放送作家のツイートに業界で衝撃が走った。《いよいよ、これもコンプラNGを食らってしまいました。》とのつぶやきと共に投稿された写真は“ハリセン”だった。バラエティ番組の定番小道具が、コンプライアンスに引っかかるようになったというのだ。

 ***

 ハリセンといえば、チャンバラトリオの南方英二師匠(1932〜2010年)が考案した“張り倒すための扇子”で、彼らのコントでは「大阪名物ハリセンチョップ」として名高い。今もツッコミを象徴する小道具といっていいだろう。民放ディレクターは言う。

「紙製のハリセンは、音は大きくてもそれほど痛くない“ツッコミアイテム”として、昭和に時代から重宝されてきました。それが禁止になったというのだから、穏やかではありません。ツイートした放送作家の辻井宏仁さんは、テレビ東京の『ありえへん∞世界』や『男子ごはん』、ドラマ『〜元気の出るごはん〜タチ喰い!』などの脚本も手がけています。Twitterには【補足】として《今回、罰ゲーム的な使い方がNGとの判断でした。ちなみに同じ番組内で今年の4月時点ではセーフでした。スピード感。》ともありました。今年4月15日にBPOが公表した“痛みを伴う笑い”が影響していることは間違いないでしょう」

 4月15日、BPO(放送倫理・番組向上機構)の青少年委員会が公表した、“痛みを伴うことを笑いの対象とするバラエティー”は他人の心身の痛みを嘲笑する演出であり、それを視聴する青少年の発達に影響を与える可能性がある、という見解のことだ。

テレビ局の自粛

「SNSを見ると、BPOがハリセンを禁止にしたと考えた人もいるようですが、そうではありません。実際は、テレビ局側がコンプライアンス違反に当たると判断してカットするよう指示したようです」

 辻井氏は別のプラットフォームnoteで、より詳しく説明している。

《先日とある番組の収録で/ちょっとしたオチとしてハリセンを使ったのだが/ハリセンを扱ったシーンが丸ごとカットされた。/局側がコンプライアンス違反と判断したという。/(全局でハリセンが禁止された訳ではない)/ハリセンもダメなのか、/と意外だったので、/Twitterで呟いたところ想像以上の反響があり/およそ1万5千件のリツイートにより/あれよあれよと拡散され/引用リツイートも含めると/実に2500件ものコメントが寄せられた。》

 大きな反響があったようだ。

「今のところ、“とある局”の“とある番組”での判断というわけですが、局側が自粛したことに複雑な思いです。BPOの影響力が大きくなり、コンプラのNGラインがさらに厳しくなったように思います。今後はより厳しくなる可能性があります。お笑いタレントの中にもこうした状況を危惧している人は少なくありません」

松ちゃんの危惧

 ダウンタウンの松本人志もそうだ。BPOが見解を発表後、『ワイドナショー』(フジテレビ)では、ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんの自殺に触れつつこう語った。

松本:理由は一つじゃないんでしょうけど、ダチョウ倶楽部の芸とかお笑いがテレビではやりづらくなってて。そういう思いとかジレンマとか、痛みを伴う笑いがダメと言われてしまうと熱湯風呂とか熱々おでんとかもできない。僕なんかはあの芸が有害なんてちっとも思わないし。それだけが理由とは思わないですけど“BPOさん、どうお考えですかね”ってちょっと思いますね。

「最初に“痛みを伴う笑い”が公表された際に業界で心配されたのが年末の特番『笑ってはいけないシリーズ』(日本テレビ)の罰ゲームでしたから、彼はこの問題には度々発言をしています。まさか、ハリセンがターゲットになるとは思っていなかったでしょう」

 ハリセンの次のターゲットとは?

「ポイントは“罰を与える”ところなのでしょう。“ゴムパッチン”も罰ゲームとしてはNGでも、ゆーとぴあの芸を再現ということならセーフかもしれません。“罰ゲーム”という言葉自体がNGワードになる可能性もあります」

 罰ゲームとして多用される“足つぼプレート”はどうか。激痛は走るが、それが体に良いともいわれる。それも青少年に悪影響を与えるというのだろうか。

錦鯉のツッコミまでNG?

「ツッコミとしての“叩き方”も問題となるかもしれません。ダウンタウンの浜田(雅功)さんも、この頃は叩くツッコミは減っていると思います。また、大人気の錦鯉の頭叩きも心配です。適量の音と痛くない感じをどう見せられるかがポイントになるかもしれません」

 ようやく売れたところなのに、気の毒だ。

「今の芸人はコンプラ重視がほとんどなので、テレビに出るためにはNG行為は御法度。BPO案件になるような芸で勝負する芸人はいないでしょう。とはいえ、笑いに規制をかけ過ぎると、笑いの世界は狭くなり、同じような番組ばかりになってしまうでしょう。現場は、今後益々規制が厳しくなるのを覚悟しているようです」

 水清ければ魚棲まず、と言うけれど。錦鯉のみならず、何とも頭の痛い話だ。

デイリー新潮編集部