弁護団の電撃解任

 福岡高裁で続いていた5代目工藤會の野村悟総裁と田上文雄会長の控訴審は、11月29日の公判で結審した。これまでの主張をひるがえすことで野村総裁の死刑回避を狙う作戦を採った被告側にどんな判決が下るのか。友好関係にある山口組含め、業界の注目度は極めて高いようだ。

 まずは控訴審についてざっと振り返っておこう。

 工藤會トップの野村総裁、ナンバー2の田上会長は、市民への襲撃事件をめぐって、殺人や組織的な殺人未遂の罪などで、2021年8月にそれぞれ死刑、無期懲役の判決を受けた。野村総裁は死刑判決を受けた際、裁判長に向けて後に有名になるこんな台詞を発した。

「こんな裁判あるんか。あんた(裁判長のこと)、生涯このことを後悔するぞ!」

 それから1年が経過し、控訴趣意書の提出期限を前にして弁護団全員の電撃解任に踏み切るという異例の展開をたどった。

判決は来年3月12日に

「死刑判決を受けた被告が死刑回避のためにありとあらゆる手段を講じようとするのはある意味で当然です。解任された弁護団は、野村総裁が納得できる死刑回避のためのロジックを提案できなかったと被告側は考えたということでしょう」

 と、担当記者。

 弁護団を解任して臨んだ今回、田上会長は方針転換し、一部の事件について独断で指示を下したと主張することとなった。

「2人は1998年の元漁協組合長射殺事件、2012年の元県警警部への銃撃事件、2013年の看護師刺傷事件、そして2014年の歯科医刺傷事件などに関与したとして起訴されていました。このうち田上会長は2審で主張をひるがえし、看護師と歯科医事件に関しては野村総裁に報告せず、自身の独断だとの主張を展開しました」(同)

 11月29日の公判で野村総裁の弁護側は、元漁協組合長が殺害された事件に関しては、「実行犯の個人的な犯行」と主張している。

福岡拘置所へ面会に

 一般人をもターゲットにする凶悪さ、捜査当局との衝突も厭わぬ攻撃性などで工藤會は、ヤクザ業界の中でもかなり突出した存在である。ただ、工藤會は決して社会から孤立した存在というわけではなく、現在日本最大の組織である山口組と縁が深いことで知られている。

「その関係は今なお良好とされています。例えば細かな話ですが、九州に本部を置く6代目山口組の2次団体トップが、野村総裁のいる福岡拘置所へしばしば面会に行っていると聞きました」

 と、竹垣悟氏(NPO法人主宰で、元山口組系「義竜会」組長)。

「6代目山口組としても高山清司若頭が野村総裁に面会に出向き、話題となったこともありました。2021年のことですね」(同)

 かつて山口組は山一抗争(1984年〜89年)と相前後し、道仁会(本部:福岡県久留米市)と抗争を展開したことがあった。通称「山道抗争」(1986年〜87年)である。この時、山口組と道仁会との間で行われた手打ち式で仲裁人として名を連ねたのが、工藤會の工藤玄治会長だったとされる。

6代目山口組の通達の背景

 ただし、時代に対応して生き残りを図っている山口組からすれば、かつての友好団体はある意味で反面教師的な存在となっているとの見方もある。

 先述の2021年8月に野村総裁の死刑判決を受けて、6代目山口組は「公共の場で銃器の使用を禁じる」旨の通達を行ったとされる。

「殺害などの直接的な証拠がなくても、指揮命令系統などをベースに推認で死刑判決が出たことを6代目執行部が重く受け止めた結果でしょう。使用者責任を追及され、共謀共同正犯が成立すれば組織トップも訴追されますから、それを是が非でも回避したかったものと見られます」(同)

 控訴審判決は来年3月12日に言い渡される予定。判決内容、被告側の反応など業界が注目する点は多いという。

デイリー新潮編集部