竹内涼真主演のドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日)が7月7日から放送開始される。その製作が発表されたとき、私の周囲の韓国ドラマファンは、とんでもなくザワついた。この作品が、2020年に韓国で放送され「第4次韓国ドラマブーム」をけん引した大ヒットドラマ「梨泰院クラス」のリメイクだからだ。【渥美志保/映画ライター】

男性を引き込んだ韓国ドラマ

「梨泰院クラス」は、ソウルの米軍基地がある町、梨泰院(イテウォン)を舞台に、居酒屋を開いた前科持ちの青年パク・セロイが、仲間とともに外食産業のトップを目指すサクセスストーリー。青春群像劇でもある。

 彼の前には大きな敵が立ちはだかっている。大手外食チェーン「長家(チャンガ)」の会長チャン・デヒである。チャン会長は、かつて自身の右腕だったセロイの父の死に、そしてセロイの前科にも関わりがある。つまりセロイの成功は、会長への復讐でもあるのだ。時に一歩一歩、時に大勝負をかけて、成功への階段を上ってゆくセロイ。自分を決して卑下せず正しいと信じる道をゆく彼の周囲に集まってきた「ハズレものたち」との絆、彼らを金と力でねじ伏せようとするチャン会長と、そのバカ息子グンウォンの憎々しさ、セロイとその右腕のチョ・イソ、セロイの幼馴染みでチャン会長の犬となったオ・スアの三角関係……この原稿を書くためにNetflixで見始めたら、もうすでに何度か見ているにもかかわらず、止まらなくなってしまった。まったくもって面白すぎる。

 韓国ドラマはこれまで「女性が見る恋愛もの」という色眼鏡で見られてきたが、「梨泰院クラス」はその偏見を覆し、多くの男性ファンを引き込んだ。。そんな作品を日本の地上波でリメイクするとは――このニュースを聞いた私の最初の感想は「やめときゃいいのに……」である。

(1)香川照之といえば、あのドラマの……

 原稿を書いているこの時点で、「六本木クラス」はまだ始まっていない。だからこの原稿が示すのは、あくまで危惧であるということを前提に話を進めたい。

 そもそも梨泰院と六本木は似ているようで全然違う町なのだが、これについては、「梨泰院クラス」の原作ウェブ漫画を翻訳する時点で「六本木クラス」になっちゃっているので、テレビの罪とばかりは言えない。また「長家」の売りは秘伝のヤンニョム(※辛い味噌調味料)を使ったキムチチゲなのだが、「六本木」では「牛筋煮込み」あたりになっちゃったりするんだろうかなど、ローカライズの微妙さも、問題の本質ではない。

 現時点で第一に危惧するのは配役――主人公の宮部新(パク・セロイ役に当たる)を竹内涼真が、敵役の長屋茂(チャン・デヒ役に当たる)を香川照之が演じるという点である。

 特に、香川照之の配役には軽くめまいさえ覚えた。予告編ではドラマ最大の悪役として「土下座をして、謝りなさい」と憎々しく言う香川照之に、頭の中であの特徴的な音楽が鳴り響いたのだ――こ、これは、大和田常務(ドラマ「半沢直樹」)では。

 大ヒットの功罪で、ただでさえ「大和田常務」として記号化されている香川照之にこの手の役を演じさせるのは、作り手がそれ(=大和田常務ショー)を期待しているからではないか。そして大和田常務が失脚する様、つまり土下座を作品の最大の目玉においているという意思表示に思える。

 予告の「巨大な敵に立ち向かう」というナレーションも、当初のティーザーにあった竹内涼真の「俺の復讐は20年がかりだ」というセリフ(というか、その言い回し)も気にかかる。ふたりの間には、オリジナルとは異なる旧態依然としたマウンティング合戦、テストステロンがむんむんに漂う「男vs男」の意地の張り合いがあり、「倍返しだ!」の世界に見えてしまう。誤解なきよう言っておきたいのは、これは決して俳優の罪ではない。キャスティングや演出を手掛ける作り手の、作品に対する理解の問題であり、そのうえで何を最も大事にすべきかという判断の問題だ。キャラクターの外見的な特徴を「梨泰院」に似せればそれですむ問題ではない。

ただの復讐劇では無い

 もちろん「梨泰院」でも土下座はキーワードのひとつだし、セロイの「俺の復讐は15年がかりだ」というセリフもある。だがこうした要素をそこまでフィーチャーしてはいない。というのも「梨泰院クラス」のパク・セロイにとって復讐は通過点でしかなく、究極の目的はその先にある「自由」だからだ。

 彼の目的は「社会のハズレもの」として扱われる自分と仲間たちが、誰にも邪魔されず自由に生きられる世界を作ることである。セロイが梨泰院を気に入り、自分のビジネスの第一歩を踏み出す場所として選んだ理由がそこにある。梨泰院は韓国であって韓国でない、これ以上ないほどに多様性に富んだ町なのだ。

 その多様性を象徴するのが、セロイの仲間たちである。高校中退の前科者であるセロイを中心にしたメンバーは、片親の天才でソシオパス(反社会性パーソナリティ障害)、セロイの刑務所仲間の元ヤクザ、トランスジェンダー、庶子、韓国人を父に持ちながら国籍を認めてもらえないギニア生まれの黒人青年。儒教的価値観や父権主義の根強い韓国において、差別対象になりうるマイノリティばかりなのだ。多様性に満ちた梨泰院は、彼らが目指す「自由」な世界のひな型なのである。

(2)ヒロイン麻宮葵のキャラクターの改変

 私がそれ以上に作品の根幹にかかわる問題だと思うのは、「梨泰院」で最大の魅力といってもいいヒロイン、チョ・イソのソシオパス(つまり精神疾患)設定が、公式HPを見ると「六本木」のヒロイン・平手友梨奈演じる麻宮葵から外されていることだ。ちなみにチョ・イソはマネージャーという設定だが、「六本木」の葵は「店員」とクレジットされている。そこからは新たな不安も湧き上がる。

「梨泰院」の何が面白かったかといえば、女子キャラクターがまったく新しかったことだ。セロイを中心に三角関係を作る、ソシオパスのチョ・イソと、セロイの幼馴染オ・スアの2人のヒロインは、どちらもどこか歪んでいて(なのに魅力的で)、前時代の「女子に求められるもの」――優しさ、献身、従順さ、我慢、優等生的態度、補佐的役割、いわゆる女らしさ――をまったくもって持ち合わせていない。その部分が、ソシオパス設定を外した「六本木」でも表現されているのか、どうも怪しく思える。「梨泰院」にあった型破りな女子キャラが、日本的に無難に好感度高めなキャラクターに収められているような気がしてならないのだ。

 さらにもっと言えば「梨泰院」のセロイも、チャン会長のような人間が勝利してきた前時代の「男性としての優位性」を持ち合わせていない。学歴もコネもない前科者で、女性経験が無いことも明確に示され、それを全く恥じていない。つまり「梨泰院」は若者たちが前の時代の常識を捨て去り、新たな時代を築いてゆく物語であり、それこそがドラマの痛快さと爽快さを支えているのだ。

(3)18時間→10時間に出来るのか

 さて最後に、作品性とはまったく別の、テレビドラマの編成の問題も指摘しておきたい。これまでも多くの韓国ドラマが、日本の地上波ドラマとしてリメイクされている。

「ごめん、愛してる」(2017、主演・長瀬智也)、「魔王」(2008、主演・大野智)、「HOPE 期待ゼロの新入社員(オリジナルのタイトルは「未生 ミセン」)」(2016、主演・中島裕翔)などがそれで、どれもこれも韓国で大ヒットした作品だ。

 エンタテイメント作品における「面白い」という感覚は、日韓でそれほど大きなズレはなく、韓国で人気が出た作品は日本でもヒットする可能性は高い。ただしそれは元の作品を「そのまま」持ってきた場合――100歩譲って「ほぼそのまま同じもの」を作れた場合である。

 はっきり言えば、現在の日本の地上波で韓国ドラマを「ほぼそのまま同じもの」にリメイクすることは不可能だ。よく言われるスタッフや俳優のスキルの違いではなく、ドラマの編成の問題である。韓国ドラマ(「ミニシリーズ」と呼ばれるいわゆる連ドラ)では、各話の長さが1時間を超え、これを16回放送するのが通常だ。仮に1話が1時間10分なら全編で18時間を越える。

 一方、日本のドラマは1話が正味45分で全10〜11回。11回放送だとしても、合計8時間ちょいである。18時間のドラマを8時間に収めるためには、いくつかのエピソードを大胆に省くか、物語を進めるために細部をすっ飛ばすしかない。つまりドラマそのものを「早送り」で見るような仕上がりか、もしくは本来のドラマを薄めたものになってしまう可能性が大きい。「六本木クラス」では特別に、初回は10分拡大で、話数は13回に増やすということがアナウンスされているが、それでも10時間程度だ。

 これはある意味では、日本で作られるマンガ原作の映画の多くが「違う」「面白くない」と言われてしまう要因によく似ているように思う。コミックで5、60巻、時に100巻を超える作品を2時間の映画にするのには、やはり原作のエピソードを切り貼りせねばならない。映画は原作の人気を当て込んでヒットを狙うわけだが、人気ゆえにファンたちの思い入れも強く、映画版の切り取り方によっては「作品のなんたるかを理解していない」と総スカンを食らう。つまるところリメイクする側が最も理解し、大事にしなければいけないのは、原作の「なんたるか」=エッセンスである。それさえきっちりと押さえれば、「最高!」と言ってもらえなかったとしても、「違う」「面白くない」という評価に終始することはなくなるに違いない。「六本木」がそれを理解し描いていることを、今は願うばかりである。

渥美志保(あつみ・しほ)
ライター、インタビュアー。エンタテイメントを中心に、映画レビュー、人物インタビュー、時事コラムなどをライティング。「mi-mollet」、「エル・オンライン」、「GINGER」、「COSMOPOLITAN」にて連載中。Yahoo!オーサー。「GOETHE」、「週刊現代」、「Nikkei LUXE」、「ELLE Japan」、「eclat」などの一般誌、企業広報誌など幅広い媒体にて執筆。関心事は映画、社会学、健康、政治、多様性、女性の生き方。

デイリー新潮編集部