一部の“動物愛護主義者”は別かもしれないが、普通の人なら自宅の敷地内でクマと遭遇したら心の底から恐怖を覚えるだろう。10月17日の夜、富山市の住宅敷地内で、この家に住む79歳の女性が死亡した。死因はクマの襲撃と見られているという。

 ***

 読売新聞オンラインは10月19日、「自宅敷地で女性死亡、富山でクマ出没相次ぐ…県担当者『危険が本当に身近に迫っている』」との記事を配信。近隣住民の《「昔からクマが出る地域だが、これほど多く出没したことはなく怖い」》という切実な声を伝えた。

 北海道新聞も11月20日の朝刊に「クマ被害10倍 秋田『異常』*市街地8割 捕獲追い付かず」との記事を掲載。北海道内でもクマの被害が多発しているが、それを上回る被害が出ている秋田県の深刻な現状を紹介した。

 記事では北秋田市の自宅敷地内でツキノワグマに襲われた男性の被害状況を詳報した。体調1メートルのクマと遭遇し、逃げようとしたが押し倒され、数十秒間、キバやツメで攻撃された。右の耳たぶは噛みちぎられ、頭部には骨まで達する傷を負ったという。

 今も昔も、自宅でクマに遭遇するようなことはまずなかった。そのため過去に起きた類似のケースを調べると、今と同じような驚きのトーンで報じられていたことが分かる。

 例えば、写真週刊誌「FOCUS」(新潮社・休刊)は1986年10月3日号に「羅臼の熊騒動始末――冷蔵庫を襲った熊の胃の中の“異常”」との記事を掲載した。

台所にヒグマが侵入

 北海道羅臼町でクマが大暴れし、住民が自宅の台所で遭遇した事態を報じたものだ。記事を読むと、今年になって北海道や東北地方を中心に全国で多発する“クマ禍”との共通点と相違点が浮き彫りになり、極めて興味深い。

 1986年9月16日、羅臼町にある民家の台所にヒグマが入り込んだ。時間は午後11時半ごろだったと見られている。

 この民家には夫婦と子供3人、そして祖父と祖母が住んでいた。一家は漁業で生計を立てていたこともあって朝が早く、すでに就寝していた。

 最初に祖父が台所で不審な物音がするのに気づき、戸を開けて中を見た。すると流しの前にヒグマがいた。祖父と祖母は2階で寝ていた夫婦の部屋に逃げ込んだ。

 助けを求めようにも当時は携帯電話などない。電話は1階に設置していたため、夫婦は協力して受話器の前にたどり着き、何とかSOSを伝えた。ヒグマは夫婦が2階にいる時は大きな物音を立てていたが、1階に降りていくと急に静かになり、人間の気配を探ってきた。その頭の良さに、さらなる恐怖を感じたという。

 クマに出て行ってもらおうと、夫婦は2階から物を投げたり大声を出したりと、ありとあらゆる手を使ってみたが、全く効果はなかった。結局、1時間後くらいすると、クマが自ら家の外に出た。

襲われたハンター

 その後にハンターが到着し、周囲をパトロールするほか自宅前で監視を行った。家族が台所を見てみると、ヒグマは冷蔵庫の扉を開けていた。

 中に入っていたメロンや刺身、鶏の唐揚げなどを平らげ、半分ほど残っていた一升瓶の日本酒も飲み干していた。冷蔵庫のドアにはツメの跡がくっきりと残り、勝手口の周囲ではクマの毛が発見された。この続きはFOCUSの記事から引用しよう。

《冷蔵庫荒らしを発端とする熊騒動は、20日夜ピークを迎えた。地元の羅臼はもちろん標津などからもハンターが集結》

《すぐ近くの家の勝手口が壊されたり、ガラス窓が割られたりの被害続出で、この日、本来は禁止されているハコワナが仕掛けられた》

 深夜3時ごろ、体長が約1・4メートル、体重が約250キロにもなる大型のクマがワナにかかった。翌朝になってハンターが射殺したが、FOCUSの記事によるとクマの遺骸を見た近隣住民は「こんなヤツに家へ入ってこられたらたまらんなァ」と言っていたという。

 21日の夜には子グマがワナにかかり、近くにいた母グマがハンターに襲いかかってきた。実は前年の85年春、羅臼町でハンターがクマに殺されるという事件が発生していた。ハンターは散弾銃で母グマに反撃したが、致命傷を負わせることはできず、姿をくらませていた。

民宿「熊の入った家」

 羅臼町には緊張が走ったが、22日朝に母グマが別の子グマと一緒にいるところを発見。ハンターが2頭を仕留めた。手の大きさなどから、この母グマが冷蔵庫を荒らした可能性もあるという分析もあった。だが、当時はDNA鑑定が一般的ではなく、決定的な証拠は得られなかったという。

 興味深いことに、処分されたクマの胃の中は大半が泥で、山にほとんど食べるものがなかったことが分かった。クマ騒動としては一件落着となったわけだが、話はここで終わらない。

 自宅の冷蔵庫を荒らされた一家は、スケソウ漁を3代に渡って続けてきた。ところが、90年代に入るとスケソウの漁獲量が激減。地元漁協は漁船50隻の減船を決定し、廃業希望者を募集した。

 夫婦は悩み抜いた末、地元で生活を続けるために廃業を決断。96年9月、漁具の倉庫などを改装して民宿「熊の入った家」をオープンした。

 ヒグマが荒らした冷蔵庫を陳列すると人気を呼び、宿泊客も増えた。現在も民宿の経営を続ける女将の鹿又知子さん(68)に話を聞いた。

「羅臼は昔からクマが多く、クマを目撃するだけなら珍しいことではないんです。かつては釣ったイカをスルメにして出荷していたので、大量に干していました。それでもクマに食べられたなんてことはありませんでした。クマが住む場所と人間が住む場所は、はっきりと分かれていたんです。なので、わが家にクマが来た時は本当に驚きました」

殺到した抗議電話

 事件が発生してから多くの人に「さぞかし怖かったでしょう」と言われた。だが、クマと対峙している時は怖いと感じることはそれほどなかったという。

「あの時、もし私たちがクマを怖がると、まだ小さかった子供まで怖がってしまいます。何よりも子供を守ろうと夫婦共に必死で、怖いと感じる余裕がありませんでした。むしろクマが家から出ていった後のほうが怖かったですね。ハンターの皆さんが『この家を餌場と見なしてしまうとクマは必ず戻ってくる』と教えてくれたからです。『またクマが家に入ってきたらどうしよう』と初めて怖くなりました。それからも、夜になると恐怖を感じたり不安な状態が続きました」(鹿又さん)

 羅臼のクマ騒動は全国ニュースとして大きく報じられた。すると、今と同じように役場には「なぜ殺したんだ」という抗議の電話が殺到したという。

「私も処分されたクマを見た時、『ひょっとすると、かわいそうだと思う人もいるかもしれない』とは考えました。ただ、今と違うのは、当時は一部のマスコミも『クマを殺す必要はなかったのではないか』という記事を載せていたことです。それは当事者の一人として納得できなかったですね」(鹿又さん)

正しい知識の重要性

 羅臼町の住民は、この地で生きていかなければならない。自分たちの身は自分で守ろうと、クマの生態について勉強を重ねることを決めた。

「クマを人里に呼んでしまわないよう、生ゴミの出し方からみんなで勉強しました。ある時、遠くにいる子グマを見たこともあります。犬ぐらいの大きさだと本当に可愛いんです。でも、クマに関する正しい知識を勉強してきましたから、小さなクマでも長いキバとツメを持っていることを知っています。今年は北海道の役所などにも抗議電話が殺到しているようですが、電話をする人が少しでもクマに関して勉強してくれれば、常識外れの抗議はできなくなるのではないでしょうか」(鹿又さん)

 マスコミの報道も変わってきた。北海道新聞は1996年9月、「熊の入った家」の現状をレポートする記事を掲載した(註)。

 鹿又さんの家にヒグマが入ったことを、当時の専門家は「異常な行動」と分析した。ところが、96年の5月と8月、知床岬の近くにある無人の建物にクマが入り、中を荒らしていたことが分かった。記事では住民が10年前とはクマの生態が変わっていると指摘している。

 同じ北海道新聞が秋田県の現状を伝えた記事を掲載したことを冒頭で触れたが、この中でクマの専門家である大学教授が取材に応じ、《人里周辺では銃で積極的に駆除し、クマを山に押し返さないと被害は減らない》と警鐘を鳴らしている。

羅臼町の異常事態

 北海道や東北地方を中心に“クマ禍”の被害が多発しているが、今年は羅臼町でもクマの目撃情報が相次ぐ“異常事態”が起きているという。

「羅臼町も警戒レベルを上げて、町民に注意を呼びかけています。私たちはキャンプ場も経営しているのですが、今はお客さまをお断りしています。被害を報じるニュースに見入ることも多く、とにかくこの異常事態が一日も早く終息することを祈っています」(鹿又さん)

註:<月曜ルポ>「クマ騒動」逆手に宿と食堂オープン*浦臼町の鹿又さん漁具の倉庫を改造*素朴さ受け旅人に好評*自衛策考える場にも(北海道新聞:1996年9月9日朝刊)

デイリー新潮編集部