自らが作詞した「おふくろさん」を無断で改変されたとして激怒し、森進一と絶縁した鬼才の逝去から14年の歳月が流れた。「月光仮面」の生みの親にして、歌謡曲のみならず映画やドラマの脚本など数多(あまた)の作品を世に送り出した作詞家で作家の川内康範氏(享年88)。そんな彼の代表作のひとつであるテレビアニメの舞台化を巡り、遺族間でバトルが勃発していた。

 ***

 11月17日から27日まで、東京芸術劇場で上演していた「舞台 日本昔ばなし」。先ごろ亡くなった仲本工事さんがキャスティングされていたことから、追悼公演としても話題を集めた。

 舞台の元になったのは、1975年から毎日放送が放映したテレビアニメ「まんが日本昔ばなし」で、企画段階から監修者として携わったのが康範氏だった。女優・市原悦子の穏やかな口調のナレーションでも親しまれ、惜しまれつつも94年に放送終了となった番組が、令和の世に舞台劇としてよみがえったのである。

奇妙なメールが

 ところが、公演が始まる前の10月半ばから、舞台関係者やマスコミ各社に奇妙なメールが届き始める。差出人は「川内文藝事務所」の代表だと称する「飯沼龍飛」という人物で、〈「まんが日本昔ばなし」につきまして、同作の映像管理会社である株式会社愛企画センターとの間に、未解決の権利問題が存在しております〉としたうえで、「昔ばなし」を新規企画や取材などで取り上げる際は、自分に連絡を寄越すよう要請したのだ。

「メールは私にも来ましたが、舞台に関係する全てのところに送られたんじゃないですかね。おかげで方々から問い合わせを受ける羽目になって大変でしたよ」

 と明かすのは、今回の舞台を発案し制作に携わったプロデューサー氏である。

1千万円弱の損害

「まるで現在進行形のトラブルがあるかのように書かれたので、舞台のスポンサーだった2社が“今回は様子を見させてください”と下りてしまい、制作側は1千万円弱の損害を受けました。そもそも、今回の公演プロジェクトは、私の事務所に所属していた市原悦子さんが、4年近く前に亡くなられた頃から考えていたものですが、今年6月、(メールを送り付けた)飯沼氏の父である春樹さんに『昔ばなし』について確認することがあったのでご連絡した際、うちはかかわりがないので『愛企画』に確認してほしいと言われた。それで最終的には『愛企画』の原作協力で舞台化にこぎ着けた経緯があるのです」

「長男と孫」VS「4番目の妻」

 これには少々説明がいるだろう。康範氏には5人の妻がいたとされるが、「昔ばなし」のアニメ化は、4番目の再婚相手・川内彩友美(さゆみ)氏との“二人三脚”で制作が進められていた。童話作家だった彼女は、メールにも記されていた「愛企画センター」に勤め、現在は代表取締役として、「昔ばなし」の映像や著作に関する権利を管理してきた実績を持つ。

 他方、異議を唱えるメールを方々に送りつけた「飯沼」なる人物は何者なのか。

 川内家の内情に詳しい芸能関係者が言う。

「メールを送ったのは康範氏の孫にあたる飯沼龍飛氏です。彼の父・春樹氏は弁護士で、康範先生の最初の妻の長男になります。康範先生の死後、森進一と“和解”し『おふくろさん』を歌う許可を与えて世間の注目を浴びた人ですが、今回の騒動はまるで“自分たちにも舞台の分け前をくれ”と主張しているように見えてしまいますね」

 つまりは鬼才の「長男と孫」である飯沼家側と、アニメ作品の継承者である「4番目の妻」とのバトルに、舞台の運営サイドが巻き込まれた格好なのだ。

制作サイドには不信感が

 改めて、前出のプロデューサー氏に尋ねると、

「実はメールを送ったお孫さんから連絡をもらい、舞台化の経緯をきちんと説明し、何度かやりとりした結果、“もう口出しはしない”と話がついたのです。ところが、10月19日に仲本さんが亡くなった後、代役が誰になるかなどの報道を出したメディアにまで、お孫さんは権利問題があるとのメールを出し始めた。なぜこんなことをするのか尋ねようと何度も電話したのだけど出ることはなく、最終的にはメールで“こちらから言うことはありません。この話は打ち切りにしましょう”と言われたのです」

 すったもんだの末、康範氏の孫との話し合いが決着したのは10月末のことだった。とはいえ、制作サイドとしては未だ不信感は拭えないという。

「舞台は映像化して配信することも予定していますので、今後も何か言われる可能性があるのではと困惑しています。国民的な素晴らしいアニメなのに、いざこざがあるとして“ややこしい作品”だと世間に誤解されてしまうことを恐れています。ましてや子供向けの作品ですから『おふくろさん』とはわけが違う。もめてほしくありません」(同)

「厳しく叱りました」

 当の飯沼家を代表して春樹氏はこう釈明する。

「息子が独断でやったこととはいえ、関係者のみならずマスコミ各社にまでメールを送ったと知って本当に驚いています。行き過ぎもいいところです。たしかに父の作った歌や『月光仮面』などの著作権は、基本的に私が法定相続人として任されているわけで、『昔ばなし』の権利は誰にあるのかは調べてみないと分からない。ただ昔から『愛企画』がやってきたことだから、よほどの根拠がないと我々に権利があると言うべきではない。経済的な意味では一番価値があるのは『昔ばなし』なんじゃないですか。下手をすれば営業妨害になるので、息子にも“トラブルは起こすな”と厳しく叱りました。彼が何を根拠に行動したのか分かりません。私の管理が悪くてこんなことになってしまい、申し訳ないとは思います」

 現代社会の荒廃を嘆き、「日本の心は昔話に表れている」と語っていた康範氏。自らが重ねてきた過去の業によって生じた遺族たちの“諍い話”を、草葉の陰でどう聞いているのか。

「週刊新潮」2022年12月1日号 掲載