐ暴露に、業界関係者はヒヤヒヤしていますよ」と言う。

 6月4日には、モノマネ芸人の原口あきまさ(46)がYouTubeで、モノマネ番組の“闇編集”を暴露して、こちらも大きな話題を呼んだ。

「原口さんは収録中、コロッケさん(62)のスピーチで涙を流したのですが、実際のオンエアでは全く別の場面で使われていたと明かしたのです。その衝撃が覚めやらぬ間に、今度は中村アナが追い打ちをかけたわけです。こうした暴露が今後も続くようでは、番組を制作している側からすると、たまったものではありません。スタッフは戦々恐々としています」(同・スタッフ)

 中村アナが嘘をつくとは思えないが、発言の信憑性はどれほどのものなのか、念のために訊いてみた。

「あそこまで詳細に明かされると、答えないわけにはいきませんね(笑)。まず、朝の情報番組で紹介される占いと、バラエティー番組で芸能人を相手にする占いでは、作り方が全く違います。情報番組では占い師さんに丸投げすることもありますが、バラエティではスタッフと占い師さんは入念な打ち合わせを行います」(同・スタッフ)

 打ち合わせの際、当然ながら占う芸能人の資料は集める──やはり、中村アナの“証言”は事実だったようだ。

占いは“ツール”

「打ち合わせでは、対象となる芸能人に対し、占うのは恋愛運なのか、金運なのか、仕事運なのかを決めます。更に、優しいトーンで占うのか、厳しく説教するのか、トークの内容や占い師さんの“キャラ”を事前にしっかり決め、構成を組んで進行表を作ります。占い師さんによっては、台本にしっかり書き込むこともあります。全てを事前にしっかりと決めた上で、撮影を始めるのです」(同・スタッフ)

 これでは占いではない、と思う方も多いだろう。実際、その通りらしい。結局のところ、バラエティ番組における占いは、「占いを使ったトーク」という位置づけだという。

「トークコーナーなので、スタッフの構成が主で、占いは従です。未来を予測するのが目的ではなく、対象の芸能人にエピソードを披露してもらったり、本音を語ったりしてもらうための“ツール”なのです。占いが当たるか外れるかは二の次で、占い師のキャラクターが話題となり、芸能人のトークが盛り上がれば成功です」(同・スタッフ)

現場の悲鳴

 占い番組を“NG”にしている芸能人も、意外に少なくないという。

「理由は様々です。占いを信じていないので、番組に出たくないという芸能人もいます。占いを信じているので、『当たるのが怖い』と考える芸能人もいます。また、『占い師に、いい加減なことを言われるのが嫌だ』という芸能人もいます」(同・スタッフ)

 いい加減なことを言われたくない、というのは、中村アナのスタンスに似ているかもしれない。

「ちなみに、加藤浩次さん(53)、有吉弘行さん(48)、アンガールズの山根良顕さん(46)は全く占いを信じず、占い番組は好きではないと言われています」(同・スタッフ)

 占いには一定の需要があるが、占い番組が減っているのも事実だという。

「朝の情報番組で占いを紹介することが多いのは、皆さんもご存知でしょう。需要を証明しているわけですが、バラエティ番組で占いを取り上げるのは年々、リスクが増している印象です。『上田と女が吠える夜』のスタッフは“放送OKの暴露トーク”と判断したのでしょうが、テレビにおける占いの信用度が大きく下がったのは間違いありません。現役の占い担当スタッフからすると、迷惑な番組だったと思います」(同・スタッフ)

デイリー新潮編集部