11月4日、中居正広(50)が病気治療のため、所属事務所が《1カ月ほど》の活動休止を発表した。中居は7月に急性虫垂炎で5日間入院。10月に入ると、体調不良で番組出演を見合わせ、同月中旬に復帰したばかりだった。人気司会者の彼がいない間、代役を務めることになったのは……。

 ***

 現在、中居のレギュラー番組はテレビ3本とラジオ1本がある。

●「ザ!世界仰天ニュース」(日本テレビ)火曜21:00〜21:54
●「中正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS)金曜20:57〜22:00
●「中居正広のニュースな会」(テレビ朝日)土曜12:00〜13:26

●「中居正広 ON&ON AIR」(ニッポン放送)土曜23:00〜23:30

 休養発表の翌5日には、「キャスターな会」(テレビ朝日)で、自らの言葉で説明した。

中居:1カ月ほど休養を取らせていただきます。見ての通り、ちょっと体力的にも筋力的にも落ちてきて、リハビリも含めて、1カ月。今、筋力や体力をつけるような体調ではないので、体調が治ってから、コンディションを整えるのに、1カ月ぐらいかかるのではないかということで、私からの報告でございます。

 さらに番組の代役については、レギュラーの劇団ひとりを指名した。

中居:僕からもお願いですけど、今後、どういう形で『キャスターな会』をお送りするかわからないですけど……劇団さんにこっちに来ていただきたい。

 もっとも、翌週12日は、確かに劇団ひとりが冒頭の挨拶をしたものの、実際の進行は清水俊輔アナが務めていた。民放ディレクターは言う。

キスマイ藤ヶ谷の代打

「レギュラーメンバーを代打に起用するのは順当と言っていいでしょう。『金スマ』も進行役だった安住紳一郎アナがやっています。一方、休養宣言より一足早く、11月1日に放送された『世界仰天ニュース』2時間スペシャルでは、関係者から驚きの声が上がりました。中居の代役が、ジャニーズ事務所の後輩であるKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔(35)だったからです。しかも、藤ヶ谷曰く、キャスティングは中居自身によるものだったというのです」

 これについては、「世界仰天ニュース」で中居と共に司会を務める笑福亭鶴瓶(70)も古舘伊知郎のYouTubeチャンネルで同様の発言をしている。

鶴瓶:中居が藤ヶ谷に頼んでたんですよ。エラいなと思います。

 さらに、中居がパーソナリティーを務めるラジオ「ON&ON AIR」も、藤ヶ谷が務めることになった。

「ラジオのほうも、休養前の週に中居自ら、藤ヶ谷に代役を呼びかけていました。ファンの間では、中居がジャニーズを辞めた後も、後輩のキスマイを可愛がってくれていると好評のようです。もっとも、これには中居にも計算通りだったと思います。まず自分が欠席の間、ジャニーズの後輩に託すことで、事務所を辞めた後でもキスマイとの絆が引き続き存在していることがアピールできますからね」

 さらに、もうひとつの計算があるという。

鶴瓶&藤ヶ谷コンビ

「『世界仰天ニュース』は2001年4月にスタートし、今年で丸21年を迎える長寿番組です。中居と鶴瓶師匠との掛け合いは、中居によるツッコミが多く、番組の味となっています。彼は番組スタートから欠席したことがなく、ジャニーズ退所後も引き続き番組を継続できていることにも感謝しています。もっとも、ここ数年はマンネリ感も出てきたのか、視聴率はかつてのような高視聴率を獲得することが減ってきた。もし、自分が欠席している間、代役MCの評判が良く、高視聴率を獲得した場合、最悪の場合は“MC交代”ということにもなりかねない。それを避けるためにも、後輩である藤ヶ谷を指名したようです。藤ヶ谷での視聴率が良くても、番組MCを奪い取られることはないでしょうから」

 まだある。
 
「藤ヶ谷は2020年4月から『A-Studio+』(TBS)で鶴瓶師匠と共にMCを務めています。2人の掛け合いも悪くありません。この2人なら『世界仰天ニュース』でも気負うこともないと考えたのでしょう」

 一石三鳥である。藤ヶ谷が『世界仰天ニュース』で代役を務めた翌週11月8日には中居が一時復帰した。そこで中居は、前週の藤ヶ谷の評判がいいことにむくれて見せた。

「鶴瓶&藤ヶ谷コンビはこれっきりのように見えましたが、実はこの放送があった8日に、麹町(東京・千代田区)の番町スタジオでは、鶴瓶&藤ヶ谷コンビで2本の番組収録が行われました。11月29日と12月6日の2週にわたり、『世界仰天ニュース』の代理MCが藤ヶ谷になったのです」

 ところが、

「鶴瓶&藤ヶ谷コンビの収録を聞きつけたTBSが中居サイドに泣きを入れてきたそうです。何回も藤ヶ谷を使われたら困る、と。2人には『A-Studio』という珍しい2ショットをウリにした番組がありますからね。同じ座組のトークを他局で放送されたら、番組の価値も視聴率も下がってしまう恐れがある。代役も一度だけならともかく、何度もやられたらたまらないというわけです」

デイリー新潮編集部