8月8日、“こじるり”ことタレントの小島瑠璃子(28)が自身のTwitterで、中国での活動を見据えて来年から中国の大学に留学することを発表した。中国といえば、コロナ禍によるロックダウンは拡大中だし、なにより日本との関係も台湾問題で決して良くはない。なぜ彼女は中国を選んだのだろう。

 ***

 こじるりは、2009年のホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞して芸能界入りした。それからあっという間にバラエティ番組を席巻することになる。当時の様子をマネージャーが、ホリプロのホームページ内で語っている。

《デビューして間もない小島瑠璃子を担当し、売れていく過程を経験できたことは強烈な経験でした。彼女がまだそこまで仕事がなかった頃、社内掲示板に貼ってあったある番組のオーディション情報が目に留まったんです。「彼女にフィットしそう」と確信を持ちました。ところが応募締め切りは当日。すぐに上司の許可を得てテレビ局に駆け込みました。応募は無事に完了し、本人がオーディションをがんばってくれた結果、見事合格。すると、番組を見て彼女の才能に気付いた別番組のプロデューサーから声がかかり、そのうち他局も注目してくれて。気付いたらスケジュールはびっしりでしたね。》

 2015年にはタレント番組出演本数ランキング(ニホンモニター)で、女性部門の年間女王(429番組)になった。民放プロデューサーは言う。

「バラエティのみならず、『池上彰の選挙ライブ』(テレビ東京)や、MCに起用された『サタデープラス』(TBS系/毎日放送制作)、スポーツニュース番組『S☆1』(TBS)の仕切りも好評で、売れっ子No.1の座に」

 ところが今年に入って、レギュラー番組が次々と消えていった。

2年前から中国移住発言

「3月には、さまぁ〜ずの三村マサカズとのラジオ『みむこじラジオ!』(ニッポン放送)が突然終了。ナビゲーターを担当した『サイエンスZERO』(NHK Eテレ)も降板し、毎日のように見た彼女の地上波レギュラー番組は、現在『サタプラ』と『プレミアの巣窟』(フジテレビ)の2本のみとなってしまいました」

 中国留学のため、仕事を整理したということか。

「そのためもあるでしょうが、彼女が中国移住を考え始めたのは今に始まったことではないのです」

 19年11月5日、彼女はまず中国最大級のSNS「微博(Weibo)」でアカウントを開設し、中国語で自己紹介する動画を投稿した。

 20年1月、「みむこじラジオ!」では、正月に住まいを探すために中国に行ったことを発表。

 3月15日に放送された「ますおか&こじるりのベタな旅人 トラベター」(北海道放送)では、4月から中国に移住するつもりだったがコロナ禍で見送ったと語っていた。

 3月20日、彼女は中国のネット番組「和飯情報局(現・和飯団)」に出演し、中国語を学ぶようになったきっかけを語っている。

きっかけは「キングダム」

「『世界ふしぎ発見!』(TBS)でミステリーハンターとして中国を取材して楽しかったことがきっかけと語っていました。その時の『ふしぎ発見』の特集こそ、19年1月に放送された『大発掘!キングダムの世界 よみがえる始皇帝』でした。彼女はすでに原作の大ファンを公言していましたが、後に作者の原泰久氏との不倫疑惑が報じられました。これが彼女のイメージダウンに大きな影響を与えたと思います」

 不倫報道は20年7月のことだった。本人もそれを認めたが、翌年6月に破局が報じられた。

「破局の翌月に放送された『グータンヌーボ2』(フジテレビ系/関西テレビ制作)では、付き合う前に“いたします”とぶっちゃけトークを展開。これまでの彼女のイメージとは異なる発言に、SNS上には戸惑いの声が上がりました。彼女自身、この発言で仕事が頭打ちになることを悟ったのかもしれません」

 とはいえ、今、中国に行ったところで上手くいくのだろうか。

「茨の道となるかもしれません。親日の台湾とは違い、中国には反日感情が深く根付いています。さらにコロナ禍によるロックダウンも続いていますし、ペロシ米下院議長の台湾訪問で、日中関係は緊迫化しています。20年5月、『あちこちオードリー』(テレ東)に出演した際に、彼女は『日本の仕事をやりながら、交互に出来るかな』と語っていましたが、そう簡単にはいきません」

 あの秋元康氏でさえ、手玉に取られたという。

SNH48の黒歴史

「彼が総合プロデュースを務めるAKB48の姉妹グループとして、12年、上海にSNH48を立ち上げたものの尖閣諸島問題が勃発。翌年のお披露目の際は、日本人メンバーに就労ビザが下りず、舞台に立てなかったということがありました。それ以後も契約問題で揉め、結局は中国側に乗っ取られた形となって日本とは絶縁。現在は中国人が勝手に活動しているそうです」

 その秋元氏にこじるりは、中国行きの相談をしていたようだ。2人の対談が今年1月の朝日新聞に掲載された。一部を抜粋しよう。

《――小島さんは中国での芸能活動を考えているそうですね。
小島「私は中国に行ってみたいと思っていて、中国語を習ってみたりしています」
秋元「ビジネスもやりたいんでしょ?」
小島「そうなんです。日本にいる中国人の人と仕事をするにも、中国語を喋れたほうが絶対良いなと思っています。それで秋元さんとご飯を食べているときに『私はこんなことがやりたいんです!』とたくさん語らせてもらったんですが、家に帰って秋元さんから『大事なのは成功するかじゃなくて、毎日楽しいかだからね』というメッセージが来て、本当にそうだなと思ったんです」》(朝日新聞・2022年1月8日付夕刊)

「秋元さんは中国の怖さをよくご存知なんだから、ちゃんと教えてあげたほうがいいと思いますけど」

 こじるりを心配するファンは多い。

デイリー新潮編集部