「老人ホームは現代の姥捨て山」 プロが教える施設の選び方と「転ホーム」のススメ(後編)

 我が子に迷惑をかけないために施設へ。そんな親心からの入居が、そもそも「老人ホーム観」をゆがめているのではないか。ホームを終(つい)の棲家(すみか)と決めつけるべきではないのでは――。そんな前編(「老人ホームは現代の姥捨て山」 利用者が気を付けるべき施設の「キラーワード」は? プロが明かす)での指摘に続き、転ホームのススメと施設の選び方をプロが指南する。【小嶋勝利/老人ホームコンサルタント】

 ***

「あそこの老人ホームはひどい。体が不自由な入居者が着替えているのに、介護職員はまるで見て見ぬふり。最低のホーム。絶対に親を入れないほうがいい」

 インターネットの書き込みを含めたこうした口コミ情報を、みなさん大いに参考にしているようです。しかし、老人ホーム選びに関しては、こうした口コミはほとんど役に立たないと私は考えます。

 例えば、冒頭の口コミは、一見、ひどい老人ホームの実態を指摘しているように思えるでしょう。しかし、老人ホームの「内側」を知る私には必ずしもそうは思えません。いやむしろ、この種の口コミは、その施設が「良い老人ホーム」であることを証明しているのかもしれないのです。

「転ホーム」のススメ

〈意外な見解を披露するのは、老人ホームコンサルタントの小嶋勝利氏だ。老人ホーム勤務を経た後、現在は公益社団法人「全国有料老人ホーム協会」の業務アドバイザーを務める、老人ホーム選びのプロである。

 講演や著作等で「老人ホーム問題」に警鐘を鳴らし続けている小嶋氏は、前編で、まず最大の問題は入居する高齢者本人ではなく、その子どもが老人ホームを決めている点だと指摘した。

 その上で、子どもが選んだ施設に“入居させられた”親は、そこが快適であろうとなかろうと、人生の最後まで過ごさざるを得ない実態があると解説。事実上、老人ホームは現代の姥(うば)捨て山になってしまっていると語ったのだった。

 そして、姥捨て山と対をなす「入居老人ホーム=終の棲家」という発想に疑問を呈し、状況に合わせて老人ホームを転居する「転ホーム」のススメを説いた。

 そこで今回は、転ホームの話にもつながる老人ホームの具体的な選び方を指南する。〉

一般人の口コミを評価するのは難しい

 なぜ、体が不自由な入居者の着替えを手伝わない施設が良い老人ホームかもしれないのか。それは、そのホームが「自立支援」に力を入れている可能性があるからです。

 みなさんが考えている以上に、介護とは複雑で総合的に捉えなければいけないものです。着替えの件で言うと、単に手伝えばいいというものではなく、入居者の状態によってケースバイケース。そしてその老人ホームの「介護哲学」に合わせて、あえて着替えを手伝わずに、入居者の自立を促すことも必要なのです。

 もちろん、ほったらかしにしているだけではダメですが、介護職員がしっかりと見守っている、そして本当に必要な時だけ手を差し伸べる、こうした「見守り介護」というのも介護のひとつのあり方なのです。

 ですから、「何でもかんでも手厚い介護」を望んでいる人からすれば、確かに冒頭の老人ホームは「ひどい」となりますが、「自立支援」「見守り介護」を希望している人からすれば「素晴らしい」ということになる。つまり介護とは何かを知らない一般の人による口コミを、同じく介護が分からない一般の人が正しく評価するのは極めて難しいのです。

 口コミがあてにならないのであれば、何を基準に老人ホームを選べばいいのか。それは施設の介護マニュアル、介護哲学とでもいうべき「介護流派」をしっかりと自分たちで見極め、理解することです。

ミスマッチの原因は「施設の専門性」

 先ほど述べたように、着替えサポートが必要か否かは、入居者のニーズ次第です。不要なのに、いちいち手伝ってくれるのは逆に自立の妨げとなり、「介護のオーバースペック」、ホームと入居者の「ミスマッチ」といえます。したがって、入居者の心身の状況に合った老人ホームを選ぶ必要があるわけです。

 こうしたミスマッチは、施設の専門性によっても引き起こされます。

 例えば、認知症の要介護入居者の扱いは上手だけれど、身体障害の要介護入居者の扱いはからっきしダメという施設は珍しくありません。前者の入居者はすでに十分なコミュニケーションがとれない人が多いので、淡々と身体介護をしたり、排泄物を処理したりできる介護者が向いています。

 一方で後者の入居者は、体は不自由でも認知機能はしっかりしているので、介護者に対する要求が多いこともあり、介護者にはそれをうまくさばくコミュニケーション力が求められます。何よりも体の障害をサポートするために、筋肉や関節の仕組みに関する深い知識が必要とされます。

 このように、入居者のタイプに合わせて介護者に求められる技術は全く異なります。ゆえに、施設の専門性をしっかり見極めることが、ミスマッチを避ける意味で老人ホーム選びの極めて重要なポイントなのです。

「24時間看護師常駐」のワナ

 次に「オーバースペック」について説明します。

 前回で、「24時間看護師常駐」を謳(うた)う老人ホームは果たして……という問いかけをしました。業界では「24ナース」と呼ばれていて、文字通り看護師が常に施設にいるというサービスです。いざという時に看護師さんが助けてくれる――そうした「安心感」から、どうせなら24ナースのほうがいいと選ぶ人が少なくありません。

 しかし、そうとは言い切れないのが今の老人ホームの実態と言わざるを得ません。昼も夜も、固定の看護師がシフト制で常駐している老人ホームであれば、確かに安心感は得られるでしょう。ですが、現実は必ずしもそうではありません。多くの場合、夜勤の看護師は派遣会社から送られてくる派遣ナースです。しかも、同じ看護師が派遣されるならまだしも、空いている看護師がランダムに送られてくることもままあります。

 そうしたケースでは、派遣ナースは日頃からこまめに入居者に接しているわけではないので、緊急事態が起きても自分では何も判断できず、結局は救急車を呼んで病院に送り込むだけということも往々にしてある。しかもなかなか受け入れ病院が見つからず、看護師ではなく介護者が必死に電話して受け入れ先を探したり……。これは施設で働いた経験者なら分かる「老人ホームあるある」です。

 そもそも、看護師は医師の指示の下で医療処置をするため、医師がいない老人ホームでは、その力を100%発揮することはできません。にもかかわらず、24ナースという看板だけで安心感を覚えてしまう人が少なくない。有り体に言えば、派遣看護師が常駐していたところで、大して役に立たないことがほとんどなのです。

状況に応じて「転ホーム」する必要が

 こうした現状がありながら、24ナースを掲げる老人ホームは、そうでないホームより月額が5万円程度高いのが相場です。いざという時ほとんど役に立たないサービスに5万円を払うくらいなら、それを孫の小遣いとしてあげるほうが、よほど有意義だといえます。そのお金を使って、孫が施設に会いに来てくれれば、見かけだけの24ナースの安心感よりどれだけ入居者は安らげることでしょうか。

 これまで見てきたように、老人ホーム生活ではミスマッチやオーバースペックが多々あるのに、一度その施設に入居したら、いや、子どもが親を入居させたら、そこが終の棲家となってしまう。これは、私には親不孝に思えてなりません。やはり入居者の時々の状況に合わせて転ホームする必要があると考えます。

 転ホーム――。聞きなれない言葉なのであまりに突飛な発想だと違和感を覚えるかもしれません。そういう人には、次のように考えてもらえると受け入れやすいのではないでしょうか。

 けがや病気をしたら病院に行くのは当然です。骨折したら整形外科に、腹痛を覚えたら内科に診てもらう。骨を折ったから眼科に行こうと考える人はいませんし、お腹が痛いから耳鼻科で診てもらおうという人もいません。それぞれのけがや病気の専門科に行くのは当たり前の話です。

本音は「二度と家に帰ってきてもらっては困る」

 それでは老人ホーム、介護の現場ではどうでしょうか。けがや病気をした時と同じように考えれば、入居者のその時々の状況に合った、ふさわしい老人ホームに移るのは自然のことではないでしょうか。

 例えば、とにかくどこでもいいから親を預かってくれればいいと子どもが切羽詰まってしまう代表的な例として、徘徊等の認知症による問題行動が挙げられます。自分たちでは手に負えなくなった親を受け入れてくれるところが見つかり、ホッとした子どもは、本音ではもう二度と親に家に帰ってきてもらっては困ると思い、そこで思考停止に陥る。そして言葉は悪いですが、その入居ホームに親を終生“閉じ込める”。

 しかし、認知症の問題行動はずっと続くわけではありません。意外と知られていませんが、短ければ半年ほどで問題行動が収まることもあります。徐々に体が弱っていき、いずれは、寝たきり状態に移っていくことも珍しい事例ではありません。

 認知症による問題行動に対処するのが得意な老人ホーム、例えばとにかく「見守り」することに力を入れているホームに親を入居させた場合、最初はそれでいいでしょう。しかし、半年経って親の問題行動が消失し、その後は体が動かなくなり、どうやって穏やかな最期を迎えるかという段階に入ったとしたらどうか。そこで求められるのはつまり、歩けなくなった状況のなかでいかにQOL(生活の質)を保ち、向上させるかになるはずです。

老人ホームの専門性を見分けるすべがほとんどない

 ところが、入居している老人ホームは「問題行動対策専門集団」であり、寝たきりとなった入居者のQOLの向上には目も向けていない。この場合、最初の老人ホームに親を入れっぱなしにするのが果たして親孝行といえるでしょうか。同じ認知症といっても、場合によっては、半年経過前と後では症状が全く異なる。病院の診療科に例えるならば、半年経つまでかかっていた「問題行動科」では、半年経過以降の症状には対処できない。以後は「QOL科」で診てもらうべきなのです。

 そのためには、事実上、老人ホーム選びの決定権を持っている子どもが、この老人ホームは何に強いのか、あそこの老人ホームの介護流派や専門性は何かを知る必要があります。

 しかし、率直に申し上げて簡単なことではありません。なぜなら、老人ホームも売り上げを立てなければならない。当然、多くの入居者を確保する必要があります。したがって間口は広げられるだけ広げる。専門性、得意分野を掲げると、入り口で入居者を制限してしまうに等しいので、老人ホームはそのような愚は犯しません。つまり、ユーザーにしてみれば、はなから老人ホームの専門性を見分けるすべがほとんどないのです。

 それでも各老人ホームの特質を「素人」が見抜くこともできなくはありません。時間を掛けて、真剣に老人ホームについて勉強するのです。それも、実際に老人ホームに入居する何年も前から。

複数の専門家に相談

 そう言っておきながら何ですが、現実的にはまず不可能でしょう。私は講演等で老人ホームについて、事前に時間を掛けて勉強する必要性を説き、聴衆のみなさんもうなずきますが、正直に言って、夏休みの宿題と同じです。やはり、切羽詰まった状況に追い込まれないと勉強などしないものです。

 ですので、実際問題としては、全国各地にある老人ホーム紹介センターの相談員などその道の専門家に相談してみるのがいいと思います。それも、できれば複数の相談員と話すことをお勧めします。相談員にも、その人の「流派」があり、勧めてくる老人ホームが異なるからです。複数の相談員と話し、気の合う相談員を見つける。気が合う、それは自分たちの望みと相談員の流派がマッチしたことを意味します。

 ここまでの話で、理念としての転ホームは理解できても、しょせんは理想論に過ぎず、やはり現実問題としては難しいと感じる人もいるのではないかと思います。実際、転ホームは決して易しくはありません。しかし、それでも私は転ホームを検討すべきだと考えます。

 大前提として、前回でも述べた通り、何千万円もする入居一時金を払ってしまっていると身動きがとれなくなるので、入居一時金がないホームに入っておく必要があります。

ホーム側の思う壺

 その上で、まず何よりも、入居者である親の快適さ、QOLの向上を考えると、転ホームは大切な選択肢のひとつなのです。

 そして、親を入居させる子どもにとっても転ホーム実践は重要だと考えます。転ホームなど、あれこれ考えたり、引っ越し費用も掛かって負担が増すばかりではないかという声が聞こえてきそうです。その通りでしょう。

 しかし、そう考えることこそが老人ホーム側の思う壺なのです。入居時は一刻を争う状況だったので、とにかく預かってくれるところに親を入居させた。しかし、しばらく経ってみると、どうも親に合っている老人ホームとは思えない。そう感じてサービス内容の見直しについて掛け合っても、おそらく老人ホーム側は意に介さず、さして相手にしないでしょう。ホームはこんな“キラーフレーズ”を用意しているからです。

「だったら、出ていってもらっても構いませんよ」

 そう言われてしまうと、自宅で面倒を見られず追い込まれて親を入居させた子どもは何も言い返せません。

老人ホームに緊張感を与える

 でも、これはおかしい。親を預ける子どもや家族の側も“切り札”を持っておくべきなのです。

「分かりました。では、転ホームします」

 老人ホーム側はこの言葉をとても嫌がる。つまりホームの本音としては、入居者とその家族に、老人ホーム業界の実態を知ってもらっては困るのです。

 したがって、この切り札を持っていることが、「釣った魚にエサはやらない」とばかりに、質の向上を怠る老人ホームに緊張感を与える。それが入居する老親、ひいてはいずれ老親となって入居する子ども世代にとっても、老人ホームの環境改善という果実をもたらしてくれるはずです。

前編を読む(「老人ホームは現代の姥捨て山」 利用者が気を付けるべき施設の「キラーワード」は? プロが明かす)

小嶋勝利(こじまかつとし)
老人ホームコンサルタント。1965年生まれ。不動産開発会社勤務を経て、介護付き有料老人ホームで介護職、施設開発企画業務、施設長を経験。2006年に有料老人ホームコンサルティング会社を設立。現在、公益社団法人「全国有料老人ホーム協会」の業務アドバイザーを務める。『間違いだらけの老人ホーム選び』等、著書多数。

「週刊新潮」2022年8月4日号 掲載