「早稲田vs.慶應」進学するならどっち? データに表れた“歴然の差”のワケ

「早稲田vs.慶應」進学するならどっち? データに表れた“歴然の差”のワケ

「早稲田vs.慶應」進学するならどっち?(1)

 多くの受験生の憧れで、できる子には妥協できる最低ラインでもある早稲田と慶應だが、どっちを選ぶべきなのか。なかでも人気の早稲田政経、法学部と慶應法学部について、受験生も親もOBも知りたい最新状況をもとに徹底比較。両校の様変わりにも驚くはずだ。

 ***

 昔から慶應の学生やOBを除けば「慶早」とは呼ばない。世間では「早慶」と呼ぶ。だから、その並びを大学の序列のように認識している人が多いが、早慶双方に合格した受験生がどちらに進学したかを追跡したデータには、驚くべき数字が示されている。

 もっとも、この記事を最後まで読めば、優劣など簡単にはつけられないことがわかるはずだが、事前にそう断る必要があるほど、数字は一方的である。

 なにしろ、2018年度入試(18年2月実施)で早稲田大学法学部と慶應義塾大学法学部にダブル合格した学生は、東進ハイスクールのデータによれば、86・7%が慶應に進学。慶大法学部と早稲田の看板、政治経済学部とのダブル合格者も、71・4%が慶應に進んでいるのである。

「早慶文系の実学系学部を、偏差値やダブル合格者の選択結果などの観点から総合して並べると、慶大法が1番。次に早大政経と慶大経済が同じくらいで2番、以降、早大法、慶大商、早大商と続きます」

 と、東進ハイスクールを運営するナガセの市村秀二広報部長は言う。ちなみに東進の偏差値では、慶大法が70・3、早大政経が70・1、慶大経済が69・8、早大法が68・8である。

「1970年代から80年代半ばまでは早稲田の政経が断トツでしたが、90年代半ば、それを慶應が上回りました。背景として、慶應には改革を訴える力があったことが挙げられます。その象徴が90年のSFC(湘南藤沢キャンパス)創設です。その際に注目されたのが、シラバス(授業計画)を公開し、学生に明確なメッセージを送り出したこと。加えてAO入試を日本で初めて導入し、慶應は先進的だというブランディングにも成功しました」

 ひとたび偏差値が逆転すると、その差がわずかでも、

「偏差値が高い大学を選ぶという受験生心理はあると思います」(同)

国立大志願者が併願しやすい

 21世紀になって、その傾向はさらに強まったようで、駿台教育研究所進学情報事業部長の石原賢一氏は、

「06年以降、難関国立大の後期試験廃止が相次いだのが大きかった。併願先として従来以上に早慶が注目され、国立大志願者が併願しやすい慶應の人気がより高まったのだと思います」

 と語る。慶應が併願しやすい理由の一つを石原氏は、

「早稲田は2月20日くらいまで入試があり、すぐあとに旧帝大を受けるのは日程的にきつい。一方、入試日程が早い慶應なら、時間的に余裕があります」

 と話す。慶應は合否も国公立の2次試験前にわかるのだ。大学通信常務取締役の安田賢治氏が補う。

「ほかの私大は英語、国語、歴史などの選択科目の3科目で受験できますが、慶應の入試には小論文があって対策が必要です。そうやって労力をかけるうちに、慶應が第1志望になりやすい。また、慶應は小論文以外にも論述が多く、東大など国公立大の試験問題との親和性が高い。だから、国公立と併願しやすいのです」

 慶應の完勝のようだが、ナガセの市村氏は、こんなデータも示してくれる。

「旧七帝大合格者に絞って、18年度の早慶の併願状況を見ると、早慶両方を受けた人が32・9%。その人たちの各大学の合格率は、早稲田が67・9%で、慶應が72・8%。旧帝大の合格者でも早慶には7割ほどしか受からないのは驚きですが、加えて早稲田の合格率が5ポイントほど低い。ダブル合格者の多くが慶應に進んだとしても、このデータからは、早稲田のほうが難しいともいえます」

 冒頭に示したデータから想像されるほど、両校の難易度に開きはないようだ。

慶應人気を支える“イメージ”

 慶應人気は、別の観点からも説明できそうだ。大学通信の安田氏が言う。

「昔は地方の生徒は早稲田、都会の生徒は慶應というイメージでした。ところが近年は地方から東京への進学者が減って、早慶ともに合格者の7割前後は1都3県の出身者です。でも、昔からのイメージが残っていて、東京の人は今も慶應を選ぶ傾向があるようです」

 駿台の石原氏は、また少し違う角度から、

「東大や京大、一橋大の受験者が慶應を選ぶ理由の一つは、早稲田より規模が小さいからだと思います」

 と言って、続ける。

「早稲田の規模の大きさは、30〜40年前までは、いろんな人がいて自分にも居場所があると思える点で、地方出身者にプラスでした。一方、慶應は地方から進学するとオシャレな雰囲気についていけないと思われていた。でも今はテレビやネットの影響で、どこで育っても情報量は変わらない。むしろ大きいのは各家庭間の経済格差です。最近の成績上位層は中学受験時から偏差値で輪切りにされ、同程度の生活水準の人たちに囲まれて育っていて、規模が大きく多様な人間がいる世界に放りだされることへの恐怖感が強い。それが早稲田より慶應が選ばれる潜在的な理由だと思います」

 ちなみに18年の入学者数は、早稲田が約9千人で、慶應が6千人台の半ばである。

また早慶の人気が逆転?

 さて、人気の慶應のなかでも、現在の一番人気は、

「法学部政治学科です」

 と、『早稲田と慶應の研究』の著書があるライターのオバタカズユキ氏が言う。

「90年代まで、経済学部が一番人気でしたが、ここ10年ほど法学部の優位が続いています。今は医学部を除けば法学部の偏差値が一番高く、なかでも法律学科よりも政治学科が、単位取得がラクだと言われています。慶應生にはコスパを重視する傾向がありますね。慶應の学部間のヒエラルキーは、塾高(慶應義塾高校)からの内部進学先の人気と密接に関係していて、今は塾高内でも、法学部人気が経済を追い抜いています」

 たしかに、慶大経済は法学部にくらべて単位の取得が大変だ、という話は以前から伝わっていた。もちろん、慶大法学部が積極的に選ばれる理由もあって、

「16年から3年連続、慶應の司法試験合格実績が私立で一番というのも、人気の理由の一つでしょう。法曹界に進みたい人は、私立なら慶應に行こう、と考える人が多いはずです」

 とナガセの市村氏。18年の法科大学院別の司法試験結果を見ると、慶應の合格者が118人、合格率39・20%に対して、早稲田は110人、36・54%。その前年は慶應の144人、45・43%に対し、早稲田は102人、29・39%である。

 一方、いま早稲田が注目される点もある。市村氏が話を続ける。

「21年度入試から、早稲田の政経では数学が必須になります。具体的には、センター試験に代わる大学入学共通テストで外国語、国語、数学Ⅰ・A、選択科目を受験し、それが各25点。ほかに、日英両言語による長文を読んで答える学部の独自試験が70点、英語の外部検定試験が30点という配点になる予定です。数学が必須になると、私立専願の受験生は減るかもしれませんが、リスクを冒しても、数学が必要とされる社会の要請に応えていて、配点から英語重視もうかがえる。こうした思い切った改革は長い目で見れば、本物の人材の輩出につながります。一方の慶應は、21年からの入試改革に静観の構え。今後また早慶の人気が逆転することもあるかもしれません」

(2)へつづく

「週刊新潮」2019年1月3・10日号 掲載


関連記事

おすすめ情報

デイリー新潮の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索