“こじるり”ことタレントの小島瑠璃子(28)が10月から中国へ留学する。そのため彼女がメインキャスターを務める唯一のレギュラー番組「サタデープラス」(TBS系/MBS制作、土曜7:58〜9:25)は、9月24日の放送で卒業となった。後任のMCは誰になるのか注目されたが、毎日放送(MBS)は早々に後任を立てないことを発表した。そこには、同局の清水麻椰アナ(26)への大きな期待があるからという。

 ***

 MBSは改編会見で、「サタプラ」に後任MCを立てない理由をこう答えている。

担当者:丸山さんの番組にしていきたいくらい。丸ちゃんを支えていくつもりで清水にはやってほしい。

《丸山さん》とはこじるりと共にMCを務めてきた関ジャニ∞の丸山隆平、《清水》とは清水麻椰アナのことである。

 もっとも、在京キー局のプロデューサーの見立ては異なる。

「MBSの清水アナ推しはハンパないですからね。彼女は2019年4月の入社で、半年後には関西ローカルながら人気だった平日昼の情報番組『ちちんぷいぷい』(21年3月終了)に抜擢されました。20年4月からは『サタプラ』のロケ企画“ひたすら試してランキング”に起用され、今年1月からは進行も任されるようになった。さらに4月からは『プレバト!!』(木曜9:00〜20:00)でダウンタウン・浜田雅功さんのアシスタントも務めています」

 ローカル局のアナウンサーだが、全国放送が2本もある。

実は老舗放送局

「MBSを侮ってはいけません。大阪の準キー局である同局は、1951年7月に日本の民間放送として初の試験電波を発信しており、9月1日には名古屋の中部日本放送(CBC)と共にラジオ放送を開始しました。ちなみにCBCのほうがスタートが5時間早かったので、MBSは2位に。東日本初のラジオ局として開局したTBSですら本放送の開始は同年の12月ですから、東京よりもはるかに早かったのです。テレビ放送が始まってからは弱小の教育テレビ局だったNET(現・テレビ朝日)と組んだため、隙あらばキー局になったやろうとしていた局なのです」

 そんなMBSが制作する「サタプラ」枠の歴史は長い。

「この枠は1970年にスタートした『八木治郎ショー』が原点です。もっとも当時は、MBSはテレ朝系列でした。TBS系列に移ったのは75年。以来、半世紀近く、TBSの土曜の朝を彩ってきたのがMBSなのです。同局にとって『サタプラ』は、大阪本社のスタジオから全国ネットで生放送している唯一の番組です。最も将来を期待される局アナが起用されると考えていいでしょう」

 それが清水アナというわけだ。

ラテ欄の1行目

「“ひたすら試してランキング”を担当する清水アナは、数社の競合食品の食べまくりで人気を得ました。その姿は、民放の人気No.1となった水卜麻美アナ(35)の路線を狙っているようにも見えました。その頃から新聞のラテ欄にも彼女の名前が組み込まれるようになり、推しがハッキリと分かるようになってきました」

 最初は昨年1月30日のラテ欄だった。

《サタデープラス 清水/麻椰コーンスープ10時/間&3時のヒロイン食/べ合わせ調査▽超激安/スーパーOKベスト15》(註:/は改行)

「ゲストの3時のヒロインを差し置いて、番組タイトルの直後に彼女の名が出るようになりました。2月13日には番組タイトルが『サタプラ』4文字に略され、1行目に《サタプラ 清水麻椰》と彼女のフルネームが途切れることなく収まるようになりました。ラテ欄の1行目に局アナのフルネームが入るなんてことは、日テレの水卜アナでも、テレ朝の弘中綾香アナ(31)でも見た記憶がありませんね。特別待遇といっていいでしょう」

 昨年3月に前枠の「サワコの朝」(7:30〜8:00)が終了したため、4月より「サタプラ」は前枠を吸収する形で放送枠を拡大した。スペースも拡大されたラテ欄の1行目は、川口春奈や浜口京子、浜辺美波といったゲストが埋めたこともあったが、すぐに清水アナが復帰した。

技術はあるが

「東京五輪が開催された前後や、メジャーリーグで大谷翔平の活躍が注目された際は、さすがに彼女がトップを飾ることはありませんでしたが、ほとんどの週で彼女の名前が1行目に出てきます。今年1月に新型コロナに感染した時も、彼女の名は残ったほど」

 今年4月から「サタプラ」は7:58スタートとなった。4月2日のラテ欄は《サタプラ 丸山隆平&/小島瑠璃子&清水麻椰》と表記された。

「ラテ欄に3人のフルネームを入れるのはもったいない気もしますが、放送枠が変わったので3人を印象づけようとしたのかもしれません」

 変化があったのは4月30日だ。《サタプラ 丸ちゃんの/助っ人は?清水麻椰ひ/たすらロースハム》とラテ欄にはある。

「丸山が新型コロナに感染したんですね。翌週もこのパターンで、5月17日からは再び1行目は清水アナが飾るようになりました」

 7月9日、前日に殺害された安倍晋三元首相の悲報を各局が報じている際にも、「サタプラ」の1行目は彼女だった。

「ランキング情報番組ですから、そこは仕方がなかったのでしょう。それにしても、推しが強いと思います」

 なぜ、MBSはそこまでして彼女を推すのだろうか。

「トークの技術はあると思います。明るいし前向きなキャラもいい。将来有望であることは間違いない。MBSがスターアナとして売り出したいのでしょう」

 だが、まだ時期尚早というのだ。

「4年目ですからね。アナウンス力はありますが圧倒的というわけではありません。これまでの『サタプラ』は、こじるりと丸山というちゃんという出来るMCが座っているのに、それを差し置いて彼女がトーク進行をしていました。CMやコーナーの振りも2人はポーズだけで、清水アナの声が入る。せっかく高いギャラを払って据え置いたMCも置物状態でした。視聴者にはどう映るでしょうか。その点がやや心配ですね。もっと大事に育ててあげたほうが彼女のためです」

デイリー新潮編集部