がんになると痩せ衰える――。日本人の2人に1人がなるといわれる国民病は一般的にそんなイメージを持たれているが、近年、痩せる原因が「がん悪液質」だと判明したという。さらに期待の治療薬も発売。悩める患者を救う吉報となるか、そのメカニズムを解説する。

 ***

 一般的にがんになると、体重減少や食欲不振が起こるというイメージがある。実際にがん患者の多くがそれを経験する。これまでは、抗がん剤の副作用やがんの進行で、がん患者の体重が減ったり、食欲がなくなったりするのは、仕方のないことだと放置されてきた。

 だが近年、それが「がん悪液質」という合併症であることがわかり、治療の重要性が問われるようになってきた。早い段階で「がん悪液質」の治療を受けることで、生活の質(QOL)の向上と予後の改善が可能になるからだ。

 今年4月、その「がん悪液質」の治療薬が日本で初めて発売され、世界的に注目を集めている。

 薬の治験を行った、日本がんサポーティブケア学会・悪液質(Cachexia)部会長で京都府立医科大学大学院医学研究科・呼吸器内科学の高山浩一教授は、「がん患者さんは、基本的に体重は減っていくばかりなのですが、この薬の治験を通して、患者さんの体重が増えていった。患者さん自身も喜んでくれましたが、私にとっても嬉しい驚きでした」と語る。

 薬の名称は、「エドルミズ(一般名:アナモレリン塩酸塩)」。スイスの製薬会社Helsinn社が開発したもので、日本では小野薬品工業がライセンス契約に基づいて販売している。

 そもそも「がん悪液質」とは何なのか? 簡単に説明すれば、ダイエットしているわけでもないのに体重が減少し、筋肉量が減り、食欲も出ないなどの症状が現れ、さまざまな機能障害や代謝異常をともなう病態のことをいう。悪液質の語源はギリシャ語で「悪い状態」という意味。悪液質は心臓病や腎臓病、慢性閉塞性肺疾患などでも起こることがあるが、がんが原因であることが多く、それを「がん悪液質」と呼ぶ。

体重が減少して衰弱、肺炎のリスクも

 国際的には、「通常の栄養サポートでは完全に回復することができず、進行性の機能障害に至る、骨格筋量の持続的な減少を特徴とする多因子性の症候群」と定義されている。骨格筋とは、骨格に沿った筋肉のことで、立つ、歩く、座るなどの動作に必要な筋肉のことだ。

「がん悪液質は、進行がんの患者さんの約5〜8割にみられます。がんの種類によって発症リスクは異なり、すい臓がん、胃がん、食道がん、頭頸部がん、肺がんで起こりやすく、乳がんや前立腺がんでは、病気がかなり進行するまで起こりにくい傾向があります。がん悪液質で問題なのは、体重が減って衰弱すると、積極的な治療が受けられなくなり、肺炎などの合併症を生じやすくなるため、予後が非常に悪くなることです。ある論文では、がん患者の4分の1が、がん悪液質によって命を落としていると報告されています」(高山教授)

 がん悪液質になると、やせている姿を見られたくない、食べられなくなったことを知られたくない、という気持ちから、知人と会ったり外食することを避けるようになる。また骨格筋が減少すると、歩く速度が落ちたり、歩行が困難になるなど、日常生活にも支障が出てくる。

 さらに食欲不振は、家族間の軋轢を招くこともある。「食べさせたいのに食べてくれない」という家族の思いと、「食べたいけれど食べられない」という患者の思いが対立する。

 家族間のストレスをなくし、社会的に孤立せず、QOLを落とさないためにも、がん悪液質はできるだけ早い段階で治療に取り組むことが重要なのだ。

診断基準は

 がん悪液質のメカニズムとは、どのようなものなのか? 高山教授はこう説明する。

「がん悪液質で体重が減るのは、がんによって脂肪の分解が促進され、筋肉の合成も減って分解が進むからです。がんがあることで慢性的に炎症が起こり、体を守る免疫反応として炎症性サイトカインが活性化することで、このような代謝異常が起こります。また、がん細胞自体からも、脂肪や筋肉の分解を促進させる物質が分泌され、代謝異常を加速させます。つまりがん悪液質という病態があると、安静にしていても常にエネルギーを使い続けている状態になり、燃やしてはいけない骨格筋まで分解してしまうのです。いわば、家の中にいて暖を取るために、使ってはいけない柱まで切って火にくべている状態といえます」

 さらにがん悪液質になると、炎症性サイトカインや脂肪細胞から、脳の視床下部へ食欲を抑えるように指令を出す物質が分泌されるため、食欲も低下してしまう。食欲が出ない上に、たとえ食べることができても、体重の減少が止まらなくなるのだ。

 では、がん患者は自分ががん悪液質であるかどうかを、どのように判断すればよいのだろうか。がん悪液質はあくまでも病態であるため、体重減少などの症状で判断するしかない。現在の診断基準では、次の3項目の一つでも当てはまる場合、がん悪液質と判断される。

(1)過去6カ月間の体重減少が5%超。

(2)体格指数(BMI、体重÷身長÷身長)が20未満で、体重減少が2%超。

(3)サルコペニアで体重減少が2%超。

 サルコペニアとは、加齢や病気などによって筋肉量と筋力が低下した状態のことをいう。サルコペニアかどうかは、患者自身が簡単にチェックできる「指輪っかテスト」という方法がある。ふくらはぎの最も膨らんだ部分を両手の親指と人差し指で囲み、すき間が空く場合はサルコペニアの可能性が高いという。

進行度をあらわす三つのステージ

 これらの診断基準に加えて、日本がんサポーティブケア学会によれば、体重減少や食欲不振を自覚したときは、すぐに担当医や看護師に相談するように勧めている。

「食欲が出ない」

「食事をしてもすぐに満腹になってしまう」

「食べているのに体重が減っている」

「がんになる前から穿いていたズボンやスカートがゆるくなった」

「常に疲労感がある」

「筋力が低下している」

「握力や歩行速度が低下している」

「味覚異常や嗅覚異常がある」

「吐き気・嘔吐がある」

「何もやる気になれず、うつうつとしていることが多い」

 などの症状だ。

 高山教授は、

「がん悪液質の問題は、がん患者さんが体重減少をあまり気にとめていないという点にもあります。以前インターネットで調査を行ったのですが、食欲不振や体重減少について医師や看護師に相談する人は少なく、その理由として“相談するようなことではないと思った”と回答した患者さんが半分以上いました。体重が減るということは、生命予後に直結する問題なので軽く考えず、体重の変化には注意を払ってもらいたい」

 と忠告する。

 ちなみに、がん悪液質には、進行度をあらわす三つのステージがある。がん悪液質と診断するほどの状態ではないものの、体重減少や食欲不振が起こり始めている「前悪液質」と、前述した診断基準にあてはまる「悪液質」、そしてがん悪液質の症状に加えて、抗がん剤治療も難しくなった「不応性悪液質」という三つである。

「現実には、この三つのステージの境目は曖昧で、次第に不応性悪液質へと移行していきます。多くの医療従事者の持つがん悪液質のイメージは不応性悪液質ですが、ここまでくると回復はかなり困難な状態といえます。なので、がんの治療を続けるためには、できるだけ前悪液質の段階で治療を始めて、急激な体重減少を防ぐことが大切になります」(高山教授)

治療薬が登場

 ただし治療を始めるといっても、これまでは、栄養療法や運動療法などがあるだけで、がん悪液質に有効な治療薬は存在しなかった。それだけに今回、世界ではじめて承認され、販売が開始された治療薬には大きな期待が寄せられている。

「エドルミズ(一般名:アナモレリン塩酸塩)」は、グレリン様作用薬とされている。グレリンとは、食欲と体づくりにかかわるホルモンのことで、空腹になると主に胃から分泌されて脳に作用して食欲を高め、成長ホルモンの分泌を促して筋肉量を増加させる。つまり「エドルミズ」は、その有用なホルモンと同様の働きをする薬なのだ。

「グレリンを薬に使うというアイデアは昔からありましたが、グレリンは血液中で活性化する時間が短すぎるため、薬としての開発は難しかった。アナモレリンはそのグレリンと同様の働きをしながら、長時間安定して血液中に存在するので非常に使いやすいのです」(高山教授)

「エドルミズ」は1日1回2錠(100mg)を空腹時に服用する経口薬で、薬価は246・4円/錠。今のところ適応されるのは、非小細胞肺がん、胃がん、すいがん、大腸がんにおけるがん悪液質である。

 高山教授は、2010年頃からこの治療薬の治験に携わってきた。最初は、非小細胞肺がんにともなうがん悪液質の患者174名を、アナモレリン群84名とプラセボ(偽薬)群90名に分けて、12週間にわたって薬を投与した。

 その治験の結果、アナモレリン群で、平均1・38キロ除脂肪体重(骨格筋)が増加した。プラセボ群では平均0・17キロ除脂肪体重が減ったので、明らかな有意差が生まれたのだ。アナモレリン群では、最初の3週間で体重が増え、そのまま12週間その体重が維持された。この治験ではQOLに関する調査も行われ、食欲の増加も明らかに認められた。

体重が8キロ増加したケースも

 さらに消化器がん(胃がん、大腸がん、すいがん)にともなうがん悪液質の患者49名を対象にした治験も実施した。アナモレリンを12週間投与した結果、除脂肪体重が投与前よりも増加あるいは維持した“レスポンダー(治療効果が確認された患者)”は63・3%に及び、平均1・89キロの除脂肪体重の増加がみられた。

「反応の早い患者さんの場合、1〜2日で食欲が改善しました。“先生、すごく食べられるようになりました”と報告してくれる患者さんもいて、家族の方々からも喜ばれました。治験を通して、単にエネルギーを摂取しやすくなったという以上に、全般的に患者さんがエモーショナルに元気になったという印象を受けました。体重増加が著しかった例では、体重が45キロまで減少していた人が、53キロに回復したというケースがありました。8キロもの増加で、私たちもそこまで増えるとは予想していませんでした」

 と、高山教授は驚きをもって振り返る。

 なお薬の副作用としては、心電図異常や、糖尿病の悪化、肝機能障害などがある。心電図異常は、脈が遅くなる徐脈などがおもな症状で、自覚症状が現れることはまずないという程度だった。糖尿病の悪化については、5%ほどの頻度で血糖値が上がる例があった。また肝機能の検査値に異常が見られるケースもあったが、治療が必要になる患者はいなかった。

「副作用はあるけれども、薬の効果のほうが大きいというのが治験の結果です。ただし治験では、比較的元気な人が対象だったので、がんが進行した全身状態の悪い患者さんに、どのくらいの副作用が起こるのかというデータはまだありません。それについては、市販後調査のデータを見ながら、慎重に投与を判断していく必要があると考えています」

 また、心筋梗塞や狭心症など心臓に障害があって治療薬を服用できないケースもあるので、服用にあたっては必ず主治医に治療歴を伝える必要があるという。

「食べることは生きる活力」

 成功したかに見える治験だったが、課題も生まれた。治療薬によって骨格筋量は増えたが、筋力の改善が見られなかったのだ。治験では、握力や6分間歩行などの調査が行われたが、アナモレリン群とプラセボ群との間に有意差は生まれなかった。

「これは大きな課題として、いまも残っています。私たちの考えでは、ある程度筋肉に負荷をかけなければ、日常生活に役立つような筋力の回復は得られない。筋力の改善には、骨格筋量を増やすだけではだめで、運動トレーニングが必要だろうと推測しています。そのため現在、筋力を高める運動プログラムを作り、アナモレリンの投与と併行してその運動を取り入れた臨床試験を行っています」

 と、高山教授は課題への対応を語る。

 もし運動トレーニングによる筋力改善の有効性が確認できれば、治療薬とセットにした療法として推奨されることになるだろう。

 ともあれ、がん悪液質を治療薬で改善できるようになったのは、がん患者にとっては大いなる朗報である。現在は、前述したように治療薬「エドルミズ」が適応されるがんの種類は限定されている。それは治験を行ったがん種を対象としているからで、今後ほかのがん種に対する治験が行われて結果が出れば、適応されるがん種は広がる可能性もある。

「今回の治療薬は、がんを直接治療する薬ではありませんが、食欲が出てきて食べられるようになれば、体重減少による衰弱が軽減し、中断せざるを得なかったがんの治療を続けられる患者さんが増えるのではないかと期待しています。その結果、予後の改善につながり、寿命が延びる可能性があります。なにより、患者さんのQOLが向上することが大きなメリットだと感じています。食べることは生きる活力につながるのです。今回の治療薬の治験を通して、そのことを強く感じています」

 と高山教授は実感を込めて語る。

 がんでやせていくことは、不可抗力ではなく、もはや改善できる病態といえる。確かに、抗がん剤や放射線療法などの副作用や、がんの進行や再発による精神的な落ち込みで、食欲が失われ体重が減少することはあるだろう。だが、治療が一段落しても、食欲が戻らなかったり体重が減り続けるとしたら、それはがん悪液質のためなのだ。

 そのことを正しく認識し、治療薬を使って病態を改善していくことが、がん患者の悩みを解決することにつながる。体重減少に気づいたら、まずは積極的に担当医や看護師に相談してみてはどうだろうか。そのためには、がん患者を支える家族の気づきも大切になってくる。

上條昌史(かみじょうまさし)
ノンフィクション・ライター。1961年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部中退。編集プロダクションを経てフリーに。事件、政治、ビジネスなど幅広い分野で執筆活動を行う。共著に『殺人者はそこにいる』など。

「週刊新潮」2021年10月21日号 掲載