大型連休が終わり再び日常が戻ってきたが、もはや我々はコロナ禍の下で「自粛生活」当たり前となってはいないか。しかもそれが、己の体を確実に蝕(むしば)んでいるとしたら……。

 ***

 全国規模での行動制限がないGWは実に3年ぶりのことだった。繁華街や行楽地は賑わいをみせたが、あなたはどう過ごしただろうか。新型コロナの流行以来、巣ごもり生活に慣れて、出不精になったという人もおられるのではないか。

 事実、この連休前までは、高齢者が感染したら重症化するという懸念から、日本人の多くが不要不急の名の下に「外に出るな」という同調圧力を素直に受け入れてきた。特にコロナへの危機感が強い70代、80代の人たちは、家にこもるうちに足腰が弱り、また刺激が乏しいがゆえ心身共に衰えが目立っている。

 懸念されるのは、同じ高齢者の中でも「自粛する人々」と、感染予防に努めながらも「外に出る人」との間に、大きな差が開いていることである。本誌(「週刊新潮」)では、中高年から支持を集める『80歳の壁』(幻冬舎新書)の著者で、高齢者専門の精神科医として約35年間、6千人を超える高齢者を診てきた和田秀樹氏の知見を基にして、そうした現実に警鐘を鳴らしてきた。

 コロナ禍で身に付いてしまった家にこもる生活が、いかに高齢者の体を蝕む悪習へと転じたか。行動制限が緩和された今こそ、外に出て心身を活発に健やかにするチャンスである。そう和田氏は提唱したが、実践できた人もそうでない人も、大型連休後に再び始まったコロナ禍の日常をどう過ごしていくか。それが「充実した老後」を送れるかどうかの大事な分かれ道になるという。

自粛生活から抜け出せない人

 改めて和田氏に尋ねると、

「各地の人出が増えたと報じられていますが、高齢者の外出は完全には戻ってきていないと聞きます。GWに若年層の多くが“もう自粛生活はこりごり”と活動的に過ごしたのに比べて、高齢者は“外に出るのがおっくう”となり、冒険する心が衰えているのではないか。そういった風潮はコロナ禍でより加速してしまったように見受けられます。私が危惧するのは、日本中でマスクを外してもいいとなっても、大半の高齢者が以前のような日常に戻ることができなくなってしまうこと。潜在的に自粛生活から抜け出せない人は、かなりの数にのぼると思っています」

 その理由の一つは、人との接触をなるべく減らし、密を避ける工夫に満ちた「ウィズコロナ」の社会にあると和田氏は指摘する。

「私自身もびっくりしたのですが、今年3月に出た拙著がアマゾンのランキングで1位になるほど、中高年の皆さんの多くがネットで書籍を購入している。さすがに生鮮食品など日常の買い物まで全てをネットで済ます人は少数派かもしれませんが、外出しなくても済ませられることが増えすぎています。高齢者だろうとウーバーイーツを一度でも覚えてしまえば、これは便利だと外食しなくなる。コロナで外に出る習慣を失った人は多いはずです」

「意欲バリバリ老人」

 かような「自粛生活」の浸透で、高齢者は「三つのタイプ」に大別されるとして和田氏はこう話す。

「まず一つ目は、新しいことにチャレンジし続ける『意欲バリバリ老人』で、二つ目は日常習慣などルーティンを辛うじて続けていることで『なんとか身体機能を維持できている老人』。そして最後は、ほとんど外に出ないで巣ごもり生活を続けることで『どんどん衰えていく老人』です」

 望ましいのは「意欲バリバリ老人」であることは言うまでもないが、自らを省みた時にあなたはどのタイプに当てはまるだろうか。

 もちろん、長きにわたる自粛で活動的に過ごすなんて無理だった。そう嘆く声も聞こえてきそうだが、日々のちょっとした心構えが大切だと和田氏は語る。

「自分の体は使わなければ衰えるという、当たり前のことを実感している人は、コロナ禍でも意識的に動き、老化を予防できている。たとえば、僕の患者さんの中には、コロナ禍だからと本人ではなくご家族が薬を取りに来る方もいます。私も電話外来を始めたくらいですが、結局のところコロナを怖がって外に出なくなってしまったような方々は、この1、2年で一気にヨボヨボに老化してしまったという人が多い。他方で、意識的に外で体を動かさなければと思っている人は、きちんと外来に来る。そういう人たちは、口々に“歩けなくなると困りますから”と話していますよ」

怪我のリスクが増加

 なんとか身体機能を維持している人でも、運動量が減っていれば要注意である。

 総合内科医で秋津医院院長の秋津壽男氏によれば、

「外出を控えれば足腰が脆弱になるのは言うまでもありませんが、たとえば都内ではまん延防止期間中も、公共施設は使用禁止の措置が取られました。その影響で、体操教室など高齢者の体を動かす貴重な機会が失われてしまい、運動量も激減しています。これまでは加齢による衰えはあっても、なんとかだましだまし使えていた膝や関節などの機能が極端に低下し、結果的に高齢者が怪我するリスクは高くなっていると思います」

 となれば、身体機能に“負の連鎖”が起こる危険性もあると秋津氏は続ける。

「高齢者にとって致命的なのは歩けなくなることです。骨折がきっかけとなって自由に動けなくなれば、いずれは寝たきりの生活を余儀なくされ、人と話す機会も激減し社会性が失われていく。アメリカの医学会の報告によれば、脳にアルツハイマーの原因物質が溜まっていても、認知症を発症しない人が多数見つかったそうですが、その理由は高齢になっても社会的なつながりが非常に多かったことがあるとされています。つまりは事あるごとに人と一緒にコミュニケーションをとっている人ほど認知症になりにくいというわけですが、巣ごもり生活を続ける高齢者の中には、数日もの間、誰とも話さない人が増えており、そのリスクは上がっていると思います」(同)

「明暗を分ける境目」

 心療内科医、循環器医で大阪大学大学院人間科学研究科未来共創センター招聘教授の石蔵文信氏は、

「元気なお年寄りとそうでない人を診て思うのは、コロナに対する気構えの差が大きい。過度に自粛を続けて己の免疫機能が下がれば、別の病気を発症し、寝たきりとなればコロナに感染するよりも人生の損失度合いが高くなってしまいます。コロナ禍以降、身体機能が弱って階段で転びやすくなったとか、家でじっとしていたら物忘れが激しくなってしまい、ご家族に連れられて診察を受けに来る方が増えました」

 そういった患者であっても、外の風にあたれば劇的に変わることもあるそうだ。

「自宅にいた時には受け答えもおぼつかなかった患者さんが、付き添いのご家族も驚くほどハッキリと喋るようになるんです。私たち医師の間では“線がつながる”なんて呼ばれる現象ですがね。刺激のない生活を送っていた人が、皮肉なことに通院という環境の変化をきっかけに認知機能が活性化するのです。コロナ禍で認知機能の衰えを訴える人は増加傾向にあり、施設も空いた端から埋まっていく。認知機能の衰えは、人との交わりなどを活発にすればある程度は予防できますから、まだまだ自分の意思で行動できる70代半ばまでの方は、動ける今のうちが今後の人生において明暗を分ける境目だと自覚して、できるだけ外出して足腰を鍛え、他人と交わることを勧めます」(同)

基礎疾患がなければ外出を

 実際のところ、日本人の平均寿命(2020年統計)は男性で81.64歳、女性87.74歳で世界でもトップクラスを誇るが、心身ともに健康でいられる「健康寿命」(19年統計)はといえば、男性72.68歳、女性75.83歳と大きな隔たりがある。これを前出の和田氏が解説するには、

「平均寿命と健康寿命の差は男性で約9年、女性で約12年ありますが、それは病気や認知症などで医療・介護に依存しないで自立して生きる平均期間を表しています。充実した70代、80代を過ごせるかどうかは、いかにこの期間を元気で生きるかにかかっているのです。ワクチンの3回目接種を終えた人は、65歳以上に限れば87%に達しますから、基礎疾患をいくつも抱えていなければ、どんどん外出して足腰を使い、他人とコミュニケーションをとることで脳を活性化させる機会を持っていただきたいと思います」

加齢によって衰える前頭葉

 脳の機能の中でも加齢によって最も衰えるのが、感情をコントロールし、人の意欲を司る前頭葉であり、前述したような「外に出ることがおっくうだ」と高齢者が感じる元凶だというのだ。

「一般的に前頭葉の機能は40代、50代から低下し始めて、人として新しいことに取り組む意欲や創造性が失われていきます。それが本格的に顕著となるのが60代からなので、よく日本人は定年後になかなか新しいことに取り組むのが苦手などといわれるわけです。日常の暮らしでも、いつも同じ作家の同じような論調の本にしか手を伸ばさない。せっかく外食しても同じジャンルの店ばかり、行きつけのところしか行かないなど、新しいことへの対応力が低くなっていると感じれば、それは前頭葉が衰えている証だと思って下さい」(同)

あえて「逆張り」の思考をしてみる

 そうした状況を打破する方法は、はたしてあるのだろうか。最も重要なのは、「普段と違うものに触れてみること」だとして、和田氏はこう話す。

「前頭葉は人間の創造性を司るので、ちょっとした冒険を暮らしに加えると、コロナ禍でさび付いた心身を復活させるカギになると思います。たとえば、普段の散歩コースを変えてみたり、自粛続きである程度の蓄えが貯まった方なら、思い切ってこれまで行ったことのない場所へ遠出をしたり、知らないお店に足を運んでもいいと思います」

 さらには、家で過ごす際にもこんなヒントがある。

「テレビのニュース番組を受け身で流すばかりでなく、あえて『逆張り』の思考を課して観るのはどうでしょうか。ウクライナに関する報道では、大抵のコメンテーターが“ロシアはけしからん”と話していますが、自分なら“プーチンにも良いところがあるのではないか”と考えてみる。お昼のワイドショーなどは、ゲストで呼ばれた芸人までもが一様に長いものには巻かれろ的な同じ話をしていますよね。私からすれば“前頭葉が老化しているな”と思ってしまいますね」(同)

ジョギングより、ゴルフやテニスがおすすめ

 先の石蔵氏はこんな助言をしてくれた。

「高齢者は時間に余裕があるので、むしろ人出が少ない大型連休明けからが、自由に旅行へ出かけるなど活動的になるチャンスだと思います。いつもと違う方向に向かう電車に乗って、知らない町の風景に触れるだけで普段の生活とは違う刺激を受ける。その際は、一人旅よりご夫婦や仲間と出かけた方がよい。認知機能の衰えは、人との交わりである程度まで予防できることが分かっていますからね」

〈知らない街を歩いてみたい〉の名曲「遠くへ行きたい」。あの永六輔の歌詞は正解なのだ。

「運動も一人でできるジョギングよりは、ゴルフやテニスなど相手との交わりがほどよくとれるスポーツがおすすめです。ただ、その際に“昔はオレも強かったんだ”などと豪語して、勝敗にこだわれば周囲の人に嫌われてしまいます(笑)。ほどほどに体を動かす程度を目標にしたいところですね」

80歳まで長生きしたら、あとは自由に

 最後に秋津氏からは、

「コロナを恐れている人も、基本はうがいや手洗い、マスクなど感染対策をした上で、今までより外出する機会を増やしてほしいですね。家にいたいという人でも、SNSはさまざまな人とつながることができる有効なコミュニケーションツールですから、積極的に利用して社会性を保つようにすべきです。私の患者さんたちには、70代までは医師の指示に従ってほしいとは言っていますが、無事に健康寿命を超えて80歳まで長生きできたとすれば、ご褒美として飲酒喫煙、好きなことをして過ごせばいいと話しています。それまで健康に生きてこられたのは、その人の体質に合った習慣を送っていたからで、無理に食事制限を課したり、禁煙や断酒を続けても意味がありません」

 そんな「快活な80代」を迎えるためにも、まずは「自粛生活」に慣れきってしまった自らの生活を見直すことから始めてみたい。

「週刊新潮」2022年5月19日号 掲載